不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

[オススメ映画]『アメリカン・ハッスル』(2013年)について

2018/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

映画『アメリカン・ハッスル』解説

1970年代後半に実際にアメリカで起こった政治家とマフィアのからんだ収賄事件を題材にしたサスペンス・コメディ。

逮捕されないことを条件にFBIの捜査に協力することになった詐欺師とその家族らの物語を描く。

監督は『世界にひとつのプレイブック』などでおなじみのデヴィッド・O・ラッセル。

クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、ジェレミー・レナー、そしてロバート・デニーロといった豪華スターたちが大集合したことでも話題となった。

 

スポンサーリンク

 

映画『アメリカン・ハッスル』あらすじ

詐欺師のアーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その愛人でもあり仕事上のパートナーでもあるシドニー(エイミー・アダムス)。

二人はFBI捜査官のリッチー(ブラッドリー・クーパー)によって一旦は逮捕されるが、政治家やマフィアを巻き込んだ収賄事件の捜査に協力するのを条件に自由の身となった。

アーヴィンとシドニーは市場のカーマイン(ジェレミー・レナー)と接触し、彼を騙してカジノに絡む巨大スキャンダルの尻尾をつかむことに成功する。

ところがアーヴィンの妻であるロザリン(ジェニファー・ローレンス)がおとり捜査であることをマフィアにもらしてしまったことにより、話は思わぬ方向へ展開してゆく・・・・

 

スポンサーリンク

 

映画『アメリカン・ハッスル』キャスト

  • アーヴィン・ローゼンフェルドクリスチャン・ベール
  • リッチー・ディマーソ :ブラッドリー・クーパー
  • シドニー・プロッサー: エイミー・アダムス
  • カーマイン・ポリート ジェレミー・レナー
  • ロザリン・ローゼンフェルド: ジェニファー・ローレンス
  • ヴィクター・テレジオ : ロバート・デ・ニーロ
  • ストッダード・ソーセン :ルイ・C・K
  • パコ・ヘルナンデス:マイケル・ペーニャ
  • カール・エルウェイ: シェー・ウィガム
  • ピート・ムセイン: ジャック・ヒューストン
  • ドリー・ポリート:エリザベス・ローム
  • アディー・エイブラムス:エリカ・マクダーモット
  • サブリナ :メリッサ・マクミーキン
  • ブレンダ: コリーン・キャンプ
  • アンソニー・アマード :アレッサンドロ・ニヴォラ
  • コスモ・ガール :ドーン・オリヴィエリ
  • フランシス・ポリート : トーマス・マシューズ
  • FBI捜査官: ボー・クリアリー
  • 歌手 :ジャック・ジョーンズ

 

スポンサーリンク

 

映画『アメリカン・ハッスル』スタッフ

  • 監督:デヴィッド・O・ラッセル
  • 脚本:デヴィッド・O・ラッセル、エリック・ウォーレン・シンガー
  • 製作:チャールズ・ローヴェン、ミーガン・エリソン、リチャード・サックル、ジョナサン・ゴードン
  • 製作総指揮:マシュー・バドマン、ブラッドリー・クーパー、ジョージ・パーラ、エリック・ウォーレン・シンガー
  • 音楽:ダニー・エルフマン
  • 撮影:リヌス・サンドグレン
  • 配給:コロンビア映画(アメリカ)、ファントム・フィルム(日本)
  • 公開:2013年12月13日(アメリカ)、2014年1月31日(日本)
  • 上映時間:138分

 

スポンサーリンク

 

映画『アメリカン・ハッスル』受賞等

  • 2013年のハリウッド映画祭:美術賞、衣裳デザイン賞
  • 第79回ニューヨーク映画批評家協会賞:作品賞、脚本賞、助演女優賞(ジェニファー・ローレンス)
  • ゴールデングローブ賞:映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)

 

スポンサーリンク

 

映画『アメリカン・ハッスル』を観た僕の感想(レビュー)

これ実話なの?

すごい豪華なメンツに圧倒されたわ。

 

本当に30キロも太ったというクリスチャン・ベイルが特に良かった!

頭がいいんだかマヌケなのか分からない独特のキャラと、見た目がすごかった。

 

随所にタランティーノやスコセッシっぽさを感じる演出・編集だった。

かなり意識して作ってあるのがよくわかった。

 

途中、怖いマフィアの役で出てくるロバート・デニーロが相変わらずめちゃくちゃ怖かった!

 

話自体はよくわからないところもあると思うが、とにかく役者陣の演技合戦が見もの。

みんな楽しそうに役に成りきっているところが良かった。

 

ジェニファー・ローレンスのDQNな感じのおバカ主婦ぶりにも注目してほしい!

 

スポンサーリンク

 

映画『アメリカン・ハッスル』関連商品

 

 

アメリカン・ハッスル コレクターズ・エディション [Blu-ray]

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.