不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

【先入観を取っ払え!】 資産はお金によって作られるのではなく、その人のアタマの中で作られる。

2018/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

不動産投資を成功させるのに何がいちばん重要なのかといえば、僕は『その人のアタマの働かせ方』だと思っている。

そもそもの話、世の中にたくさんある投資法の中で『』をチョイスするのだって、その人考え方が反映される。

 

ご存知の通り、不動産投資は世界でいちばん嫌わている投資法のひとつだ。

だから不動産投資を選ぶということは、それ相当の覚悟と勇気が必要とされる。

しかしその覚悟や勇気は、きちんとした考え方に裏付けされたものであれば、それほど大変なものではないと思う。

 

それよりも重要なことは、不動産投資をチョイスしなかった人たちがどんなことを考えたのか?ということだ。

 

もちろん、その人はその人なりに真剣に考えて不動産投資を選択しなかったのだと思う。

しかしながらその考え方が本当に正しいものであり、本当に的確なものであったかどうかは分からない・・・

 

ちなみに僕がここで言っている「アタマの働かせ方」というのは、決して学力のことを言ってるわけではない。

知識力のことでもない。

計算力のことでもない。

 

僕の知り合いの大成功を収めている大家さんの中には中学しか出ていない人もいる。

僕はその人を見るたびにいつも「世間一般で言われる頭の良さとはいったい何なんだろうか・・・」と深く考え込んでしまう。

 

不動産投資で成功している大家さんの多くは、不動産投資やアパート経営というものに対する考え方で成功しているように僕の目には見える。

彼らは決してお金持ちの家に育ったわけでもなく、学歴が高かったわけでもなく、何か特別な才能に恵まれていたわけでもない。

 

ただ単に不動産投資やアパート経営に対する考え方が優れていただけだ。

 

たったそれだけで成功者になれるのだ。

そして、たったその違いだけで、多くの人はチャンスを逃しているのだ。

 

考え方をちょっとだけ変えればいくらでも成功するチャンスがあったのに、 アタマの働かせ方()がちょっとズレていたがためにせっかくのチャンスを無駄にしてしまっている・・・

 

スポンサーリンク

不動産投資はなぜこれほどまで多くの人に嫌われるのか?

不動産投資がなぜこんなに多くの人に嫌われるのか。

それは多くの人が「不動産投資はリスクいっぱいの投資法で、危険極まりないものだ」と考えているからだ。

 

不動産投資も投資である。

リスクの全くない投資なんてものはこの世には存在しない。

 

不動産投資のリスクといえば、ざっと挙げるとこんなところだろうか___

 

銀行からの多額の借金

マイナスのキャッシュフロー

空室

家賃滞納

家賃下落

金利上昇

修繕工事

火災発生

地震などによる建物崩壊

台風などの風水災による被害

殺人事件

孤独死

自殺

入居者間の様々なトラブル

etc・・・

 

_____こうやって並べてみると、気が滅入ってしまうくらい不動産投資には様々なデメリットがある。

 

こういう不動産投資のダークサイドにばかり目を向けると、なんだか悪いことだらけの投資法のように思えてくるだろう。

例えば、たまにニュースでやるアパート内で起こった殺人事件。

それを目にするたびに、

 

「もしも自分の物件でそのようなことが起きたら・・・」

「もしもそれがきっかけで入居者が全員退去してしまったら・・・」

「もしもそれがきっかけで部屋が決まらなかったら・・・」

etc・・・

 

_____そんなことを考え、いろいろと心配してしまう気持ちは痛いほどよくわかる。

 

火事が起きてアパートが全焼してしまったニュース

台風の被害にあって、アパートの屋根が吹き飛んでしまったニュース

多額の借金を背負い、 自己破産してしまった大家さんの話

 

色々なリスクのことを総合的に考えていくと、不動産投資はやっぱり最もやってはいけない投資法のように思えてくるだろう。

 

だが、よくよく冷静になって考えてみてほしい。

皆さんの家の周りにはたくさんのアパートがあると思う。

その一つ一つのアパートには一つ一つ所有者がいる。

 

大変な数だ!

 

ところで、そのたくさんのアパートのうち、一体何件のアパートで世間を賑わすような殺人事件が起こるだろう。

いったいどれくらいのアパートが火事で全焼しているだろう。

 

よくよく考えてみれば、実際に大きな被害や損害を被った物件はそれほど多くないのではないだろうか。

確率論から言えば、限りなくゼロに近いのではないだろうか。

 

もしもほとんどのアパートで殺人事件が起こるというのなら、不動産投資なんて絶対にやめたほうがいい。

もしもほとんどの アパートが火事で全焼するというのなら、不動産投資なんて絶対にやめたほうがいい。

 

だけど、どうだろう?

冷静になってよく考えてみると、ほとんどのアパートではそのような最悪の事態にはなっていないのではないだろうか・・・

 

_____これが僕の言っている『アタマの働かせ方』というのは、つまりそういうことだ!

 

もちろん不動産投資にはリスクがたくさんある。

でもリスクがたくさんあるのは何も不動産投資だけではない。

リスクは皆さんの周りにもたくさんあるはずだ。

 

車を運転すれば交通事故にあうかもしれないし、飛行機に乗ればその飛行機が墜落するかもしれない。

海外旅行に行けば犯罪に巻き込まれるかもしれないし、家に強盗や泥棒が入るかもしれない。

 

それらのことが起こる可能性は全くゼロではないだろう。

そして可能性という意味では、アパートで殺人事件が起こったり、アパートが火事で全焼するという可能性も全くゼロではないだろう。

 

しかし、可能性がゼロではないということと、実際にそれが起こる事とはまったく別のことだ。

実際にはそういったことが起こる確率はかなり低いといえるだろう。

 

スポンサーリンク

 

チャンスをものにできる人とできない人との違いについて

皆さんはこれまでに何度も飛行機に乗ったことがあるが、もしも飛行機に乗るたびに墜落してたら大変なことになっていた。

同じように、もしもアパートのオーナー全員の物件が火事で全焼したり、殺人事件が起こったりしたら大変なことになっていた。

 

でも、そういう最悪の事態に巻き込まれることはめったにないのである。

その確率はかなり低いのである。

 

そのことをどう考え、どう見るかによって、話はまるっきり変わってくる。

その違いがチャンスをものにできる人と、ものにできない人の差を生むのである!

 

それに、もしも不動産投資をやっていて最悪の事態に巻き込まれたとしても、命まで取られることはない。

しかしながらもしも飛行機が墜落でもしたら、命を失う可能性は大いにある。

そういった意味で言えば、不動産投資をやることよりも飛行機に乗ったり、車を運転したりするほうがリスクが大きいのではないだろうか。

 

たとえアパート経営に失敗して自己破産したとしても、そこからまた復活することもできる。

もちろん自己破産をすれば全財産を失うことにはなるが、また1から始めればいいだけの話だ。

 

それよりも問題なのは目の前にある成功のチャンスを取り逃がしてしまうことだ。

そちらほうがはるかに問題だ!

 

不動産投資の様々なリスクのことだけにフォーカスをすれば、 一歩前に踏み出すのを躊躇してしまう気持ちもわからなくはない。

しかしながらそのリスクの裏にはたくさんのチャンスやメリットがザクザクと埋まっているのだ。

そのことだけは忘れてはいけない。

 

不動産投資にはデメリットもたくさんあるけれどメリットもたくさんある。

例えば『利回り』という観点から見れば、現存する投資法の中で不動産投資はもっとも手っ取り早く高い利回りをもたらしてくれるものだろう。

 

ある程度の大きさのアパートの所有者にさえなってしまえば、まとまった額の家賃収入が入ってくる。

そしてその家賃収入は株の配当などに比べると間違いなく大きなリターンが期待できる。

しかも不動産投資は不労所得なので、眠っていても口座に家賃収入が入ってくる。

 

リスクの向こう側には、このような不動産投資特有のメリットが存在しているということを忘れてはいけない。

 

人間の先入観というものは恐ろしいものだ。

先入観や思い込みがその人の人生を大きく左右する。

 

多くの人は親や学校の先生から「借金はいけないことだ」と教えられて育つ。

だからほとんどの人は借金というものに対してマイナスのイメージを抱いている。

 

僕はなぜこれほどまでに不動産投資というものが嫌われなければいけないのか?ということをずっと考えてきた。

そして、いちばんの原因はこの『子供の頃に植え付けられた周りの大人達からの洗脳』ではないかと最近思うようになった。

 

まわりの大人たちがあまりにも過剰に「借金」というものを嫌うために、不動産投資に嫌悪感を抱く人はこんなにもたくさん生まれてしまったのではないかと推察している。

その借金というものを利用しさえすれば、大きく儲けることができるというのに・・・

 

僕たちは先入観や思い込みに支配されている。

その先入観や思い込みがもしも不適切なものであった場合、その人の人生は大きなダメージを受けることになる。

そして、せっかくのチャンスをフイにしてしまうことになる。

 

僕の見たところ、不動産投資にまつわる不適切な先入観や思い込みはたくさんある。

テレビやラジオ、本や雑誌、インターネットなんかでも、誤った先入観や思い込みのまま不動産投資について 述べている人がたくさんいるように見受けられる。

 

不動産投資をとにかく嫌う経済評論家もいるし、「借金は絶対にしてはいけない」「借金はなるべく早く返さなければいけない」という考えに取り憑かれたファイナンシャルプランナーもいる。

それらの影響力のある人たちの不動産投資に対する意見に接するたびに、人々の先入観や思い込みはどんどん膨らんでいく。

 

たとえば僕はよくこんな声を耳にする_____

 

地方ではなく都市部でなければいけない

築年数は新しくなければいけない

アパートではなくマンションタイプでなければいけない

木造ではなく鉄筋コンクリートでなければいけない

借金はするべきではない

もしも借金するのであればなるべく短く組むようにし、早く返した方がいい

そもそもの話、人口減少社会だから不動産投資に手を出してはいけない

そもそもの話、借金をすることはよくないことだから不動産投資に手を出してはいけない

etc・・・

 

僕はよくTwitterをやるのだが、TwitterのTLでもこういった意見はよく目にする。

もしもこれらの意見を鵜呑みにし、不動産投資に対してマイナスイメージばかりを抱いていたとしたら、せっかくのチャンスを無駄にしてしまうことになるかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

利回り20%のものよりも利回り5%のものを選んでしまう投資家の心理

例えば、地方にある築年数が古くて、木造のアパートでも、利回りが20%を超えるようなものがあったりする。

しかし、不動産投資に対して誤った先入観や思い込みを持っている人は、そのような優良物件が提示されたとしても、その物件に魅力を感じることができないはずだ。

 

そして、都会にある築年数の新しい鉄筋コンクリート造りのマンションタイプで、利回りが5%の物件に興味を示し、契約書にサインをしてしまう・・・

 

さらにその物件を「借入期間が長ければ長いほど支払う利息も増えるから」という理由で、なるべく借入期間を短くするようにし、「早く借金をゼロにしたいから」という理由で一生懸命、繰上返済をしようとするのだ。

僕の知り合いにもそのようなスタンスで不動産投資をやっている人がたくさんいる。

 

一般的に、アパート・ローンは25年や30年といった長期にわたって組むものだ。

それなのにその人は15年といった短い借入期間でローンを組み、さらにどんどん繰上返済をして早く借金を終わらせようとしている・・・

 

もちろん、そういうスタイルのアパート経営もあるのかもしれない。

しかし、それは僕のやり方ではない。

僕の知っている成功している大家さんたちも誰一人としてそのようなやり方は採用していない。

 

アパート経営には色々なことが起こる。

突然部屋が空室になったり、突発的に修繕工事をしなければいけないことになったり・・・・とにかく色々なことが起こる。

 

返済期間を短くするということは、借金をゼロになるのは早くなるかもしれないが、その代わりそういった突発的な出来事に耐えられなくなる危険性がある。

なぜなら返済期間を短くすればするほど月々の返済額が多くなってしまうからだ。

 

しかし、そのようなローンの組み方をする人は、どこかの時点で「借入期間は誰でも短くした方がいい」「借金は早く返した方がいい」といったような先入観や思い込みをアタマに植え付けられてしまった。

それを植え付けた犯人は経済評論家かもしれないし、ファイナンシャルプランナーかもしれない。

あるいは、数多の不動産投資本をつくった出版社の編集マンかもしれない。

 

いずれにしても月々がカツカツの状態でアパート経営をすることは、絶対に避けるべきだ。

突発的な出費にも耐えられるような資金繰りを心がけるべきだ。

 

アパートローンは住宅ローンとは違うのだ。

住宅ローンの場合は自分のポケットから支払わなければならないが、アパートローンの場合は入居者の皆さんからいただく家賃収入の中から支払われる。

だからそれほど泡食って、急いで借金を返そうとしなくてもいいのだ。

 

それよりも、きっちりと毎月安定的にキャッシュフローを得るようにし、そのキャッシュをいざ!というときのためにプールしておいた方がいい。

そして、いつ何時突発的な出来事が起こっても対応できるようにしておく事の方が重要だ。

それが本当の意味での『安定した賃貸経営』というものだ。

 

スポンサーリンク

 

「人口減少社会だから不動産投資はもうオワコン」というのは本当に正しいのか?

「これからは人口減少社会だから、不動産投資はもうオワコンだ」という声も耳にする。

確かに日本は2005年から人口減少社会に突入していっている。

 

しかしながら、「世帯数自体は増えている」という事実を知らない人が圧倒的に多い。

核家族化が進み、お一人様が進み、単身者が増えたのだ。

 

そのことによって単身者向けの賃貸の需要も増した。

うちの会社で持っている物件のほとんどは単身者向けのものだ。

おかげさまで、どの物件も高い入居率を誇っている 。

 

僕は不動産投資の成功を決めるのは、お金や知識の量や学力などではないと思っている。

何が不動産投資の成功を決めるのかと言うと、『アタマの働かせ方』である。

ものの考え方や、ものの捉え方である。

 

資産はお金によって作られるのではない。

資産は「その人のアタマの中」で作られるものなのだ!

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.