不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

【視野の狭い人間になるな!】 同じ情報にばかり触れていると幸せを取り逃がすという話

2018/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

僕たちは情報化社会に生きている。

 

それは情報というものが最大の価値を持つ社会に生きているということだ。

それだけに自分が毎日触れている情報には細心の注意を払っておく必要がある。

 

情報はよく「鮮度が大事!」と言われ、食べ物に例えられたりする。

 

食べ物もなるべく新鮮な方がおいしい

だから情報も新しい方がいいに決まっている

_____というわけだ。

 

確かに最新の情報を知っておくことは重要なことだ。

鮮度の落ちた古い情報にしがみついてばかりいると、情報化社会では取り残される。

これは真実だろう。

 

しかしながら、ただ新しければそれでいいというわけではない。

 

「今まで食べたことのない新しいモノを食べたら、お腹を壊してしまった!」

_____なんてことになる可能性だって十分にあるのだ・・・

 

食べ物に例えるならば、 情報は鮮度だけではなく、 自分に合ったモノでなければならない。

どんなに新しい情報だとしても、それを取り込んでしまったがゆえにアレルギー反応を示し、人生を棒に振ってしまうかもしれない。

 

だから自分が毎日アクセスしている情報には常に目を光らせておく必要がある。

 

どんなにその情報が新しいものだとしても、本当にその情報を自分の中に取り入れていいのか。

その情報に基づいて意思決定をしていいのか。

常に考えておく必要がある。

 

「新しいから」という理由だけでそれに飛びつき、鵜呑みにしてしまったことにより、大きな痛手を負う人が後を絶たない。

情報化社会を賢く生きるということは、ただ単に新しい情報にアクセスすればいいということではないのだ。

 

膨大な数のあふれる情報の中から自分の人生にとっていちばん有効なものを取捨選択する力を持つこと!

______それが情報化社会を賢く生きるということだ。

 

闇雲に自分の中に取り込む情報量を増やせばいいというわけではないのだ。

 

スポンサーリンク

特定の情報だけにアクセスし続けることの危険性について

日本のみならず、アメリカでもヨーロッパでも近隣諸国の外国人に対する排斥運動が盛んだ。

僕はそういう動きも情報化社会が影響を及ぼしていると思っている。

 

そういう差別主義者たちのほとんどがネットを利用し、そこから情報を得ている。

外国人を攻撃する内容のサイトやSNSアカウントがネット上にあふれているのだ。

 

彼らはそういった感情は自分の中から自然と湧き上がってきたものだと勘違いしている。

 

でも実際には彼らは知らず知らずのうちにネットからの情報に影響を受けている。

それを盲目的に受け入れ、すっかり信じ込んでしまっているのだ。

そして、その情報にのめり込めば込むほど、その考え方から抜け出せなくなってゆく・・・

 

ここで一度、立ち止まって考えてみてほしい。

 

そういう情報を垂れ流す側が全部、計算ずくでやっていたとしたら?

ある明確な意図を持ってそういう情報を垂れ流していたとしたら?

単なる金儲けのためにやっていたとしたら?

 

話題作りのためにやっていたとしたら?

自分のルサンチマンを解消するために(あるいはただ単に欲求不満のはけ口として)やっていたとしたら?

 

情報を受け取る側はそこまで考えたりはしない。

情報を発信する側の心理なんてことまで深く洞察したりなんかしない。

 

ただ単純に、純粋に、盲目的にある特定の情報を受け取っているだけなのだ。

僕はそれがとても怖いことだと思っている。

 

スポンサーリンク

 

投資家もくれぐれも『トートロジー』には気をつけて!

このことは『投資』に置き換えて考えてみることもできる。

 

僕は悪名高き不動産投資なんてものをやって生計を立てている。

最近流行りの投資法をやっている人(そして、その情報にどっぷり浸かっている人)から見たら、それはとんでもない過ちのように見えることだろう。

 

しかし不動産投資には良い面・メリットもたくさんある。

それは実際に近づいてみないと見えてこないことなのだ。

 

昨今流行りの投資法を純粋に盲目的に信じてしまっている人はその不動産投資の良さが見えない。

気づかないままそこを通り過ぎてゆくだけである。

 

なぜ彼らはそこをスルーしてゆくのか?

普段、自分が触れてる情報が不動産投資を否定しているからだ。

 

だからすっかり不動産投資をスルーすることが正しいことだと思い込んでしまっているのだ。

たとえそこに人生を根本的に変える可能性が転がっていたとしても、彼らの目にはそれは映らない。

 

昨今流行りの投資法を世の中に浸透させ、ひと儲けしようと画策している人にしてみれば、さぞかし「してやったり!」といったところだろう。

 

考えてみたら、こういった構造は今、世界じゅうで跋扈している排外主義や差別主義なんかと同じ心理構造だ。

 

自分が信じているものだけが正しい。

_____今、世界じゅうの多くの人がこのようなトートロジーにおちいっている。

 

トートロジーとは、

「多くの人が正しいと言ってることこそが正しい。

だからそれに賛同している自分は正しい。

そこに明確な理由はない。

とにかく自分が信じているものこそが正しいことなのだ」

_____という考え方だ。

 

この考え方の恐ろしいところはそれ以外のものを決して受け入れようとしないという排外主義的なところにある。

 

もしかしたら、不動産投資をやった方が大儲けできるかもしれない。

もしかしたら、不動産投資をやった方がリスクが少ないかもしれない。

もしかしたら、不動産投資をやった方が将来不安を解消できるかもしれない。

 

しかし、ダメだ!

トートロジーにおちいってしまっている人の耳には届かない。

 

彼らはあらゆる可能性の扉を閉ざしてしまっている。

四六時中、自分が信じて疑わない情報にばかりアクセスしているために、そこに「もしかしたら・・・」の入り込む余地がないのだ。

 

だから今日も明日も同じことを信じ続け、今日も明日も同じことを繰り返す。

昨日と今日と明日は同じ日常が繰り返される。

人生に変化はない。

 

これはある種の悲劇ではないのか?

あまりにもピュアな心が引き起こす悲劇だ・・・

 

スポンサーリンク

 

視野が狭い人はカンタンに騙されやすい

ナチス・ドイツは言うに及ばず、オウム真理教やイスラム国、共産主義など・・・・考えてみたら、こういったことはずっと繰り返されてきた。

 

それらのものに魅了されていった人たちのことを思い返してみてほしい。

彼らは決して悪人だったわけではないのだ。

どちらかと言えば彼らは善良で真面目な市民たちだった。

 

そんな善良で真面目な市民たちがアウシュビッツにまで行き着いてしまったのだ。

そこに「自分が信じているものこそが正しいのだ!」というトートロジーの恐ろしさがある。

 

純粋さというのは怖いことなのだ。

真面目というのは恐ろしいことなのだ。

 

だから僕たちは「普段自分はどんな情報アクセスしているのか?」ということに常に注意を払わなければいけないのだ。

そして、もしもそこで自分が純度100%な方向に行きかけていることに気づいたのならば、そこでいったん立ち止まるセンスを身につけなければならない。

 

不安や矛盾がないというのは実はすごく危険なことなのだ。

ノイズを全部排除し、純度100%なもので埋め尽くしてしまうことほど恐ろしいことはない。

多少のノイズがあるから僕たちは「まとも」でいられるのだ。

 

これはあらゆる洗脳や詐欺の手口として古くから用いられてきた技法だ。

 

まわりに余計な情報があると、人はついついそれに惑わされてしまう。

情報が少なければ少ないほど人は純粋無垢になる。

 

だから洗脳にしようとする側や、詐欺にしようとする側は相手が「これしかない!」という視野狭窄になってくれた方がありがたいのだ。

 

その方が都合がいい。

その方がやりやすい。

 

要するに、

ある特定の情報にばかりアクセスし、

四六時中その限定された情報のシャワーを浴びている人は簡単に騙されやすい

_____ということだ。

 

オレオレ詐欺はたった電話一本だけで相手を騙す。

これについて多くの人は不思議に思う。

 

「なんで電話の声だけで多額のお金を振り込んだりするのだろう・・・?」

と。

 

でもそれは不思議でも何でもないことなのだ。

人は視野が狭くなるが狭くなるほど、まわりが見えなくなってしまう。

 

ノイズが少なければ少ないほど物事を単純化して考えてしまう。

情報が「電話の声」という音声や、「ハガキ一枚」という文章だけに限定した方が相手を騙しやすいのだ

 

宗教施設が人里離れたところにあるのもそういった理由からだ。

都市空間から離れ、山奥に籠もれば、外部の情報を遮断することができる。

そしてその密閉された空間の中で教義を説けば、多くの人を洗脳しやすくなる。

 

スポンサーリンク

 

人生において遠回りすることはいいことだ!

僕たちは何かものを調べるときにインターネットというものを利用する。

実際、クリックひとつでたいがいの情報は手に入る。

ほとんどの疑問点はそこで解決される。

 

そして多くの人は「それがいいことだ!」「めでたし、めでたし!」と思っている。

 

答えはなるべく早く知りたい

悩んだり考えたりするのは手間だし、面倒くさい

______インターネットを利用する多くの人はおそらくそう考えていることだろう。

 

でも僕はここに大きな危険性を感じている・・・

 

僕はこれまでの人生でいろいろ大変な目に遭ってきた。

あっちこっちに頭をぶつけて、その都度傷つき、その都度悩んできた。

 

でも今にして思えば、そうやって七転八倒した経験はすべてプラスになっている。

それらのことはひとつひとつ全部、自分に必要なことだった。

 

その紆余曲折のおかげで僕は不動産投資というものを発見することができた。

その紆余曲折がなかったらこの自由とストレスフリーな生活を手に入れることはできなかった。

 

僕は学校の勉強もできなかったし、家が金持ちだったわけでもない。

あちらこちらに頭をぶつけた経験が知らず知らずのうちに僕を幸せな場所へと導いていったんだと思う。

 

それはクリックひとつで答えを見つけようとする情報化社会のアプローチとは真逆のアプローチ。

要するに『遠回り』だ!

 

でもその遠回りが良かった。

その遠回りが僕の人生を良いものにしてくれた。

 

それは応用問題をやってきたようなものだ。

応用問題だから、なかなか答えにたどり着かない。

でもその応用問題を悪戦苦闘しながら解き続けてると、知らず知らずのうちにいろいろなことが手に取るようにわかるようになっていった。

 

僕はいつの間にか物事を深く洞察することができるようになっており、より的確な判断を下すことができるようにいた。

それは投資やビジネスにおいても大いに役に立った。

 

僕は正しい物件を見極める力が身についた。

間違った物件を選択する確率が減った。

その積み重ねが今のこの状態を作りあげたのだと僕は思っている。

 

情報化社会のいちばん危ないところは僕が経験したようだ遠回りができないことだ。

ワンクリックでパッと答えが見つかるということは、逆に言うと『遠回りをしない(できない)』ということでもある。

 

答えを発見するまでの時間は確かに短縮されたかもしれない。

でも「1+1=2でしょ!」といった具合にすぐに結論付けてしまうことが必ずしも良いことだとは限らない。

 

いつも行っているとおり、洞察力と識別眼こそが人生において最も大切なことなのだ。

 

あっちこっちに頭をぶつけながら身銭を切って得た情報はホンモノの情報だ!

そういった情報こそがいちばん信頼できる情報だ。

 

だから大いに悩もう。

大いに考えよう。

遠回りすることを恐れず、答えを簡単に求めすぎないようにしよう。

 

「それはこうだから、こういうふうにしなさい!」と耳元でささやく人がいたら、『本当にそうかな?』と一度立ち止まって考えるセンスをつけよう!

 

もっと広い視野で世界を眺めてみよう。

「これしかないんだ!」という原理主義におちいらないように注意しよう。

 

政治においても

仕事においても

恋愛においても

投資においても

etc・・・

______視野の狭い人にはあまり明るい未来はないと僕は思っている。

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.