【”ビッグ・ブラザー”に騙されるな!】 WORLD ORDERの新曲を聴いて思ったこと。

2019年3月10日

 

  • WORLD ORDER  “BIG BROTHER”  YouTubeより

 

スポンサーリンク

須藤元気、さすがだね!

ここでジョージ・オーウェルの『1984年』を持ってくるとは!!

 

「ビッグ・ブラザー」は本に登場する闇の支配者のこと。

あるいはそれは多くの人が縛られてる常識とかルールなどのメタファーなのかも。

 

ジョージ・オーウェル の『1984』では権力者たちによってすべてが支配されたディストピアが描かれる。

そこには言論表現の自由なんてものはない。

そして権力者にとって都合の悪い人間は排除される。

 

そんな世界になってはいけない!

だが今、世界は確実にそうなりつつある…

 

ジョージ・オーウェルの『1984年』にはこんな有名なセリフがある。

 

“最終的に党は2+2=5であると発表し、こちらもそれを信じなくてはならなくなるだろう”

 

僕らは何にビビっているんだろう。

何をそんなに恐れているんだろう。

なぜ権力者にものを言うことが「良くない」とされてしまうのだろう。

 

『2+2は4だ!!!』と、素直に本当のことを言えばいいんだ。

「忖度」なんかしないで!

 

何をビビってる?

何に遠慮してる?

 

騙されるな!!!

 

「ビッグ・ブラザーに見張られる…」と恐怖心を振り払うんだ。

実はビッグ・ブラザーなんて大したことない。

僕らが団結すれば、ビッグ・ブラザーなんか怖くもなんともないんだ。

 

ビッグ・ブラザーは怖いんだ。

僕らが団結し、自分に歯向かってくることを何よりも恐れている。

 

だから彼は『恐怖』を使う。

恐怖で僕らを縛りつけ、自分に逆らえないようにするんだ。

 

そもそも、「ビッグ・ブラザー」なんて存在するのか?

僕たちの恐怖が勝手につくり出した妄想の産物なんじゃないか???

 

Left Caption

ハルキ

おかしいと思ったことは素直に「おかしい」と声に出そう。「王様の耳はロバの耳だ!」「王様は裸だ!」と言おう。それが民主主義ってやつだと思うな😄

 

 

 

関連記事

https://sakamotoharuki.com/kudaranai-renchuu/

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング