不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

オススメ映画『ブルー・ジャスミン』(2013年)について〜僕らの中にもどこかジャスミン的な部分がある!

2018/11/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

 

スポンサーリンク

 

『ブルー・ジャスミン』解説

言わずと知れたウディ・アレン監督作品。

セレブな生活をしていた世間知らずの妻が夫の事業失敗を機に転落人生を送り、次第に精神を病んでゆくという物語。

主演はケイト・ブランシェット。

ケイトは本作の演技が高く評価され、アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。

実業家の夫をアレック・ボールドウィン、妹役をサリー・ホーキンスが演じる。

スポンサーリンク

 

映画『ブルー・ジャスミン』あらすじ

ジャスミン(ケイト・ブランシェット)は実業家の夫ハル(アレック・ボールドウィン)と共にニューヨークでセレブな生活を送っていた。

ところがハルの事業が失敗し、一気に転落人生に突入。

妹のジンジャー(サリー・ホーキンス)を頼ってサンフランシスコで暮らすことになる。

なんとか人生を立て直そうと必死に生きようとするジャスミンだったが、次第に精神が崩壊してゆく。

そんな中、あるパーティーでお金持ちの男性ドワイト(ピーター・サースガード)と出会う。

そこでジャスミンはドワイトの気を引こうと嘘をついてしまう・・・・

スポンサーリンク

 

映画『ブルー・ジャスミン』キャスト

  • ジャネット・“ジャスミン”・フランシス :ケイト・ブランシェット
  • ハル・フランシス: アレック・ボールドウィン
  • アル:ルイ・C・K
  • チリ :ボビー・カナヴェイル
  • オーギー :アンドリュー・ダイス・クレイ
  • ジンジャー :サリー・ホーキンス
  • ドワイト・ウェストレイク :ピーター・サースガード
  • フリッカー医師 : マイケル・スタールバーグ
  • ジェーン : タミー・ブランチャード
  • エディ :マックス・カセラ
  • ダニー・フランシス:オールデン・エアエンライク

スポンサーリンク

 

映画『ブルー・ジャスミン』スタッフ

  • 監督:ウディ・アレン
  • 脚本 :ウディ・アレン
  • 製作:レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム、エドワード・ウォルソン
  • 製作総指揮:レロイ・シェクター、アダム・B・スターン
  • 撮影 :ハビエル・アギーレサロベ
  • 編集:アリサ・レプセルター
  • 配給:ソニー・ピクチャーズ・クラシックス(アメリカ)、ロングライド(日本)
  • 公開:2013年7月26日(アメリカ)、2014年5月10日(日本)
  • 上映時間:98分

スポンサーリンク

 

映画『ブルー・ジャスミン』受賞等

  • アカデミー賞:最優秀主演女優賞
  • 全米映画俳優組合賞:主演女優賞
  • ゴールデングローブ賞:主演女優賞 (ドラマ部門)
  • 全米映画批評家協会賞:主演女優賞
  • ボストン・オンライン映画批評家協会:主演女優賞
  • ボストン映画批評家協会賞:主演女優賞
  • 英国アカデミー賞:主演女優賞
  • ゴッサム・インディペンデント映画賞:主演女優賞
  • インディペンデント・スピリット賞:主演女優賞
  • サウスイースタン映画批評家協会賞:主演女優賞
  • ロサンゼルス映画批評家協会賞:主演女優賞
  • ニューヨーク映画批評家協会賞:主演女優賞
  • ニューヨーク映画批評家オンライン賞:主演女優賞
  • オンライン映画批評家協会賞:主演女優賞

ほか多数受賞

スポンサーリンク

 

映画『ブルー・ジャスミン』を観た僕の感想(レビュー)

ケイト・ブランシェットがしだいに精神を病んでゆく元セレブ妻を演じ、アカデミー賞を受賞した。

でもさすがはウディ・アレン。

深刻な話をウィットに富んだ会話を交えてユーモラスに描く。

とにかくケイト・ブランシェットの演技が凄い!

僕の中にもジャスミン的なるものは確実にある。

見栄っ張りな部分もあるし、精神の脆さもある。

通常であれば悪役になりがちなセレブ妻という設定ではあるけど、決して憎めないキャラとして描かれているところも素晴らしいと思った。

もしもウディ・アレン的なユーモアがなければ、かなりシリアスで重苦しい内容になっていたかもしれない。

そこは「さすがだな!」と思った。

スポンサーリンク

 

映画『ブルー・ジャスミン』関連商品

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.