不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

【人に迷惑をかけてもいい!】 わがままな弟や妹の方がしっかり者の兄や姉よりも愛される法則

2018/09/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

最近僕は思うようになった。

結局、人間わがままに自分の好き勝手に生きて死んでゆくのがいちばん幸せなんではないだろうかと。

 

僕のこのブログの読者さんも日々いろんなことを我慢して、わがままを言わず、自分のやりたいことを後回しにして生きていらっしゃるのではないだろうか。

それはそれで素晴らしい生き方だと思う。

 

でも、もっと自分らしく、もっと楽しく、もっと自由に生きてもいいのではないだろうか。

 

スポンサーリンク

イラっとするものの中に答えがある

迷惑をかけてはいけない

頼ってはいけない

自分の力だけで何とかしなければいけない

わがままを言ってはいけない

親のすねをかじってはいけない

周りに気を使わなきゃいけない

周りを怒らせてはいけない

空気を読まなければいけない

泣いてはいけない

いつもニコニコ笑顔じゃなきゃいけない

etc・・・

 

多くの人はそのような他人軸で生きていると思う。

でもそうやって他人軸で生きて、自分のことは後回しにして、周りの目ばっかり気にして・・・本当にいいのだろうか。

 

そうやって周りのことを気にして生きていると、自分らしく生きられないのではないだろうか。

 

僕はもっと自分を大切に扱ってあげた方がいいと思う。

もっと自分に素直になって、自分が本当に求めていることを優先させてあげた方がいいと思っている。

 

自分らしく、自分のやりたいことをやれないまま生きていると、どうしてもイライラしてくる。

辛くなってくる。

苦しくなってくる。

その一方で自分のすぐそばにわがままに、自由に、自分勝手に、楽しそうに生きている人がいる。

 

そういう人を見て、イラッとする・・・

 

「私はこんなに頑張っているのに、なんであの人ばかり楽しそうなの?」

「私はこんなに苦しんでいるのに、どうしてあの人はあんなに明るいの?」

「私はこんなに周りに気を使っているのに、どうしてあの人は周りからチヤホヤされるの?」

 

_____そんなふうに思える人がきっと誰しも一人や二人はいるはずだ。

 

でも僕は思う。

その皆さんがイラッとする相手こそが『答え』なのだと。

 

その人たちはもう一人の自分だ。

もう一人の自分が皆さんに必死になってメッセージを送っているのだ。

 

どんなメッセージかって?

 

ほら、気づけよ

こうすればうまくいくよ

今までのやり方を変えてごらん

そのやり方じゃうまくいかないよ

私みたいにみんなに迷惑をかけて、自分勝手に、好きなように生きてごらん

そうすればきっと人生はハッピーになるよ

 

_____その相手は皆さんにそのようなメッセージを送っている。

 

スポンサーリンク

 

幸せな人とは自分らしく生きている人のこと

結局のところ、幸せな人というのは自分らしく生きている人のことをいうのだ。

自分らしく生きてない人は幸せにはなれないのだ。

 

おそらく皆さんは周りの大人達から(主にそれは母親なのだが)、

「人に迷惑をかけてはいけない」

「自分勝手に生きてはいけない」

「周りに合わせなければいけない」

などと言われて育ったのではないだろうか。

 

皆さんは真面目だから、その言葉を信じ、大人になってからもうその言葉の通りに生きようとしたのだ。

 

お母さんもお父さんもそうやって生きてきた。

きっとおばあちゃんもおじいちゃんもそうやって生きてきた。

 

日本人がどうして『勤勉さ』というものをこんなに大事にするのか?

日本人がどうして『和をもって尊しとなす』というものをこんなに大事にするのか?

 

それが先祖代々から伝わってきた教えだからだ。

 

日本人はとても真面目な国民性だ。

教えられたことを素直に実行しようとする。

しかしながらその真面目さが仇となる時がある。

 

もしも今、みなさんが何らかの悩みや苦しみにぶち当たっているのなら、ぜひ今度は違ったアプローチでその悩みや苦しみに挑んでみてほしい。

 

おそらく今までとは違ったやり方でアプローチした方がうまくいくような気がする。

でもそれはとても困難なやり方だ。

 

何と言っても親や学校の先生といった周りの大人たちから教えられた事の逆をやるのだ。

今まで大事に大事にしてきた自分なりのやり方の逆をやるのだ。

それが困難でないはずがない・・・

 

でも今までとは違ったことをやれば人生に何らかの変化をもたらすことができる。

この『変化を起こす』ということが最も大事なことだ。

 

その変化が良い方向に行く場合もあるし、悪い方向に行く場合もあるだろう。

しかしながら少なくとも、それまででは違った方向へ進むことになると思う。

 

それがとっても大事なことなのだ!

 

スポンサーリンク

 

我慢してる人がいちばん迷惑な人

一番恐ろしいのは「昨日と今日と明日がずっと同じ」という状態だ。

たとえ悪い結果になったとしても何らかの変化があったほうがいいと僕は思っている。

 

その変化が後々良い結果に結びつくこともあるのだ。

 

例えば恋人に振られたとする。

その事実だけを見れば悪い結果だ。

 

その失恋に苦しんで新しい出会いを求めず、ずっと家に引きこもるような人生を送ってはいけない。

その恋人に振られたことにより、新しい人と出会うことができるかもしれない。

そしてその新しく出会った人が以前の恋人よりも素晴らしい人で、運命の人かもしれない。

 

_____ 僕が言っている『人生に変化を起こす』とはそういうことだ。

 

人に迷惑をかけて、人に頼って、人に聞いて、人に助けてもらっている人は「皆さん、いつも本当にありがとう!」という気持ちで生きている。

 

「私はこんなに馬鹿なのに、こんな馬鹿な私のためにみんな力になってくれて、本当に助かってる!」

という妹キャラや弟キャラの方がなぜか人から可愛がられるものだ。

 

兄妹姉妹のいる人なら分かるはずだ。

弟や妹はお父さんやお母さんに頼ってばっかりで、自分では何もしていないのになぜか愛される。

 

それに比べてお兄さんやお姉さんは明らかに弟や妹よりも頑張っているのに、いつも両親から

「もっと頑張りなさい」

「年上なんだから我慢しなさい」

「もっとちゃんとしなさい」

と厳しく言われる。

 

きっとそういう想いをした経験があるはずだ。

 

全くもって理不尽な話だと思う。

しかしながら、その弟や妹の姿こそが『答え』なのだ。

彼らの屈託のないムカつく笑顔こそが皆さんが苦しみを取り除く『ヒント』なのだ。

 

これから先はどんどん人に迷惑をかけてみよう。

人に振り回されるのではなく、人を振り回してみよう。

 

自分の力だけで何とかしようとするのではなく、どんどん人に頼って、どんどん人に助けてもらおう。

弟や妹みたいにいっぱい人に甘えて、いっぱいわがままを言って自分勝手に生きてみよう。

 

今までとは違ったやり方を採用してみるのだ!

そうすれば人生に必ず変化をもたらすことができる。

 

我慢して我慢して我慢して・・・苦虫を噛み潰したようなかろうじて生きている人が一番迷惑な人なんじゃないだろうか。

もしも皆さんの周りにそのような人がいたら皆さんはどう思うだろうか。

 

本人はいたって真剣に、真面目に生きているのだ。

人に迷惑をかけないように、なるべく人に頼らないように、自分一人の力で何とかしようとしているストイックな人・・・

 

でも、そういう人が人から愛されるだろうか。

幸せな人生を歩めるだろうか。

 

鬱になったりする人というのは生真面目な人が多いという話をよく耳にすると思う。

本当にそうだと思う。

 

スポンサーリンク

 

なんでも自分一人の力で何とかしようとしないで!

僕もこれまでの人生の中でたくさんの鬱になった人を見てきたけれども、そのほとんどが真面目で、ストイックで、責任感があるタイプの人たちばかりだった。

 

別の言い方をすれば、勤勉で、きちっとしている極めて日本人的な人たちばかりだった。

そんな人たちが最後の最後にはどうすることもできなくなって心を病んでしまう・・・

 

そうなったら、本人も苦しいかもしれないけれど、周りにいる人たちもとても苦しい思いをすることになる。

これを迷惑と言ってしまうことには抵抗はあるのだが、少なくともなるべくそういう目に合わない方がベターなのは間違いないだろう。

 

『人間は一人では生きていけない』

 

_____その言葉は 本当に真実だと僕は思う。

 

そしてその言葉はこのように解釈することもできる。

 

誰にも頼らず、なんでも自分一人で解決しようとする人はどんどん生きづらくなってゆく・・・

 

自分の好きなように生きれば、もしかしたら親を悲しませることになるかもしれない。

親のがっかりした顔を見るのは辛いと思う。

 

でも親の笑顔のために自分を犠牲にしてもいいのだろうか。

 

周りの笑顔のために我慢して、自分を殺して生きていていいのだろうか。

言いたいことも言わず、会いたくない人に無理して会って、作り笑いを浮かべる・・・それが本当に周りのためになっているのだろうか。

 

おそらく皆さんの無意識ではもう答えが出ている。

 

「あっちに行った方がいいよ!」

「そこにいるべきではないよ!」

 

_____皆さんの無意識はちゃんとわかっている。

 

だから皆さんに必死にメッセージを送っている。

そのが「悩み」「苦しみ」となって現れている。

 

今までずっと我慢してきたんだから、もうそろそろ自分を大切にしてあげよう。

「今までずっと苦しい思いをさせてごめんね」と、自分をいたわってあげよう。

 

そして「これからはお前の好きなようにしていいんだからね」と、話しかけてあげよう。

 

そうすれば、きっともう一人の自分は喜んでくれるはずだよ!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.