不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

人の顔色を伺う人生に疲れた人へ! 自分の機嫌を取ることを優先すると人間関係の悩みから解放されるのはなぜか?

2018/06/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

と言ったときに、多くの人は「自分と他人とのあいだの人間関係」のことを思い浮かべると思う。

 

しかし、人間関係というのは自分と他人のあいだだけのことではない。

『自分と自分のあいだ』にも人間関係というのはあるのだ。

 

僕たちはついつい他人のことにばかり気を取られてしまい、自分のことを蔑ろにしてしまう。

でもいちばん大切にしなければいけないのは、「自分」なのだ。

他人のことは二の次でいいのだ。

 

意外に思われるかもしれないが、人間関係の悩みを抱えている人の多くはすごく真面目で、人の気を遣うタイプの人が多い。

 

自分のことは後回し。

いつも自分以外の人のことを優先させてしまうタイプ。

 

自分の意見は極力言わないようにしてる人

いつも人に合わせてしまう人

____人間関係の悩みを抱えるタイプの人というのはこういうタイプが多いのだ。

 

逆に普段から自分のことしか考えないようなタイプの人は、人間関係の悩みを抱えている人は少ないものだ。

図々しく、わがままで、ナルシストで、身勝手で、空気が読めなくて、etc・・・

 

____確かに、こういうタイプの人は人のことなんか気にしてなんかいない。

 

スポンサーリンク

極端なことを言えば、「人のことなんかどうでもいい」「自分のことが何よりも大切だ」と考える人たちがこのタイプに属する。

それは確かにあまり好ましくないことのように見える。

かっこ良くないことであるように見える。

 

場合によっては「失礼なやつ」「無神経なやつ」「デリカシーのないやつ」に見えるかもしれない。

 

こういうタイプの人間はもちろん、人からも嫌われるだろう。

しかし、少なくとも人間関係のことで悩み、にっちもさっちもいかない状態に陥ってる人よりは幸せそうだ。

 

さて、どっちがいいんだろう?

 

自分のことより人のことを優先させ、人の機嫌ばかりとって生きる人生・・・

____それは相当しんどい人生なのではないだろうか?

 

人間関係の悩みというのは厄介なものだ。

いったんそれにハマってしまうと、なかなかそこから抜け出すことができない。

 

僕もこれまで何回も人間関係に悩まされ、その悩みから抜け出せずに苦労してきた。

だから、その辛さがわかるのだ。

 

ある意味、僕が不動産投資というものをはじめたのも、脱サラ・起業してセミリタイア生活をしようと思ったのも、元はと言えばその根底にこの問題が横たわっていたような気がする。

 

つまり、『わずらわしい人間関係から自由になりたい!』という想いが僕を突き動かしたということだ。

 

そう考えてみると、僕が人間関係の問題を抱え、そのことで散々悩み、苦しんだことは結果的に良かったと言えるかもしれない。

いい方向へ僕を導いてくれたと言えるかもしれない。

 

以前の僕は完全に、自分のことより人のことを優先させるタイプの人間だった。

「人がいい」と言えば聞こえはいいが、ただ単にわがままに振る舞うことができない気弱な人間だったというだけだ。

 

当時の僕は自分に自信が持てず、いつもオドオドしていた。

 

そして人から、

「無神経なやつ」

「無責任なやつ」

「気を使えないやつ」

「空気が読めないやつ」

と思われるのを何よりも恐れていただけだ。

 

すべてが『他人基準』だった。

人の顔色をうかがい、それに合わせるだけの人生だった。

 

でも、それではうまくいかなかった・・・

 

人間関係の問題はそれで解決されなかった。

解決されるどころか、ますます悪化していった。

 

しだいに僕はにっちもさっちもいかない状況に追い詰められていった・・・

それはとても苦しい状況だった。

 

その経験から僕はある重要な教訓を得た。

それは、「人のことより自分のことを優先させた方がいい」ということだ。

 

人間関係の悩みは人生そのものにダイレクトに影響を与える。

人間関係がうまくいってない時期というのは、仕事にしろ、恋愛にしろ、いろんなことも同時にうまくいかなくなる。

まるで引っ張られるみたいに・・・

 

どんなに優秀でも人間関係の悩みがきっかけで仕事を辞めざるを得なかったり、うつ病になったりする人もいる。

____もしもそうなれば、人生そのものが狂ってしまう。

 

だから僕はある日、意識して人のことより自分のことを優先させる人間になることにしたのだ。

わがままに、無神経に、無責任に、etc・・・

 

嫌なものは「イヤ!」とはっきり言い、行きたくないものにはどんなに誘われても行かないようにした。

一緒にいて気分のいい人とだけ付き合うようにし、一緒にいて気分の悪くなる相手とは極力会わないように務めた。

 

もちろん、そのせいで僕から離れていった人も大勢いた。

ぞくに言う『人脈』とか『交友関係』というやつは、明らかに以前よりも少なくなった。

 

でもその代わり、ストレスは圧倒的に軽減された。

肩の荷が降り、身も心もリフレッシュされた。

 

「どっちがいいか?」と訊かれたら、僕は断然こっちの方がいいと思う。

「もっと早くこうしていれば良かった」と思ったぐらいだ。

 

そして(これがいちばん重要なことなのだが)、そういうふうに変えてから、人生のいろんなことが嘘みたいにうまくまわるようになっていったのだ。

仕事も、恋愛も、なぜか急にうまくいくようになっていった。

 

「なんか最近、いいことあった?」と、会う人会う人に言われた。

まるで憑き物が取れたように・・・

 

そうなのだ!

人間関係には、自分と自分の人間関係も含まれているのだ!

 

僕たちは『自分と他人の人間関係を考える前に、自分と自分の人間関係を考えた方がいい』のだ。

____僕はその経験から、そのことを学んだ。

 

もしもあなたが今、人間関係で悩んでいるのだとしたら、一度そのことを考えてみてほしい。

人の機嫌をとることよりも、自分の機嫌をとることの方を優先させてほしい。

 

もう一人のあなたが「嫌だ!」と言うことはなるべくやらないようにするのだ。

もう一人のあなたが「行きたくない!」と言うものには極力行かないようにするのだ。

そうすれば、きっと人生が好転する。

突然、いろんなことがうまくいくようになる。

 

まずは自分の機嫌をとってあげてほしい。

人の機嫌をとる前に!

 

あなたはきっと真面目な人なのだ。

真面目だから、子どもの頃教えられたことを守ろうとする・・・

 

あなたはきっと親や学校の先生などからこう言われたはずだ。

 

「わがままを言ってはいけない」

「自分のことより、人のことを考えろ」

「人から嫌われないようにしろ」

「その場の空気を読め」

etc

 

___でも、その教えは本当に正しかったのだろうか?

幸せな人生を生きるうえで、それは本当に役に立つアドバイスだったのだろうか?

 

僕にはそう思えない!

 

少なくとも僕の場合は、気使い屋で、引っ込み思案で、自己主張がまったくできなかった頃より、『ワガママ』になってからの方が100倍ハッピーになれた。

 

以前の僕はとなりにイライラしてる人がいたら、「どうしたの?」「何かあったの?」とその人に声をかけるようなタイプの人間だった。

でも、そんなことする必要なんてまるでなかったのだ。

 

もしもその人が不機嫌を撒き散らしていたとしても、それは僕にとっては関係のないこと。

放っておけば良かったのだ。

 

その人はその人の都合でイライラしているだけなのだ。

僕がそのことを気にしたり、その人に気を使って、その人の機嫌を取ろうとしたりする必要なんてなかったのだ。

 

機嫌をとるべき相手はその人ではなかった。

機嫌をとるべき相手は『僕自身』だったのだ。

 

不機嫌を撒き散らすような人間には、好きなだけ不機嫌でいさせてあげればいい。

僕は自分の機嫌のことだけを考えていればいいのだ。

自分の機嫌のことだけのことを考えて、こちらの機嫌が悪くなるような相手にはなるべく近づかないようにしていれば良かったのだ。

 

それなのに機嫌の悪い相手のことを気遣ったり、(場合によっては)その人に合わせて、一緒になって機嫌を悪くしてみたり・・・

僕のやってることはムチャクチャだった。

 

それは真面目でも、誠実でも何でもない。

ただ単に『人に合わせているだけ』のことだ・・・

 

その人はその人の選択でイライラする人生を選んだのだ。

こっちはこっちの選択でいつもハッピーな気分でいる人生を選べばいいのである。

 

あちらと、こちら

____まったく別の人生を歩んでいるのだ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2017 All Rights Reserved.