社会

 

 

『働き方改革』の名の下に今年の4月から労働を取り巻く環境がいろいろと変わろうとしている。

しかし、この記事を見てもわかる通り、そのことについて中小企業の4割が「知らない」 ...

社会

 

WORLD ORDER  “BIG BROTHER”  YouTubeより

 

須藤元気、さすがだね!

ここでジョージ・オーウェルの『1984年 ...

社会

 


2019年1月15日放送 "あなたのゴミ"その行方~迫る!「プラスチック危機」~|日経スペシャル ガイアの夜明け : テレ ...

教育, 社会

2018年も終わろうとしている師走の12月。

2つの気になるニュースが僕の心をとらえた。

 

1つは南青山という東京の一等地に児童相談所を建設するということに反対する地域住民のニュース。

社会, 経済

『マイナス金利』という言葉が一人歩きし、たくさんの人が誤解・勘違いをしはじめているように見える。

 

日銀が行なっているマイナス金利政策というのは、僕たち普通の一般人に向けの政策ではないのである。

オススメ映画, 社会

映画『硫黄島からの手紙』解説

先の戦争で「もっとも悲惨な戦場」と言われている硫黄島の戦いを描いた戦争映画。

監督はあのクリント・イーストウッド。

 

主演は『ラスト・サムライ ...

オススメ映画, 社会

 

 

映画『FAKE』解説

2014年、ゴーストライター騒動で世間を驚かせ、激しいバッシングを受けた佐村河内守氏を追ったドキュメンタリー映画。

聴覚障害を抱えなが ...

オススメ本, 社会

著者  村上龍
出版社  青春出版社
出版日  2013/2/2
この本はどういう本なのか?

就職難、年収と結婚、モチベーションとマイナス思考、家族の喪失…日本人の切実な悩みと向き合う。

人生についてのよく ...

お金, 社会

世間で言うところのいわゆる「いい会社」に就職し、どんなに出世して高収入を得ても、それでお金の問題が解決されるわけではない。

お金に精通するということと、高い年収をもらうということは別次元の話なのだ。

  ...

社会, 経済

マイノリティや社会的弱者に対して手を差し伸べることは非常に重要なことだと思う。

それはそれでやらなければならないことだと思う。

 

ただ、統計で見れば日本の完全失業率は改善している。

オススメ本, 社会

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 (幻冬舎単行本)

posted with ヨメレバ西野 亮廣 幻冬舎 2017-10-04KindleAmazon

著者  西野亮廣
出版社  幻冬社
分類  実用書 ...

社会

精神科医の河合隼雄は『中空構造日本の深層』という本の中で、空気に流されやすい日本人のメンタリティーについて警鐘を鳴らしている。

山本七平という人も『「空気」の研究』という本の中で詳しくその辺りのことについて解説している。

社会

インターネットが普及し ほとんどの人がスマホやパソコンを持つ時代になった。

そしてインターネットからたくさんの情報を得て、それを人生の指針にする人が増えた。

 

おそらくもうこの流れは止め ...

社会

僕はかなり好き勝手に生きてきたタイプの人間だと思う。

 

自分でもそう思うし、人からもよく言われる。

でも、そのような好きなことをして生きる生き方は、ここ日本ではなかなかしんどい選択となり ...

社会

僕が学生だった頃、織田裕二主演で『就職戦線異状なし』という映画が公開された。

あの有名な槇原敬之の『どんなときも』という歌はこの映画の主題歌だ。

 

この映画はバブル期の学生たちの就職活動 ...

社会

お金はお金を持っている人のところに集まる

____これは僕が40数年間生きてきてたどり着いたひとつの結論である。

 

この世はちっとも公平なんかじゃない。

むしろ、この世は不公 ...

社会

Follow @sakamoto1haruki

 

マリー・アントワネットは貧困と飢餓に苦しんでる民衆に向かって「パンがないなら、お菓子を食べればいいじゃない」と発言し、ギロチンにかけられた。 ...

社会

Follow @sakamoto1haruki

 

春の訪れとともに、今年も日本各地で入社式が行われた。

今からおよそ20年ほど前、僕も入社式に出席し、晴れて社会人になった。

...

社会

 

東京大学の卒業証明書
毎月100万円の純利益を生み出す収益物件のオーナーになる権利

 

____もしも神様から「この2つのうち1つを選択せよ。選択した方をお前にやる」と言われ ...

社会

もう随分前から言われ続けていることですが、僕の親の世代(団塊の世代)が70歳という高齢期に入り、その負担が経済に与えるインパクトが無視できないものになってきています。

 

彼らは70歳をゆうに超えてい ...