不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

【子供は最高の教師!】 僕が自分の子供たちから学んだ『人生におけるとっても大切なコト』とは?

2018/10/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

僕は若い頃からいろいろなことで散々悩んできたクチである。

自慢するわけじゃないけど(自慢にもならないけど)。

 

だけど不動産投資をやりはじめ、脱サラ起業してからというもの、めっきり『深く思い悩む』ということがなくなったような気がする。

もちろん悩みがまったくゼロというわけではない。

しかし、以前のように深く思い悩むということは圧倒的に少なくなった。

 

そういう僕の姿を見て、まわりからは(半ば嘲笑的なニュアンスが含まれてはいるが)「お前は自由でいいよなー!」とか、「悩んだことないんじゃない?」なんて言われたりする。

 

冗談じゃないぜ!

 

はっきり言って僕は『僕ほどいろんなことで悩んできた男はいないんじゃないか?』と真剣に思ってるくらいなのだ。

それくらい僕はいろんなことで悩んできたと思っている・・・

 

確かに僕は毎日、自由気ままに暮らしている。

僕のクラスメートたちが汗水垂らして働いてる時間帯に、こうしてスタバでのんびりブログなんか書いたりする余裕と自由な時間がある。

だけど、ここに来るまで決して順風満帆というわけではなかった。

 

僕が今いる場所に来ることができたのは、それは『僕が散々、自分の悩みと向き合ってきたからだ』と自分としては思っている。

僕がスイスイと順調な人生を歩んできたからでも、何も悩みがなかったからでもなく、むしろたくさん悩んできたからこそこの場所に到達することができたのだと思っている。

 

悩みに関しては、僕はエキスパートというわけだ!

 

スポンサーリンク

すべての悩みの根底にあるのは不満

さて、散々悩んできた僕自身のことを振り返ってみて、一つだけはっきりわかったことがある。

それはひと言で言えば、こういうことだ・・・

 

ほとんどの「悩み」の根底にあるのは、“不満”である。

 

意識的にせよ、無意識的にせよ、何かに悩んでいるほとんどの人が「なんだか満たされない」「なんだかうまくいってない」「なんだかムカつく」というような不満分子を胸に秘めている。

その不満分子のことを僕たちは「悩み」と呼んだりしているわけだ。

 

人間関係のこと

仕事のこと

お金のこと

恋愛のこと

etc・・・

_____たぶんみなさんもそうだろうけど、僕もいろんなことで悩んできた。

 

勉強が苦手

スポーツもパッとしない

営業成績もいつも平均並み

クラスの中の人気者にもなれない

上司から可愛がられていない

「これだけは誰にも負けない!」という強みを何ひとつ持っていない

etc・・・

_____僕が抱えてきたこれらの悩みのほとんどは『僕の不満』から発せられたことだ。

 

もしも心がすべて満たされていたら、僕はきっとあんなに悩む必要はなかったと思う。

これらのことが思い通りにならないから、僕は悩み、苦しみ、苛立ち、挙げ句の果てに自己嫌悪におちいったりしてしまったのだ。

 

つまり、人は不満を感じれば感じるほど悩む生きものなのである。

 

それが証拠に人間関係がうまくいかなくても、営業成績が思うように上がらなくても、異性にモテなくても、悩まない人は全然、悩まない。

みなさんのまわりにいる「悩んでない人」のことを思い浮かべてみてほしい。

 

その人たちは決して何でもできるスーパー・マンみたいな人ではないはずだ。

 

会社の中でも一目置かれ、営業成績は常にトップ、学歴も高く、おまけに女性にもモテモテ

年収は2,000万円をゆうに超え、タワマンの最上階に住み、フェラーリを乗りまわしている

_____そういう人では決してないはずだ。

 

どちらかと言えば、そういう悩んでない人(悩まない人)というのは、「どこにでもいるタイプの人」ではないだろうか。

それなのにその人はちっとも悩んでいない。

少なくとも、みなさんよりは悩んでいない・・・

 

その人たちが悩まないのは、その人たちがスゴイ人なのではなく、そもそもその人たちは「不満を抱いてない」のである。

 

スポンサーリンク

 

二人の息子たちから僕が学んだこと

ところが悩む人というのは、どんな状況に置かれても悩んでしまう・・・

本当はすごく恵まれて、ある人から見れば明らかにうらやましがられるような立場にいるのに、なぜか悩んでじゃう・・・

 

そのように客観的に考えてみると、僕が悩んできたことも『本当は深刻に悩まなきゃいけないことではなかったんじゃないか?』と思えて来る。

その渦中にいる最中は、「これはとんでもない問題だ」「大変なことが起きた」「オレはにっちもさっちもいかない状況に追い込まれている」と思ってしまう。

 

だけど冷静になって考えてみると・・・

 

もしかしたら僕は悩まなくてもいいことで散々悩んできたのかもしれない

_____と思えなくもない。

 

本当はそこまで悩む必要がない問題を「問題だ」「大変だ」「なんとかしなくてはならない」と深刻に受け止めすぎていたのかもしれない。

 

僕がそのように思うにいたったのは、二人の息子たちのおかげだ。

僕には二人の子どもがいる。

上は中学生。

下は小学生だ。

 

二人にはまだ『自我』のようなものは芽生えていない。

とにかく毎日生きるのに精一杯で、自分と他人を比べたり、またその比較によって悩み苦しんだりしていない。

 

そんな子どもから僕は実にたくさんのことを学ばさせてもらっている。

 

彼らは天真爛漫だ!

彼らはシンプルに、そしてストレートに生きている。

余計なことは一切考えていない。

余計なことを考えていないから、余計な悩みも抱えることもない。

 

日々楽しく、おもしろく、エキサイティングに!

彼らが考えているのは、そんな目の前のことだけだ。

そして、その目の前のことだけに全力を注ぎ込んでいる。

 

自我や自意識が芽生える前の子どもたちというのは、本当に素晴らしい存在だ。

彼らには人間関係がどうしたとか、お金がどうしたとか、仕事がどうしたとか、そういうこととは無縁の世界の中に生きている。

 

つまり、こういうことだ_____

外の世界がどうなってようと、そんなことは知ったこっちゃない!

 

子どもたちはまだ『不満』の餌食になっていない。

まだ『比較』の餌食にもなっていないし、『コンプレックス』の餌食にもなっていない。

 

だからあんなに明るくて、ハッピーに生きることができるのだ。

 

ところが僕たちはどうだろうか?

いつも誰かの視線を気にして、いつも自分と他人を比べて生きている。

そして、その比較の中ででしか自分の立ち位置というものを確認することができないでいる・・・

 

もっと子どもたちのように僕たちももっとシンプルに、もっと自由に、もっと天真爛漫に生きられないものだろうか・・・?

 

子どもたちは「自分は愛されてるかどうか?」とか「評価されてるかどうか?」なんてことをちっとも気にしない。

なぜなら、そんなくだらないことを考えてる暇がないからだ。

目の前にある楽しいことに夢中で、余計なことを考えてる暇がない。

そして、そんなこと考える必要すらもない。

 

だって、そんなことわざわざ考える必要もなく『愛されてる』という実感がたっぷり得られているから・・・

 

スポンサーリンク

 

僕が「となりの田中さん」と同じ生き方をするのをやめた日

愛されてない

満たされてない

評価されてない

嫌われてる

誤解されてる

etc・・・

_____そういった想いの根底にあるのは実は『〜してほしい』という切実な想いである。

 

愛してほしい

満たしてほしい

評価してほしい

嫌わないでほしい

誤解しないでほしい

etc・・・

_____そのような「Want」が人を苦しめるのである。

 

求めるから、それが得られない。

求めるから、絶望する。

求めるから、卑屈になる。

求めるから、拗ねる。

求めるから、嫉妬する。

 

じゃあ、求めなければいいのだ!

押してダメなら、引いてみればいいのだ!

 

つまり、こういうことだ____

 

頑張らなきゃいいのだ。

評価されようと思わなきゃいいのだ。

勉強をしようとしなければいいのだ。

認めてもらおうと思わなきゃいいのだ。

愛されようと思わなきゃいいのだ。

 

そんなこと言ったって、この競争社会でそんなことできっこないだろ!

____という声が聞こえてきそうだ。

 

いいや、そんなことはない。

絶対にできる!

少なくとも、僕はやった・・・

 

僕はある日を境に、頑張るのをやめた。

評価されようとするのをやめた。

勉強もやめた。

出世を目指すのもやめた。

年収を増やそうと努力するのもやめた。

 

人からどう思われようが知ったこっちゃない。

人から評価されなくてもちっとも構わない。

・・・というか、そもそも人と同じことを考え、同じことをするのをやめた。

 

『となりの田中さん』と同じように生きるのをやめたのだ。

『This is 日本人』というようなライフ・スタイルを送るのをやめたのだ。

 

僕は何もかも放り投げた。

みんなが行こうとしている場所とは違う場所へ行こうと思った。

ちゃぶ台をひっくり返した。

 

その結果、何が起きたか?

_____それまで抱えていた『悩み』がキレイさっぱり消えたのである!

 

僕は38歳のときに専業大家さんとして独立した。

不動産投資というものをスタートし、サラリーマンの世界からドロップアウトしたのである。

 

今サラッと書いたけれど、これがどれほど突拍子もないことであるか・・・・ちょっとでも社会に出て働いた経験のある人ならわかってもらえるだろう。

『This is 日本人的ライフスタイル』では、僕が選んだ選択肢は「あってはならないこと」に位置づけられている。

 

多くの人は「いい大学に入り、いい会社に入ったあとは、その会社のために朝から晩まで働き続ける」というライフ・スタイルを送る。

そして、定年後は政府から年金をもらい、それまで貯金したお金や退職金を使って余生を送る。

_____これがいわゆる「This is 日本人ライフスタイル」ってやつだ。

 

おそらく日本人の97.6%ぐらいの人はこのライフスタイルに沿って生きてゆくのではないだろうか・・・

しかし、僕が選んだのはこういったものから大きく逸脱したものであった。

 

僕はサラリーマンをしていればもらえたであろう給料を捨てた。

ボーナスを捨てた。

福利厚生を捨てた。

安定を捨て、不安定な世界に飛び込んだ。

 

スポンサーリンク

 

物事はどっちに行った方がよりハッピーかで選べ!

しかも僕が選んだのは(よりによって)というものだ。

不動産投資はご存知のとおり、銀行から多額の借金をしなければならないものだ。

『借金』は日本人がこの世の中で何よりも嫌うものだ!

 

日本人は「借金」という言葉を耳にした途端、凍りつく。

そして、そこから先は思考停止におちいる。

 

つまり僕は、よりによってその日本人が最も忌み嫌うものに手を出してしまったのだ!

日本人の97.6%ぐらいの人が「絶対にやってはいけない!」というものを選択してしまったのだ!

 

これがいかに突拍子もないことか、わかってもらえるだろうか?

 

しかしながら、ここで非常に不思議なことが起こる。

そのとんでもない選択が、僕に『奇跡』をもたらすのである・・・

 

悩みが消えたのである。

幸せがやってきたのである。

自由を手にしたのである。

お金を手にしたのである。

将来の不安が解消されたのである。

自分に自信が持てるようになったのである。

誰かに嫉妬したり、誰かと比べて卑屈になったりしなくなったのである。

etc・・・

 

いったい僕の身に何が起こったのだろうか?

いったいそれまでの僕は何をやっていたのだろうか?

 

もうお分かりだろう。

その謎を解くカギこそが『子どもたちの姿』なのだ。

 

彼らの天真爛漫さ

彼らの自由さ

彼らのシンプルさ

彼らの目の前のことを思いっきり楽しもう!という姿勢

そして彼らの純粋さ

etc・・・

_____それこそが『カギ』だ!

そして、それこそが多くの人が追い求めているものでもあるのだ。

 

子どもたちは僕たちにとって『素晴らしい教師』なのである。

僕らが彼らに教えるのではない。

 

彼らが僕らに大切なことを教えてくれているのだ。

 

僕たちはもっとシンプルに生きていい。

もっとピュアに、もっと単純に、もっと自由に生きていい!

 

僕は自分の心のおもむくままに動いた。

不動産投資をすることも、会社を辞めることも、法人を設立することも、etc・・・たくさんの人が反対した。

だけど、僕は自分の心に正直に生きようと思った。

 

「人からどう思われるか?」とか「人から嫌われる」とかといったような他人軸で生きるのをやめてみたのだ。

 

単純に『自分がどっちに行ったら楽しくて、ハッピーか?』

______それを基準に選んでみた。

そういった『自分軸』で進むべき道を決めたのである。

 

その結果、僕は夢を実現することができたのである!

ぜひみなさんにも子どものようなピュアな心で人生を歩んでいってほしいと僕は思っている。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.