不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

【その選択の基準は本当に正しいの?】 僕が人生に迷ったときに優先すべきだと思うコト

2018/06/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

僕は昔から人一倍『自由に生きたい!』と考えるタイプの人間だった。

 

それは僕がひとりっ子として育ったということが大きく影響しているのかもしれない。

とにかく子どもの頃から僕は何かに拘束されたり、誰かに邪魔されたりすること死ぬほどイヤだった。

 

そうした僕の性質と、僕が今やってること(僕はアパートの大家さんをやっている)は根底のところではつながっているような気がする。

何と言っても、アパート経営は『不労所得』だ。

不労所得ということは、労力を使って働かなくてもお金が入ってくるということだ。

 

だから自由になる時間もたっぷりとある。

まさにそれは僕のような自由を愛する人間にうってつけ職業だと言える。

 

でも、この仕事は僕だからできる仕事のような気がする。

自由を愛し、それを追いかけ続けた人間だからこそ平気な顔をしていられるんだと思う。

普通の人ならきっと退屈で退屈で耐えられなくなってしまうじゃないだろうか・・・そんな気さえする。

 

もしかしたら逆に不安に苛まれて、アタマがおかしくなっちゃうかもしれない。

ある種の「罪悪感」のようなものに襲われる人もいるかもしれない。

 

だって本当に何もしなくても収入が入ってくるんだから・・・

 

スポンサーリンク

アパートの大家さんという職業は極めて特殊な職業だと思う。

世の中にはさまざまな奇妙な職業というものがあるとは思うけど、アパートの大家さんほど奇妙な職業はないのではないだろうか。

だからその奇妙さに耐えきれなくなる人が出てくるのもすごくよくわかる。

 

これは僕のような根っからの自由人向けの職業だ。

僕みたいなわがままで、無責任で、何時間でも空想にふけっていられるような変わり者タイプの人向けの職業だと思う。

万人にススメられる職業ではない!・・・と、少なくとも僕は思っている。

 

時々、「僕もあなたのようにアパートの大家さんになりたいです!」「自由に生きたいです!」といったような内容のメールをいただく。

だけど、そのたびに僕は『退屈で退屈で逆に不安になると思うから、やめといた方がいいのになぁ…』と心の中でつぶやく。

 

考えてもみて欲しい。

今まで会社のために朝から晩まで時間に追われてがむしゃらに働いてきた人が突然、年金生活者のような生活を送ることになるのだ。

きっとそのあまりの生活リズムの違いに、驚き、戸惑い、しだいに嫌気がさしてくるはずだ。

 

自由というのは、退屈ということでもあるのだ。

その退屈さにみなさんは果たして耐えられるだろうか?

おそらく耐えられる人はそんなにいないのではないだろうか・・・

 

さて、僕の方はと言うと、おかげさまでこの自由を(あるいは退屈さを)満喫した毎日を送っている。

だいたい毎日、図書館や蔦屋書店に行って本を読み、スタバでラテなんかを飲みながらブログを書いたりして1日をのんびりと過ごしている。

 

夜には家族みんなで夕食を囲み、それが終わるとジョギングをする。

そして、お風呂に入り、ベッドにもぐりこみ、好きな映画のDVDを観て、眠りにつく・・・

_____毎日はだいたいこんな感じに過ぎてゆく。

 

どうだろうか?

果たしてみなさんはこのようなライフ・スタイルに耐えられるだろうか?

きっと耐えられる人は少ないはずだ。

多くの人は「退屈で死んでしまう!」と思うことだろう。

 

はっきり言って僕は毎日をとても楽しく過ごしている!

僕はもう勤め人じゃないのだ。

好きな時に好きなことができる自由がある。

 

会社に時間を拘束されることもない。

ノルマもなければ上司からのプレッシャーもない。

職場の醜悪な人間関係とも無縁だ。

サービス残業もない。

休日出勤もない。

満員電車に揺られることもない。

接待もない。

etc・・・

 

僕の毎日はあっという間に過ぎ去ってゆく。

こんなに自由な時間があって、こんなに退屈なのにもかかわらず、僕が体感している時間の感覚は非常に短い。

だいたい毎日は「えっ、もう夕方なの?」といった具合にあっという間に過ぎ去ってゆく。

 

サラリーマンをしていた頃はこんなに時間は早くはなかった。

むしろ時間が経つのが遅くて、いつもストレスを感じていたような気がする。

 

やっぱり楽しく生きていると、時間というのは短く感じてしまうものらしい。

逆に楽しくなければ、時間というのはゆっくり流れてゆくものらしい。

 

みなさんも友人や恋人なんかと楽しい時間を過ごしていると、「え、もうこんな時間!?」とびっくりしてしまうことってあると思う。

僕の場合はそれがほぼ毎日くり返されている!

 

会社勤めをしていた頃、あんなに時間が経つのが遅く感じたのは、やっぱり楽しくなかったからだと思う。

ノルマを抱え、プレッシャーと闘い、職場の人間関係に悩み、出口のまったく見えない状態のまま来る日も来る日も同じ仕事をこなす、etc・・・

_____そんな毎日が楽しいはずがない!

 

楽しい気分でいるときの1時間と、ツラく苦しい気分でいるときの1時間とでは『体感する時間のスピード』が違うのだ。

僕が「1日があっという間に過ぎてゆく」と感じているということは、僕がそれだけ楽しんで生きているということなのだと思う。

 

実際、僕は毎日をとても楽しく過ごしている。

このような夢みたいな生活を手に入れることができたのは、僕が不動産投資(アパート経営)というものをやり始めたからだ。

あの時、リスクを取りに行かなかったら、この自由は手に入らなかった。

 

ストレス・フリーの自由な生活は、僕の精神面だけでなく、僕の外見にも良い影響を及ぼしてくれた。

脱サラ起業し、自由気ままな生活を送るようになってから、僕は会う人会う人に「前より若くなった!」と言われるようになった。

これも僕が楽しい時間を過ごしていることと無関係ではないような気がする。

 

ボブ・ディランの歌の歌詞に『あの頃の僕は今よりも歳をとっていて、今の僕はあの頃より若い』というものがある。

 

この感覚だ!

これ、すっごくよくわかる。

楽しい時間というのはあっという間に過ぎてゆく。

・・・ということは本当にその「あっという間の時間」しか生きてないんだと思う。

 

好き勝手に自由に生きてると、気持ちも若くなり、それがきっと脳とか血液とか肌とか肉体的・身体的なものにも良い影響を与えるのだと思う。

だから僕はサラリーマンをしていた頃より若く見えるのだと思う。

 

だから僕はみなさんにもぜひ心の底から「楽しい!」と思えるものを見つけてほしいと思っている。

そして、人生をエンジョイしてほしいと思っている。

 

やっぱり、楽しく生きることに叶うものはない!

仕事にしろ、恋愛にしろ、何においても、まずはこの『楽しい!』という感覚を最優先にしてほしい。

 

ワクワクしながら軽やかに生きることは、何かと生きにくい現代社会をスムーズに生きるうえにおいても非常に重要なことだ。

アタマで考えた打算的な選択よりも、心がトキメク直感の方を選択した方がいいと思う。

 

心から楽しめるものを持っている人は強い!

もしかしたら、それがいちばん大事なことかもしれない。

 

人から褒められるとか、人から認められるとか、人から「スゴイ!」と思われる_____といったような『他人軸』で生きるのはもうやめよう!

そういう理由で人生の選択というのはすべきではない。

人からどう思われようと関係なく、『自分軸』を基準に人生を選択をするようにしよう!

 

そうすればきっとみなさんの人生はもっともっと光り輝く。

楽しく、面白く、エキサイティングで、ハッピーなものになるはずだ。

そして、死の床についたときに、「ああ、オレの人生はいい人生だったなぁ・・・」と心の底から思うことができる。

 

誰かが書いたシナリオの中の登場人物の一人として生きるのではなく、自分自身が書いたシナリオの中で主役をつとめるのだ!

 

みなさんは統計の一部なんかじゃない。

だから自分自身の人生を生きよう。

自分のやりたいことをやろう。

誰に遠慮することなく、誰かのために生きるのでもなく、自分のために、自分をハッピーにさせるような人生の選択をしよう!

 

転ばぬ先の杖

備えあれば憂いなし

石橋を叩いて渡る

etc・・・

_____確かにそれも大事なことかもしれない。

だけど、未来のことに心を囚われ過ぎて、今をないがしろにしてはいけない。

 

5年先、10年、30年先のことなんか、はっきり言ってどうだっていいのだ!

いちばん重要なことは『今の状態』だ。

今、目の前にある人生を精一杯生きることだ。

 

未来はまだみなさんの元には訪れていない。

どんなに未来に成功することが約束されていたとしても、それはまだ現実のものにはなっていない。

 

喜び、感動、興奮、幸福感、そして生きてる実感、etc・・・

それらのことを心の底から感じるためには『今』に目を向けなきゃならない。

そして、『今』それを手中に収めなければならない。

 

その25年後だか、30年後だかの安心のために今、目の前にあるチャンスを無駄にしていいのか?

今、やりたいことを我慢していいのか?

それが本当に正しい選択なのか?

_____もう一度、胸に手を当てて考えてみよう。

 

日本という国では『勤勉さ』『真面目さ』といったようなものが最重要視される。

でも、本当にそれでいいのだろうか?

もちろん勤勉さや真面目さが悪いわけではない。

でも僕はそれよりももっと大切にしなきゃいけないことがあるんじゃないかな?と思っている。

 

僕にとってそれは『自由』であったり、であったりするわけなんだけど・・・

 

勤勉で、真面目に生きるということを優先させると、どうしても自分のやりたいことを引っ込めなきゃいけないことになってしまう。

 

どんなに「自由に生きたい!」と思ったとしても、勤勉で真面目な人だったら「会社に迷惑をかけるわけにはいかないしなぁ・・・」と考えて、そっちの方へ舵を切ることはできないだろう。

 

どんなに「不労所得を得たい!」と思ったとしても、勤勉で真面目な人だったら「銀行から何億円も借金をすることなんて絶対にできないよなぁ・・・」と考えて、そっちの方へ舵を切ることができないだろう。

 

僕は幸か不幸か、勉強も落ちこぼれだったし、サラリーマンとしても優秀ではなかった。

だから、どこかで『人と違うこと』をやって勝負に出る必要があった。

 

飛躍するためには、リスクをおかす必要があった。

普通のことをしていたんじゃ、いつまで経ってもそこから這い上がれない。

勝利を収めるためには、みんなと違う選択をしなければならない!

 

結果的に、その選択が僕の人生を大きく変えるきっかけとなった。

 

だから僕は未だにまわりから白い目で見られる。

そりゃそうだ!

僕は勤勉さを捨てたのだ。

真面目さを捨てたのだ。

多くの人が選択する道とは違う道を選択したのだ。

数奇な目で見られても当然だ!

 

だけど、それと引き換えに僕はたくさんのものを得ることに成功した。

いちばんの収穫は子どもの頃からずっと求めてきたもの_____そう、『自由な時間』だ!

 

このいちばん欲しかった自由な時間が得られるのなら、僕はどんなに人から変わり者扱いされたって構やしない。

 

心がトキメク方へ・・・

心の底から「楽しい!」と感じられる方へ・・・

 

みなさんもそちらの方を選択してみてはどうだろうか!

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.