[おススメ映画] 『Dolls ドールズ』(2002)

      2018/04/06

映画『Dolls ドールズ』を観た僕の感想(レビュー)

北野武監督作品の中でもかなり異色の作品だと思う。

離れられない『運命の赤い糸』によって結ばれた3組の男女が登場するのだが、そのどれもが美しいと同時に悲しい・・・

 

これは映画ジャンル的には間違いなく「恋愛映画」に属する作品だが、そこは北野武監督のことだ、よくある普通の恋愛映画を撮るはずがない。

ぜひとも大切に想ってる人と、あるいは大切な人を思い浮かべながら観てほしい。

 

特に圧巻なのは菅野美穂と西島秀俊の演技!

そしてその二人をカップルの衣装を圧倒的な美しさでデザインした山本耀司!

 

たけし自身も山本耀司の衣装デザインがあまりにも素晴らしかったので「その衣装に合わせた形の映画にしようと思った」と語っている。

それくらい素晴らしい衣装なので、そこにも注目してほしい。

 

北野武の恋愛映画としては『あの夏いちばん静かな海』(1991)という素晴らしい作品があるのだが、北野監督にはもっともっと恋愛映画を撮ってほしい。

どの映画も恋愛映画の枠をはるかに飛び越えたユニークな作品をつくってくれている。

 

この映画の中に登場する3組のカップルは世間一般的には「まともじゃない」と思われるような人たちだ。

しかし本当に人を愛することって、どこか狂気の領域に足を踏み入れることなのかもしれない。

 

「恋は盲目」とよく言われるが、数少ない自身の恋愛経験を振り返ってみても確かに『ちょっとおかしくなっていた・・・』

ところもあったような気がする。

 

ただ菅野美穂と西島秀俊がどんどん破滅へと向かってゆく様は、観ていて本当に痛々しくなってくる・・・

この辺りの『滅びの美学』も実に日本的だ。

 

しかしこの『Dolls ドールズ』という映画、なんとロシアでロングランの大ヒットとなったというから驚きだ!

 

スポンサーリンク

『Dolls ドールズ』を観た人の感想

 

 

 

 

 

映画『Dolls ドールズ』DVD

映画『Dolls ドールズ』Blu-ray

映画『Dolls ドールズ』サントラ

イチオシの動画配信サービスはやっぱり、Amazonプライムビデオ!!

Amazonプライムビデオ』はAmazonプライムの会員なると利用することができる動画配信サービスだ。

Amazonプライム会員の年会費は3,900円。

月額たったの325円でこれだけのサービスを楽しむことができるのだから、これはかなりリーズナブルな値段と言えるだろう!

 

月額325円さえ払えば、Amazonプライムビデオの中にある映画やドラマを無料で楽しむことができる。

映画好きなら普段ゲオやTSUTAYAなどでかなりの枚数のレンタルをしていることだろう。

その金額は結構な額になっているはずだ・・・

 

Amazonプライムビデオは普段使っているパソコンやスマホから映画やドラマを観ることができる。

だからベッドに寝転がりながらパソコンで映画やドラマを楽しめるのだ!

 

レンタルDVDのはじまる前の他の映画の予告編もない。

またAmazonプライム会員ならば「続きを観る」をクリックすれば、前回途中で再生を止めたとしてもその止めた場面からすぐに再生されるからさらに便利だ!

 

 

▼ Amazonプライムビデオの詳細は、下記公式ホームページからどうぞ

 

自宅のテレビでもAmazonプライムビデオを楽しむことができる

もしもパソコンからだけでなく、自宅にあるテレビの大画面でAmazonプライムビデオを楽しみたい場合はFire TV Stickというアイテムを使えばOKだ!

 

このFire TV Stickのすごいところは持ち運びが可能なところ。

ホテル、友人宅、出張などいろいろなところスティックを持っていき、そこにあるテレビに繋げば簡単にAmazonプライムビデオのコンテンツを楽しむことができるのだ!

 

しかもこのFire TV Stickは他の動画配信サービスにも対応している。

だからもしもみなさんがHuluやNetflixのユーザーだったとしても、このFire TV Stickがあればテレビでコンテンツで楽しむことができるのだ!

 

Fire TV Stick (New モデル)
by カエレバ

 

 

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

 - 映画 , ,