不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

おススメ映画『Dolls ドールズ』(2002)について

2018/11/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

映画『Dolls ドールズ』解説

北野武監督作品で、キタノ映画初のオムニバス形式の作品となっている。

3組の男女が悲恋を日本の四季折々の美しい映像と共に見せてゆく。

山本耀司による衣装も話題になった。

第59回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門正式出品作。

キャッチコピーは「あなたに、ここに、いてほしい。

 

スポンサーリンク

 

映画『Dolls ドールズ』あらすじ

結婚を約束していた佐和子(菅野美穂)を裏切り、社長令嬢と結婚した松本(西島秀俊)は自責の念にかられる。

佐和子は精神を病み、自殺を図ってしまう。

そのことを知った松本は佐和子を病院から連れ出し、そこから二人の愛の逃避行がはじまる。

人気アイドルの春奈(深田恭子)は交通事故に遭い、片目を失ってしまう。

そのことを知った工事現場で働く春奈の熱狂的なファンの温位(武重勉)は、春奈と苦しみを共有しようとカッターナイフで自らの目を刺してしまう。

公園のベンチでお弁当を抱えて来るはずの昔の恋人を待ち続ける初老の女性、良子(松原智恵子)。

彼女はかつて愛したヤクザの親分(三橋 達也)を待ち続けていた・・・

 

スポンサーリンク

 

映画『Dolls ドールズ』キャスト

  • 佐和子 : 菅野美穂
  • 松本 : 西島秀俊
  • 親分 : 三橋達也、津田寛治(若い頃)
  • 良子 : 松原智恵子、大家由祐子(若い頃)
  • 春奈 : 深田恭子
  • 温井 : 武重勉
  • 兄弟分の息子 : ホーキング青山
  • 松本の父 : 清水章吾
  • 松本の母 : 金沢碧
  • 松本の同僚 : 大森南朋
  • 松本の友達 : 大塚よしたか
  • 佐和子の父 : 野村信次
  • 佐和子の母 : 中村万里
  • 佐和子の友達 : 西尾まり、矢川純一郎
  • 春奈の母 : 吉沢京子
  • 春奈の叔母 : 岸本加世子
  • 春奈のマネージャー : 大杉漣
  • 青木 : アル北郷
  • 梅川 : 吉田蓑太郎(現・桐竹勘十郎)
  • 忠兵衛 : 吉田玉女
  • 大夫 : 豊竹嶋大夫
  • 三味線 : 鶴澤清介
  • 小学生 : 菅大輝
  • 殺し屋 : ガンビーノ小林、モロ師岡
  • ヤクザ : 桐生康詩(現・桐生コウジ)

 

スポンサーリンク

 

映画『Dolls ドールズ』スタッフ

  • 監督:北野武
  • 脚本:北野武
  • 音楽:久石譲
  • 撮影:柳島克己
  • 配給:オフィス北野/松竹
  • 公開:2002年10月12日
  • 上映時間:113分

 

スポンサーリンク

 

映画『Dolls ドールズ』受賞等

  • 第59回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門正式出品作
  • ダマスカス国際映画祭・最優秀作品賞
  • 第4回文化庁優秀映画賞・長編映画部門優秀映画賞
  • 第12回東京スポーツ映画大賞・作品賞・助演女優賞(菅野美穂)

 

スポンサーリンク

 

映画『Dolls ドールズ』を観た僕の感想(レビュー)

北野武監督作品の中でもかなり異色の作品だと思う。

離れられない『運命の赤い糸』によって結ばれた3組の男女が登場するのだが、そのどれもが美しいと同時に悲しい・・・

 

これは映画ジャンル的には間違いなく「恋愛映画」に属する作品だが、そこは北野武監督のことだ、よくある普通の恋愛映画を撮るはずがない。

ぜひとも大切に想ってる人と、あるいは大切な人を思い浮かべながら観てほしい。

 

特に圧巻なのは菅野美穂と西島秀俊の演技!

そして、その二人をカップルの衣装を圧倒的な美しさでデザインした山本耀司!

 

たけし自身も山本耀司の衣装デザインがあまりにも素晴らしかったので「その衣装に合わせた形の映画にしようと思った」と語っている。

それくらい素晴らしい衣装なので、そこにも注目してほしい。

 

北野武の恋愛映画としては『あの夏いちばん静かな海』(1991)という素晴らしい作品があるのだが、北野監督にはもっともっと恋愛映画を撮ってほしい。

どの映画も普通の恋愛映画の枠をはるかに飛び越えたユニークな作品をつくってくれている。

 

この映画の中に登場する3組のカップルは世間一般的には「まともじゃない」と思われるような人たちだ。

しかし本当に人を愛することって、どこか狂気の領域に足を踏み入れることなのかもしれない。

 

「恋は盲目」とよく言われるが、数少ない自身の恋愛経験を振り返ってみても確かに『ちょっとおかしくなっていた・・・』

ところもあったような気がする。

 

ただ菅野美穂と西島秀俊がどんどん破滅へと向かってゆく様は、観ていて本当に痛々しくなってくる・・・

この辺りの『滅びの美学』も実に日本的だ。

 

しかしこの『Dolls ドールズ』という映画、なんとロシアでロングランの大ヒットとなったというから驚きだ!

 

スポンサーリンク

 

映画『Dolls ドールズ』関連商品

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.