北海道で不動産投資(5棟74室+月極Pを運営中!)をしながら自由気ままなセミリタイア生活を送る映画好き大家さんのブログ。

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

 

オススメ映画『カメラを止めるな!』(2018年)について

2019/01/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

 

スポンサーリンク

 

『カメラを止めるな!』解説

2018年に公開され、日本じゅうに一大センセーションを巻き起こした歴史的な作品。

超低予算・無名の役者だけで製作された映画であるにも関わらず、SNSや口コミなどによって徐々に評判が広がり、最終的には全国300館以上で上映される異例の大ヒットを記録した。

もともと専門学校「ENBUセミナーる」のシネマプロジェクトの第7弾ムービーとして制作された。

監督・脚本をつとめたのはほとんど無名の上田慎一郎。

ゾンビ映画を撮影中に本物のゾンビに襲われるという映画冒頭のシーンが37分という映画史上に残る長回しで撮影されたことも話題になった。

累計興行収入は21億円以上を稼ぎ出している。

スポンサーリンク

 

映画『カメラを止めるな!』あらすじ

田舎の山奥でゾンビ映画を撮影していた映画スタッフたち。

監督の日暮(濱津隆之)は役者たちを怒鳴りつけ、何度もテイクを重ねていた。

そんな時、ゾンビ映画を撮影していたクルーたちが本物のゾンビに襲われはじめる。

しかし、監督はカメラを止めようとはせず、現場を騒然としはじまる・・・・

スポンサーリンク

 

映画『カメラを止めるな!』キャスト

  • 日暮隆之:濱津隆之
  • 日暮真央:真魚
  • 日暮晴美:しゅはまはるみ
  • 松本逢花:秋山ゆずき
  • 神谷和明:長屋和彰
  • 細田学:細井学
  • 山ノ内洋:市原洋
  • 山越俊助:山﨑俊太郎
  • 古沢真一郎:大沢真一郎
  • 笹原芳子:竹原芳子
  • 吉野美紀:吉田美紀
  • 黒岡大吾:イワゴウサトシ
  • 相田舞:高橋恭子
  • 温水栞:生見司織

スポンサーリンク

 

映画『カメラを止めるな!』スタッフ

  • 監督・脚本・編集:上田慎一郎
  • 撮影・空撮:曽根剛
  • 撮影助手:高橋基史
  • 録音:古茂田耕吉
  • 助監督:中泉裕矢
  • 特殊造形・特殊メイク:下畑和秀
  • 特殊造形助手:中村夏純
  • ヘアメイク:平林純子
  • ヘアメイク助手:山口友香、大貫茉央、小野さらさ
  • 衣装・タイトルロゴ :ふくだみゆき
  • 制作:吉田幸之助[注 13]
  • 音楽:永井カイル(ZIPANG ENTART)
  • 主題歌・メインテーマ作曲:鈴木伸宏&伊藤翔磨
  • エンディング曲:「Keep Rolling」山本真由美
  • 配給:アスミック・エース=ENBU ゼミナール
  • 公開:2018年6月23日(日本)
  • 上映時間:96分

スポンサーリンク

 

映画『カメラを止めるな!』受賞等

  • ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018:ゆうばりファンタランド大賞 (観客賞)
  • 第10回TAMA映画賞:特別賞
  • ファンタスポア2018:インターナショナルコンペ部門 最優秀作品賞
  • 第22回富川国際ファンタスティック映画祭:ヨーロッパ審査員特別賞
  • 第22回ファンタジア国際映画祭:審査員特別賞
  • ロサンゼルス日本映画祭2018:最優秀賞作品賞 (Best Picture)
  • MOTEL/X リスボン国際ホラー映画祭2018:観客賞
  • ファンタスティック・フェスト2018:ホラー部門 最優秀監督賞、観客賞
  • カメラジャパン・フェスティバル2018:観客賞
  • 第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭:Blogos de Oro賞 特別賞
  • TOHorror映画祭2018:長編部門 最優秀作品賞、長編部門 観客賞

スポンサーリンク

 

映画『カメラを止めるな!』を観た僕の感想(レビュー)

あんまり重要じゃない細かい部分なんだけど、個人的には細井学 さんが演じた役名がちょっとおもしろくて、一人で吹き出しそうになっちゃった笑

一応、伏せておくけど。

誰も話題にしてないんだけど、なんかウケちゃった笑

 

この映画を観て僕は『桐島』と『スーパー8』を思い出した。

この3作品は共に「ゾンビ映画を作ってる」という設定が同じだ。

そして映画のテーマも同じだと僕は思っている。

それはお母さんが言ったこのセリフに集約されてる。

 

自分を忘れるくらい夢中になれるものを探している

 

僕がいちばん感動したのはエンドロールが流れるラスト。

J・J・エイブラムスの『SUPER8』もエンドロールで泣いた。

 

なぜそこに感動があるのか?

それは『モノを作ることに対する真摯な態度とピュアな喜び』があるからだ。

何かに真剣に取り組んでいる人の姿はとても感動的だ。

 

日本の映画界はプロダクションの力が強く、役者陣も監督をはじめ作り手側にあれこれモノを言えるらしい。

それでも作り手側は『決して忘れてはいけない最後のプライド』のようなものがあるはずだ。

普通取り上げられることのないそのことが描かれていたことが感動的だった!

 

巨匠ジョージ・A・ロメロは言うまでもないことなんだけど、フランク・ダラボンの『ウォーキング・デッド』からの影響も随所に感じられた。

僕は『ウォーキング〜』にどハマりしたんだけど、いたるところにオマージュが感じられた。

まあ、制作費は100,000倍ぐらい違うんだけどね。

 

カメ止め観て一目惚れしてしまった高橋恭子さんという女優さんのこと検索してもほとんど何も出てこない…

でもそのミステリアスなところがまたイイ。

「高橋恭子」という同級生にもいそうなごくありふれた普通の名前がまたイイ。

 

カネ止め観て誰もが気になったであろう人がテレビ局のプロデューサー役のおばちゃん。

この顔のインパクトはスゴイものがあった。

でもそれって役者にとって最大の武器になると思う。

これからいろんな映画やドラマに出てきそうな予感がする。

それにしてもすごいインパクトだよな。

 

この『カメラを止めるな!』というタイトルは絶妙だ。

自分の中からどうしようもなく湧き上がってくるものを表現すること。

それが芸術、それが作品。

それは商品ではない!

 

クリエーターが会議室に集まって「こんな風にした売れるんじゃね?」といった具合に作ったモノじゃない。

僕の好きな映画『いまを生きる』に「なぜ詩を書くのか?」について生徒に語る場面がある。

 

詩を書くのはそれがカッコイイからではない。

ビーチに行って女の子にバイロンの詩を朗読してもモテない。

そこに”情熱”があるからだ! 

情熱こそが僕たちが生きる理由ではないのか?

 

『カメラを止めるな!』という素晴らしい映画を観て、このセリフを思い出した。

スポンサーリンク

 

映画『カメラを止めるな!』のトリビア

  • 本作にはあっと驚く大どんでん返しがある内容なので普通の映画よりも「ネタバレ厳禁」という制約が設けられた。だが、その「人に話したくても話せない」というミステリアス性が逆に人々の興味を引いたと言われている
  • また当初は全国ロードショー作品ではなかったために、「観たくても観られない」という飢餓感もあった。このこともヒットの要因となったと言われている
  • AKBの指原志乃、新海誠、カンニングの竹山、品川祐、IMARU、田村淳、スピードワゴンの小沢といったたくさんの芸能人が大絶賛したこともヒットに結びついたと言われている

スポンサーリンク

 

映画『カメラを止めるな!』はAmazonプライム・ビデオでも観れます

 

>>>Amazonプライム・ビデオ(今なら1ヶ月の無料体験ができるよ!)

スポンサーリンク

 

Amazonプライム会員になると得られる13コのメリット

 

  1. 月額たったの325円という驚きの安さ(学生の場合は200円!)
  2. Amazonからの配送料が無料になる
  3. お急ぎ便や日時指定便も無料になる
  4. Amazonプライム・ビデオ内の約3万点の映画やドラマが見放題になる
  5. 『ドキュメンタル』や『バチェラー・ジャパン』などのオリジナル・コンテンツが観れるようになる
  6. PrimeMusic内の100万曲の音楽が聴き放題になる
  7. PrimeReadingに登録された電子書籍が読み放題になる
  8. Kindleが4,000円引きで購入できる
  9. Kindle本が毎月1冊無料で読める
  10. Amazonパントリーで日用品をダンボール買い(まとめ買い)ができるようになる
  11. 月に1度開催される超特価セール、プライムデーに参加できる
  12. 生鮮食品を届けるサービス、Amazonフレッシュを利用できるようになる
  13. 30日以内の試着なら無料で返品できる、Amazon Fashionの配送料が無料になる

 

>>>Amazonプライム(今なら1ヶ月の無料体験ができるよ!)

スポンサーリンク

 

よく一緒に購入されている商品

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.