不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

夢を追いかけるなら捨てなきゃならないものがある!という話

2018/10/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

お笑い芸人や役者を目指してる人でバイトをしている人は多い。

なぜ彼らはバイトをしているのだろう?

 

言うまでもなく、それはお笑いや役者だけの稼ぎだけでは食えないからだ。

だから生活費を稼ぐためにバイトをしている。

 

でも彼らはそういう生活を苦しいと思っているだろうか?

僕はあまり「苦しい」とは思っていないんじゃないかと思っている。

少なくとも、ごく普通に働き、給料をもらってはいるものの「生活がカツカツ」という人よりは苦しいとは感じてないような気がする。

 

それは彼らが鈍感だからじゃない。

経済観念がないからではない。

 

彼らには夢がある!

 

有名になって、テレビに出て、お金がいっぱい入ってきて、女性にモテて、etc・・・

そういう夢(あるいは理想)に向かって彼らは生きているのだ。

 

だから、その他の部分というのはあまり重要なことではないのだ。

もっと重要視しなければいけないことが他にあるから・・・

 

彼らにとっての日常というのは、言わば「夢の途中にあるもの」でしかないのだ。

それはプライオリティの二番目三番目に位置していることなのだ。

 

僕も夢追い人だったからよくわかる。

夢を追いかけている人にとって、日常というのはそれほど重要なことではない。

 

ましてや生活費だとか、世間体とか、老後のこととか、年金とかといったものは、はっきり言ってどうでもいいことなのだ。

それよりももっと重要なことがある。

 

夢を追いかける生き方とはつまり、究極的にはそういうことなのだ。

 

 

スポンサーリンク

夢を叶えることとお金を得ること

バイトをして入ってくるお金は、単なる生活費に過ぎない。

生活をするためにはお金は必要だ。

 

だけど、それは重要ではない。

重要なことはもっと他にあるのだ。

 

別にバイトをするために生きてるわけじゃない。

バイトは『不足分』を埋めるためにやってるだけのことだ。

 

____僕はこの感覚、すっごくよくわかる。

そして、これってとても大切なことだと思っている。

 

とくに本気で実現したい夢がある人にとっては、こういう感覚を持っておいた方がいいような気がする。

こういう生活をしている人はお金に振り回されていない人だ。

お金のために生きてるわけではないのだ。

 

もちろん、これは「お金が嫌い」という意味ではない。

『将来、お金持ちになりたい』というお金大好きな人にとっても、お金のためだけに生きる生き方はとても危険だ。

 

お金のためだけに生きるのならば、働けばいい。

働けばお金は入ってくる。

「将来、フジ・ロックのメインステージに立つ!」なんてバカげた夢を追いかけなければ、会社のために働いてサラリーをもらってさえいればお金は入ってくる。

 

でも夢を追いかけてる人(そういう人は一定数の割合でいる)にとって、そういう生き方は地獄以外の何ものでもないのだ。

 

お金はほしい。

だけどお金を得ることに魂は売らない。

お金を得ることに自分の人生を捧げたくない。

 

お金は夢の実現とワンセットで得られるものなのだ!

 

スポンサーリンク

 

生活費を稼ぐために働くという生き方

今、多くの人がお金のことで悩んでいる。

どんなに出世しても、どんなに年収がUPしてもお金の不安が消えることはない。

誰もが羨むような東証一部上場企業に勤めてる人でさえお金の不安を抱えていたりするくらいなのだ。

 

多くの人はお金を得るために毎日を生きている。

一生懸命働いて会社から給料やボーナスをもらわなければ生活してゆくことができないのだ。

 

別にその仕事が好きなわけではない。

勤めている会社のことが大好きで大好きでたまらない!というわけでもない。

どちらかと言えば、会社も嫌いだし、仕事も嫌いだし、そこで働いてる人たちのことも嫌いだ。

 

でも会社を辞めるわけにもいかない。

今更、キャリアを全部放り投げて、お笑い芸人を目指すわけにもいかない。

 

役者を志す訳にもいかない。

ロック・バンドを結成する訳にも行かない。

だから、「つまらない仕事だなぁ・・・」と内心思っていたとしても、歯を食いしばって毎日仕事をしている。

 

満員電車にも耐えている。

サービス残業にも耐えている。

休日出勤もいとわない。

くだらない会社の飲み会にも付き合っている。

アホみたいな取引先の連中の接待にも付き合っている。

 

すべては給料やボーナスのためなのだ。

そのお金で生活していかなければならないのだ。

そのお金で家族を養っていかなければならないのだ。

そのお金で住宅ローンを払っていかなければならないのだ。

 

収入が途絶えたら、大変だ。

家族を路頭に迷わせることになる。

だから人生のすべてを仕事に捧げている。

ほとんどすべての時間を会社で働くことに費やしている。

 

____こういうサラリーマンの人って、非常に多いのではないだろうか?

 

こういう人と、夢を追いかけながらバイトをしている人とはいったい何が違うのだろうか?

どちらも「生活費を稼ぐために働いてる」という点では一致している。

だけど、何かが決定的に違う。

 

さて、それはいったい何だろうか?

 

スポンサーリンク

 

僕は夢に向かって突き進んだ

僕は人生のある時点で大きな大きな『決断』をした。

もうこれからは好きなことをやって生きていこう!と思った。

 

だから僕は不動産投資をはじめた。

そして38歳のときに脱サラした。

銀行から何億円という借金をした。

それはほとんど自殺行為に近いものがあった。

 

僕はもう40歳を目前に控えていた。

結婚もし、子どももいた。

住宅ローンも抱えていた。

 

そういう状態であるにもかかわらず、僕はキャリアを全部捨て去り、投資の世界に飛び込んだのだ。

今から考えれば、それはとんでもない決断だった。

 

まわりからも散々「バカだ」「マヌケだ」「狂ってる」と言われた。

僕自身もまったくその通りだと思っている。

 

僕はバカで、マヌケで、狂っていた。

だけど僕がバカで、マヌケで、狂っていたから良かった!とも思っている。

 

これがもしも僕がマトモであったのなら、とてもじゃないがそんな大それた決断はできなかったはずだ。

 

僕は自由に、好き勝手に、わがままに生きたいと思った。

残りの人生、好きなことだけやって生きていきたいと思った。

そのためには『サラリーマン』という立場を捨てなければならなかった。

会社に時間を拘束されたままでは自由に好きなことだけやって生きることはできない。

 

でも会社を辞めると、サラリーが入ってこない。

サラリーが入ってこなくなると、生活ができない。

だからサラリーに代わるものを見つけてこなければならない。

会社という後ろ盾を失ってもメシを食っていけるようにならなければならない。

 

それでいろいろ試行錯誤した結果、僕はというものを発見した。

アパートの大家さんになって、家賃収入を得るのだ。

 

そうすれば、その家賃収入が会社からの給料の代わりになる。

サラリーマンをやらなくても、家族を養ってゆくことができる。

 

そういう生活は僕にとって『夢』だった。

『理想』だった。

 

お笑い芸人を目指す人、俳優を目指す人、ミュージシャンを目指す人、アイドルを目指す人、小説家を目指す人、etc・・・

そういう人たちと僕はまったく同じ人種だった。

 

そういう人たちは、「生活費を稼ぐために働く」という生き方ができない人たちだ。

そういう人たちにとって夢は何よりも大事なことなのだ。

 

それは「安定」よりも優先すべきことなのだ。

それは「福利厚生」「源泉徴収」よりも優先しなきゃいけないことなのだ。

 

スポンサーリンク

 

夢を実現させるためには犠牲にしなきゃいけないものがある

年功序列だろうが、終身雇用だろうが、そんなことはどうだっていいことなのだ。

夢を実現させることに比べたら、それ以外のことはすべて霞んでしまう・・・

 

そういう人はアウトサイダーだ。

まわりから「白い目」で見られる存在だ。

 

おそらくお笑い芸人を目指してる人も、ロック・ミュージシャンを目指してる人も、きっとまわりからいろいろと言われてることだろう。

「いい加減に目を覚ませよ!」「いつまでもそんな夢みたいなこと言ってんじゃないよ!」____なんて言われてるはずだ。

 

だけど、僕らはそんなこと全然、意に介さない。

僕らはそういう人種なのだ!

 

そして(ごく稀にではあるけれど)、そういう生き方をする人の中で本当に夢を実現させてしまう人がいる。

「絶対に実現不可能だ!」と言われてたことを実現させてしまう人が現れる。

 

さて、みなさんはどうだろうか?

キャリアとか、出世とか、福利厚生とか、東証一部上場とか、そういったものを全部吹っ飛ばして自分の夢を優先させる生き方ができるだろうか?

 

その夢を実現させるためには大きな犠牲を払わなければならない。

大きなリスクを背負わなければならない。

 

僕は銀行から何億円もの借金をした。

それは誰がどう考えても大きなリスクだ。

 

僕だって別に借金が好きなわけではない。

借金がどれほど恐ろしいものであるか・・・一応はわかっているつもりだ。

 

だけど、何かを手に入れるためには何かを犠牲にしなければならないのだ。

大きなリターンを得るためには大きなリスクを取りに行かなければならないのだ。

 

スポンサーリンク

 

夢はタダでは手に入らない

ただ黙って指をくわえて見てるだけでは、夢は実現しない。

やっぱり、何か行動(アクション)を起こさなければ、何もはじまらないのだ。

 

そして、僕は夢を実現させた。

38歳のときに脱サラ起業し、セミリタイア生活を手に入れたのだ。

もしもあの時、決断をしなければ、それは手に入れることができなかった。

 

大きな犠牲・大きなリスクと引き換えに、夢や理想を取るか?

大きな犠牲・大きなリスクを背負わない代わりに、夢や理想をあきらめるか?

 

さて、みなさんはどっちを選ぶだろう・・・?

 

40数年間生きてきて、いろんな人を見てきた。

僕の友人たちもみんなすっかりおじさんになり、おばさんになってしまった。

 

それではっきりわかったことがある。

夢を実現させることができなかった人は皆、例外なく何もリスクをおかしてないし、何も差し出していない。

ずっと安全地帯にいて自分の人生に「何かが起きる」のをただじっと待っている・・・

 

人生の先輩として若者たちに僕が何か言えることがあるとすれば、夢はタダでは手に入らないということだ。

夢を追いかけるなら、捨てちまわなきゃならないものがあるということだ!

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.