不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

オススメ映画 『ドライヴ』(2011)について

2018/11/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

映画『ドライヴ』解説

昼間はスタントマンとして、夜は逃がし屋という2つの顔を持つ謎の男、ドライバーの姿をクールに描くクライム・サスペンス。

原作はジェイムズ・サリスの同名小説。

主演は『ラ・ラ・ランド』『ブルー・バレンタイン』などで知られるライアン・ゴズリング。

公開と同時に世界じゅうの評論家や映画ファンのあいだで大絶賛の嵐を巻き起こし、今でも根強い人気を誇っている。

監督はデンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフンで、本作で第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した。

 

スポンサーリンク

 

 

映画『ドライヴ』あらすじ

昼間はスタントマン、夜は逃がし屋をやっている謎の男、ドライバー(ライアン・ゴズリング)。

ふとしたきっけで彼は同じアパートに暮らすアイリーン(キャリー・マリガン)とその子供と親しくなる。

ただ彼女にはスタンダード(オスカー・アイザック)という夫がいて、服役が終了したばかりで家に帰ってきていた。

ところがある日、スタンダードが駐車場で血まみれで倒れているのをドライバーは発見する。

そこから犯罪組織との血で血を洗う抗争へと発展。

ドライバーはアイリーンと子どもを守るためにたった一人で犯罪組織に立ち向かってゆく・・・

 

スポンサーリンク

 

 

映画『ドライヴ』キャスト

  • ドライバー : ライアン・ゴズリング
  • アイリーン : キャリー・マリガン
  • シャノン:ブライアン・クランストン
  • バーニー・ローズ :アルバート・ブルックス
  • スタンダード・ガブリエル: オスカー・アイザック
  • ブランチ:クリスティーナ・ヘンドリックス
  • ニーノ :ロン・パールマン
  • ベニッシオ :カーデン・レオシュ
  • タンスーツの殺し屋 :ジェフ・ウルフ
  • クック:ジェームズ・ビベリー
  • 闇医者: ラス・タンブリン
  • ストリッパー :アンディ・サン・ディマス

 

 

スポンサーリンク

 

 

映画『ドライヴ』スタッフ

  • 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
  • 脚本:ホセイン・アミニ
  • 原作:ジェイムズ・サリスDrive
  • 製作:マーク・プラット、アダム・シーゲル、ジジ・プリッツカー、ミシェル・リトヴァク、ジョン・パレルモ
  • 製作総指揮:デヴィッド・ランカスター、ゲイリー・マイケル・ウォルターズ、ビル・リシャック、リンダ・マクドナフ、ジェフリー・ストット、ピーター・シュレッセル
  • 音楽:クリフ・マルティネス
  • 撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
  • 配給:フィルム・ディストリクト(アメリカ)、クロックワークス(日本)
  • 公開:2011年9月16日(アメリカ)、2012年3月31日(日本)
  • 上映時間:100分

 

スポンサーリンク

 

 

映画『ドライヴ』受賞等

  • カンヌ国際映画祭:監督賞
  • ニューヨーク映画批評家協会賞:助演男優賞(アルバート・ブルックス)
  • 全米映画批評家協会賞:助演男優賞(アルバート・ブルックス)
  • ボストン映画批評家協会賞:助演男優賞(アルバート・ブルックス)、音響賞
  • 放送映画批評家協会賞:アクション映画賞
  • サテライト賞:映画主演男優賞、映画助演男優賞、監督賞、音響賞
  • サンディエゴ映画批評家協会賞:監督賞

ほか多数

 

スポンサーリンク

 

映画『ドライヴ』を観た僕の感想(レビュー)

この映画は非常に不思議な映画だ。

激しさと静けさ、ロマンティックと暴力____そういった2つの相反するものが雑妙にからまり合い、他に類を見ない作品となった。

 

主人公のドライバーを演じるのは『ララランド』や『ブルー・バレンタイン』などで知られるライアン・ゴズリング

 

この男、何から何まで謎めいている・・・

そもそも名前がない。

映画のクレジットでもただ「ドライバー」としか出てこない。

 

ほとんど喋らない。

いつもひとりぼっち。

寡黙で穏やかで、一見すると「感じのいいクールな青年」といった印象を受ける。

 

ところが、いざとなったら誰よりも暴力的になり、残酷なまでに相手を叩きのめす狂気も兼ね備えている。

このドライバーの不思議なキャラがそのままこのドライヴ』という映画の「つかみどころのなさ」とリンクしているのだ。

 

ライアン・ゴズリングは隣に引っ越してきた人妻キャリー・マリガンに恋をする。

しかし、その二人の出会いは危険極まりない事件へと発展してゆくことになる・・・

 

事件はだんだんとシリアスな方向へと舵を切ってゆく。

一気に血生臭くなり、ドライバーも人妻も、「いつどうなるかわからない」というシリアスな状況に追い込まれてゆく。

 

それと同時にドライバーと人妻の距離もだんだん近づいてゆく。

そして、最高にロマンティックな場面のあとに突如として訪れる『最高に暴力的な場面』こそがこの映画の最大の見せ場だ。

 

クールでありながら、美しく、それでいてどこまでも残酷で、ロマンティック・・・

北野武のいくつかの作品にもそのような空気を感じることがある。

 

よくあるクライム・サスペンス映画だと思って見始めると、肩透かしを食らうかもしれない。

それだけに初回は「え、何コレ?」という印象を受けるかもしれない。

 

でもきっと見終わった後はまた見たくなると思う。

 

この映画の持つ独特の緊張感とロマンティシズム、そしてライアン・ゴズリング演じるドライバーという不思議なキャラクターにきっと魅せられると思う。

クールなテクノ・ポップ満載の音楽もサイコーにカッコいいぞ!

 

スポンサーリンク

 

映画『ドライヴ』関連商品

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.