不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

オススメ映画『アヒルと鴨のコインロッカー』(2006)について

2018/11/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

『アヒルと鴨のコインロッカー』解説

伊坂幸太郎の同名小説の映画化。

ボブ・ディランの『風に吹かれて』がテーマ・ソングに選ばれ、劇中くり返し流される構成になっている。

コメディ、ミステリー、青春ものなどいろいろな要素が複雑に絡み合いながら物語は展開してゆく。

映画のロケはすべて仙台を中心にした宮城県で行われた。

公開から随分時間が経っているが、徐々に評価が高まり、今では『歴代邦画ランキング』の常連になるほどの人気のある作品になっている。

 

スポンサーリンク

 

 

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』あらすじ

大学進学のために仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は、アパートのとなりの部屋に住む河﨑という謎の人物(瑛太)と親しくなる。

河﨑は椎名に「ブータン人留学生に広辞苑を贈るために本屋を襲わないか」と持ちかける。

椎名は河﨑に半ば強引に誘われ、モデルガンを手に書店に向かう。

物語は2年前に起きた「ある事件」に焦点が当たってゆく。

その事件にもブータン人留学生がからんでいた・・・

 

スポンサーリンク

 

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』キャスト

  • 椎名: 濱田岳
  • 河﨑: 瑛太
  • トルジ: 田村圭生
  • 琴美: 関めぐみ
  • 謎の男: 松田龍平
  • 麗子: 大塚寧々
  • 椎名の父: なぎら健壱
  • 椎名の母:キムラ緑子
  • 関西弁の学生: 藤島陸八
  • 免許のない学生: 岡田将生
  • ペット殺し・江尻: 関暁夫(ハローバイバイ)
  • ペット殺し・男: 杉山英一郎
  • ペット殺し・女: 東真彌
  • バスの運転手: 眞島秀和
  • 犬がほしい女: 野村恵里
  • 仙台弁の書店員:平田薫

 

スポンサーリンク

 

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』スタッフ

  • 監督・脚本:中村義洋
  • 原作:伊坂幸太郎
  • 脚本:鈴木謙一
  • 撮影:小松高志
  • 照明:松岡泰彦
  • 音楽:菊池幸夫
  • 製作 – 「アヒルと鴨のコインロッカー」製作委員会(アミューズソフトエンタテインメント、スカパー・ウェルシンク、デスペラード、ダブ、読売広告社、東日本放送、河北新報社)
  • 配給:ザナドゥー
  • 劇中歌:「風に吹かれて」(ボブ・ディラン)
  • 公開:2007年6月23日
  • 上映時間:110分

 

スポンサーリンク

 

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』受賞等

  • 新藤兼人賞2007 金賞(中村義洋)

 

スポンサーリンク

 

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』を観た僕の感想(レビュー)

人気作家、伊坂幸太郎の小説を映画化した本作。

個人的には『ゴールデン・スランバー』『重力ピエロ』など伊坂作品の映画化はいろいろ観ているが、どれもおもしろくてよく出来ていると思う。

 

僕はボブ・ディランも大好きなので、とにかく劇中で『風に吹かれて』をフィーチャーしてくれて嬉しかった。

 

アヒルと鴨のコインロッカーという不思議なタイトルは最初「何かな?」と思っていたけれど、ちゃんと意味があった。

作品の中でも触れられてはいるが、アヒルと鴨って以前までは全然違うものだと思っていたけれど、ほとんど一緒の鳥だったということを改めて知って驚いた。

 

僕の勝手な解釈なのだが、ブータン人だろうが、日本人だろうが、そんなことは神様から見ればどうでもいいことなのではないだろうか。

それなのに人間は「お前は何人だ」とかという瑣末なことで争ったりしている。

 

もっと大きな視点を持って世界を眺めてみよう!ということなのではないだろうか。

そうすれば、この世の中はもっと生きやすくなるはずなのに・・・

 

このことは最近増えてきた日本人の嫌中・嫌韓問題についても言える。

神様から見ればどっちも一緒の人間。

 

アヒルも鴨もどっちも似たようなものなのだ。

 

濱田岳、瑛太、そして何と言っても松田龍平!

役者陣の演技も素晴らしい。

 

松田龍平は本当にこういう「ヤバそう」なキャラクターを演じるのがうまい。

ファイト・クラブ』におけるブラット・ピッド的なこの個性的なキャラは、彼が演じなければおそらく成立していなかったはずだ。

 

 

スポンサーリンク

 

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』関連商品

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.