[オススメ映画]『アヒルと鴨のコインロッカー』(2006)

      2018/04/06

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』を観た僕の感想(レビュー)

人気作家、伊坂幸太郎の小説を映画化した本作。

個人的には『ゴールデン・スランバー』『重力ピエロ』など伊坂作品の映画化はいろいろ観ているが、どれもおもしろくてよく出来ていると思う。

 

僕はボブ・ディランも大好きなので、とにかく劇中で『風に吹かれて』をフィーチャーしてくれて嬉しかった。

 

アヒルと鴨のコインロッカーという不思議なタイトルは最初「何かな?」と思っていたけれど、ちゃんと意味があった。

作品の中でも触れられてはいるが、アヒルと鴨って以前までは全然違うものだと思っていたけれど、ほとんど一緒の鳥だったということを改めて知って驚いた。

 

僕の勝手な解釈なのだが、ブータン人だろうが、日本人だろうが、そんなことは神様から見ればどうでもいいことなのではないだろうか。

それなのに人間は「お前は何人だ」とかという瑣末なことで争ったりしている。

 

もっと大きな視点を持って世界を眺めてみよう!ということなのではないだろうか。

そうすれば、この世の中はもっと生きやすくなるはずなのに・・・

 

このことは最近増えてきた日本人の嫌中・嫌韓問題についても言える。

神様から見ればどっちも一緒の人間。

 

アヒルも鴨もどっちも似たようなものなのだ。

 

濱田岳、瑛太、そして何と言っても松田龍平!

役者陣の演技も素晴らしい。

 

松田龍平は本当にこういう「ヤバそう」なキャラクターを演じるのがうまい。

ファイト・クラブ』におけるブラット・ピッド的なこの個性的なキャラは、彼が演じなければおそらく成立していなかったはずだ。

 

 

スポンサーリンク

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』を観た人の感想

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』DVD

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』関連音楽

映画『アヒルと鴨のコインロッカー』はAmazonプライムビデオでも観れるよ!

Amazonプライムビデオ』はAmazonプライムの会員なると利用することができる動画配信サービスだ。

Amazonプライム会員の年会費は3,900円。

月額たったの325円でこれだけのサービスを楽しむことができるのだから、これはかなりリーズナブルな値段と言えるだろう!

 

月額325円さえ払えば、Amazonプライムビデオの中にある映画やドラマを無料で楽しむことができる。

映画好きなら普段ゲオやTSUTAYAなどでかなりの枚数のレンタルをしていることだろう。

その金額は結構な額になっているはずだ・・・

 

Amazonプライムビデオは普段使っているパソコンやスマホから映画やドラマを観ることができる。

だからベッドに寝転がりながらパソコンで映画やドラマを楽しめるのだ!

 

レンタルDVDのはじまる前の他の映画の予告編もない。

またAmazonプライム会員ならば「続きを観る」をクリックすれば、前回途中で再生を止めたとしてもその止めた場面からすぐに再生されるからさらに便利だ!

 

 

▼ Amazonプライムビデオの詳細は、下記公式ホームページからどうぞ

 

自宅のテレビでもAmazonプライムビデオを楽しむことができる

もしもパソコンからだけでなく、自宅にあるテレビの大画面でAmazonプライムビデオを楽しみたい場合はFire TV Stickというアイテムを使えばOKだ!

 

このFire TV Stickのすごいところは持ち運びが可能なところ。

ホテル、友人宅、出張などいろいろなところスティックを持っていき、そこにあるテレビに繋げば簡単にAmazonプライムビデオのコンテンツを楽しむことができるのだ!

 

しかもこのFire TV Stickは他の動画配信サービスにも対応している。

だからもしもみなさんがHuluやNetflixのユーザーだったとしても、このFire TV Stickがあればテレビでコンテンツで楽しむことができるのだ!

 

Fire TV Stick (New モデル)
by カエレバ

 

 

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

 - 映画 , ,