不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

[オススメ映画]『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014年)について

2018/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』解説

日本人作家・桜坂洋の小説を大胆にアレンジしたSFアクション大作。

主演はあのトム・クルーズだ!

エイリアンに侵略されつつある地球が舞台。

戦闘中、何度も死亡するもそのたびにタイムループを繰り返し、そのうちにだんだん戦闘能力を向上させてゆくという大胆な設定がおもしろい。

Edge of Tomorrow(エッジ・オブ・トゥモロー)という題名で英語圏では公開されたが、日本では原作小説通りの『オール・ユー・ニード・イズ・キル』というタイトルで公開された。

 

スポンサーリンク

 

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』あらすじ

近未来の地球はエイリアンたちに侵略されつつあった。

エイリアンたちの戦闘能力はハンパなく、地球の軍事力を結集してもとても歯が立たない状態だった。

そんな中、兵士の中でも最も軟弱なウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)が侵略者たちを駆除する過酷な任務を命じられる。

嫌々ながら引き受け、呆気なく戦闘中にいったんは死亡するが、すぐにタイムループして復活。

死亡する前の時間に戻る。

その後、戦闘と死亡を何度も何度も繰り返すうちに徐々に戦闘能力を向上させてゆく・・・

 

スポンサーリンク

 

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』キャスト

  • ウィリアム・ケイジ: トム・クルーズ
  • リタ・ヴラタスキ: エミリー・ブラント
  • ファレウ曹長演 :ビル・パクストン
  • ブリガム将軍演 :ブレンダン・グリーソン
  • カーター博士演 :ノア・テイラー
  • グリフ: キック・ガリー
  • クンツ: ドラゴミール・ムルジッチ
  • ナンス演 :シャーロット・ライリー
  • スキナー: ジョナス・アームストロング
  • フォード: フランツ・ドラメー
  • キンメル: トニー・ウェイ

 

スポンサーリンク

 

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』スタッフ

  • 監督:ダグ・リーマン
  • 脚本:ダンテ・W・ハーパー、ジョビー・ハロルド、クリストファー・マッカリー、ティム・クリング、ジェズ・バターワース、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
  • 原作:桜坂洋『All You Need Is Kill』
  • 製作:ジェイソン・ホッフス、グレゴリー・ジェイコブズ、トム・ラサリー、ジェフリー・シルヴァー、アーウィン・ストフ
  • 製作総指揮:ジョビー・ハロルド
  • 音楽:ラミン・ジャヴァディ
  • 撮影:ディオン・ビーブ
  • 配給:ワーナー・ブラザース
  • 公開:2014年6月6日(アメリカ)、2014年7月4日(日本)
  • 上映時間:113分

 

スポンサーリンク

 

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』受賞等

  • 第42回アニー賞・アニメーション効果賞(実写映画) :スティーブ・アヴォジャリ、五十嵐敦史、パヴェ・グロホラ、ポール・ワグナー、ヴィクトル・ルンドクビスト

 

スポンサーリンク

 

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た僕の感想(レビュー)

エイリアンに侵略された地球。

弱小兵士がタイムループを繰り返すうちに最強になってゆく。

見所は何と言っても何度もループするうちに弱虫だったトム・クルーズが徐々に戦闘能力を向上させてゆくところ!

その変貌ぶりがエキサイティング。

序盤はいつものトム・クルーズと違って弱くて情けないキャラクター設定。

しかし、しだいにだんだんいつものトム・クルーズになってゆくところが他のトム主演の映画と違うところだ。

原作は日本の小説なのだが、ここまで本格的なアクションSF大作になるなんて、なんだか日本人として誇らしい気分だ!

 

 

スポンサーリンク

 

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』』関連商品

 

 

 

オール・ユー・ニード・イズ・キル [Blu-ray]

 

 

 

 

All You Need Is Kill 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.