不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

【経験者は語る!】仕事の悩みを解消するいちばん手っ取り早い方法とは?

2018/10/29
 
花火を手に持ち赤ちゃんに笑っているお父さん
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

仕事の悩みを抱えている人は多い。

 

しかし、その問題を解決するための選択肢はあまりにも少ない。

おそらく多くの人は「今の会社を辞めて、新しい就職先を探す」という一択しか持っていないのではないだろうか。

 

転職は何も悪いことではない。僕もこれまでの人生の中で何度か転職を経験した。

新しい職場はそれなりに刺激的だし、そこで得られることも多いだろう。

 

しかし、大きな視点で眺めてみると、それはごくごく小さな変化にすぎない。

ただ単に給料やボーナスをもらえるところが「A」という会社から、「B」という会社に変わっただけだ。

 

Aという会社からBという会社に変わったからといって、根本的な問題が解決されるわけではない。

それが証拠にほとんどの人は転職し、新しい会社に勤め出したとしても、やがてまた以前と同じような悩みを抱え込むことになる。

 

最初は意気揚々と仕事を始めるのだが、そのうちまた、ツライな…」「仕事、辞めたいな…」という想いがフツフツと湧いてくる。

そして、また会社を辞める。

 

今度はCという会社に転職する。

また何年か経つ。そして、また同じような問題を抱え込む。

 

今度はDという会社だ。

etc・・・

 

____このようにして転職を繰り返す人が大勢いる。僕の友人にもたくさんいる。

 

スポンサーリンク

転職では根本的な解決にはなっていない

転職は『対処療法』にすぎない。

対処療法であるから、根本的な治療にはならない。

 

だから運よく良さげな会社に転職できたとしても、また同じような症状に苛まれることになる。

 

なぜ多くの人はこのような解決策しか持ち合わせていないのか?

それは簡単だ。

 

親や学校の先生たちがそのように教育してきたからだ。

もっと言えば、この国の空気やムードや風潮といったものがそのように教育してきたからだ。

 

日本は世界でもっとも「事業家になりたい」と考える若者の数が少ない国だ。

高校生のなりたい職業ランキングでは、いつもぶっちぎりの第1位は、『公務員』だ。

 

要するにこの国ではほとんどの人が起業したり、自分で会社を興したりしないのだ。

 

多くの人は誰かに何かを指示され、そのとおりに動くことはわりと得意だ。

日本人は真面目だから、一生懸命、丁寧に言われたとおりに行動はする。

オートマティックに・・・

 

だが、想像力を働かせて、自分で道を切り拓くことはあまり得意ではない。

 

スポンサーリンク

 

給与所得者でい続ける限りずっとついてまわるもの

多くの人の頭にあるのは今も昔も、一生懸命、真面目に働き、給料とボーナスをもらうということだけだけだ。

 

もちろん、勤勉さは悪いことではない。

僕もサラリーマンをやっていたから、働く人の気持ちはよくわかる。

 

でも、それだけでは根本的な問題は解決しない。

仕事の悩みを完全に解決する方法として『仕事を真面目にやる』というだけでは不十分なのだ。

 

他人に言われたとおりに行動しているだけでは、いつまでたっても飛躍できない。

 

多少は出世したり、年収がUPしたりはするだろう。

だけど、「雇われの身」という狭い箱のなかにいる以上、人生を劇的に変えることはできない。

 

また同じような症状に苛まれて苦しむことになる。

箱のパッケージが変わったとしても・・・

 

満員電車、サービス残業、職場の人間関係、納得のいかない給料の低さ、etc・・・

それやこれやから解放されるわけではないのだ。

 

会社に対して文句のひとつでも言えば、評価が下がってしまうかもしれない。

評価が下がれば、いろいろとツライ立場に追い込まれる。

 

どこかに飛ばされるかもしれない。リストラの対象になるかもしれない。

 

それを恐れて、いつも不安を抱えている。いつもビクビクしている。

結構、そういう人は多いのではないだろうか?

 

だから、多少のことは我慢する。

どんなに理不尽な目に遭っても、上司から嫌なことを言われても、波風を立てずにただ黙って言われたとおりに従う。

 

そうしておいた方が無難だ。

自分の心を押し殺し、ただ黙々と働くだけの毎日・・・

心の中で定年退職する日を指折り数えながら・・・

 

そんなふうにして多くの人が狭い箱の中に押し込まれてゆく。

そして、ストレスいっぱいの極端に窮屈な人生をおくる。

 

想像力を発揮して狭い箱の外へ飛び出していこうとする人は極端に少ない。

 

スポンサーリンク

 

いちばん安全だと思っていたものがいちばん危険だったりする

もちろん、新しい世界に飛び出してゆくことはリスクが伴う。

大きなリスクだ。

 

そのリスクのことを考えると、足がすくむ・・・

その恐怖心もよく理解できる。

 

だけど、何かを得ようと思ったら、ある程度のリスクは受け入れなければならないのだ。

『飛躍』は、リスクと引き換えにして手に入れるものだからだ。

 

とくに今よりもっとお金を増やしたいと考えている人は、なおさら「チャレンジ」が必要だ。

どんなにリスクがあったとしても、その恐怖に打ち克たなければお金を増やすことはできない。

 

投資にしても、ビジネスにしても、リスクがゼロということはありえない。

リスクがまったくない金融商品や商売があるのなら、逆に僕に教えてほしいくらいだ。

 

しかし、投資においても、ビジネスにおいても、リスクを抱えることの恐怖心に負けて誰かに頼ろうとする人があとを絶たない。

 

自分の頭で考えることをせず、「本や雑誌で取り上げられていたから」とか「テレビで経済アナリストが勧めていたから」といった理由で利回りが極端に低い金融商品を選ぶ人はあまりにも多い。

 

本気でお金を稼ぎたいんだったら、まずは自分の頭で考えるクセをつけなければならない。

 

誰かのアドバイスを鵜呑みにしたり、誰かに従ったりするのではなく、自分自身で判断する力を身につけなければならない。

 

そうしなければ、結局は手数料が目的の人たちの食い物にされてしまう。

 

そうしなければ、数年後には「なんだかんだ言って、手数料や税金を差し引いたら全然儲からないなぁ・・・といったような愚痴をこぼすハメになる。

 

国債にしても、確定拠出年金にしても、ビットコインにしても、どんな投資をするのかは本人の自由だ。

だけど、いちばん安全だったはずの商品が実はいちばん危険な商品に化けることもある。

 

いちばん危険だと思っていた商品が実はいちばん安全だったりすることもある。

 

スポンサーリンク

 

本当に不動産投資はダメな投資法なのか?

たとえば僕がやっているのはあの悪名高い『だ。

不動産投資はご存じのとおり、世の中に存在する投資の中で「もっとも危険な投資」として有名だ。

 

「あんなものに手を出すヤツはバカだ」という声もずいぶん耳にする。

本当にそうだろうか?

 

本当に不動産投資はそんなに危険で儲からないものなのだろうか?

本当に不動産投資よりも国債やビットコインの方が儲かるのだろうか?

 

老後の生活を安定させる手段として本当に不動産投資よりも確定拠出年金の方が理にかなっているものなのだろうか?

 

自分の頭でよくよく考えてみる必要がある。

自分で実際にきちんと調べてみる必要がある。

 

「あの人がこう言っていたから」「この人が勧めていたから」という理由だけではその投資をはじめる理由としてはあまりにも弱い。

 

ある経済評論家はテレビで「貯金こそがもっとも賢い投資だ!」と声高々に発言していた。

そのことも自分の頭でよく考える必要がある。

 

本当に貯金することがもっとも賢い選択なのか?

本当に「円」の価値は今後下がることはないのか?

 

もしもインフレにでもなって「円」の価値が下がったら、今まで貯金していたお金はどうなってしまうのか?

 

「あまりにもリスクが大きすぎる」

「借金をするのは嫌だ」

「工事代がいくらかかるかわからない」

という理由だけで利回り17%の賃貸物件が売りに出されているのに、それを無視してもいいのか?

 

その物件のオーナーになるという選択肢をハナっから除外してしまっていいのか?

 

仕事のことで悩み、「お金持ちになりたい」と心の底から思っている人は、よくよくそのことを自分の頭で考える必要がある。

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 
 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2017 All Rights Reserved.