不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

オススメ映画『エターナル・サンシャイン』(2004年)について〜「いい思い出」だけが思い出ってことで本当にいいのかな?

2018/11/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

 

スポンサーリンク

 

『エターナル・サンシャイン』解説

『マルコヴィッチの穴』や『アダプテーション』といった一風変わった脚本を書くことで人気のある脚本家チャーリー・カウフマンの作品。

今回も恋人の記録を消し去るために記憶除去手術を受けるという突飛な設定が話題となった。

主演は『マスク』などでおなじみのコメディアン、ジム・キャリー。

相手役は『タイタニック』のケイト・ウィンスレットが選ばれた。

ケイトの髪の毛の色で交錯する時間軸を描くという手法も斬新な作品。

チャーリー・カウフマンは本作でアカデミー賞脚本賞を受賞した。

スポンサーリンク

 

映画『エターナル・サンシャイン』あらすじ

恋人たちが浮き足立つヴァレンタインの季節がやってきた頃、ジョエル(ジム・キャリー)は、恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)と喧嘩をしてしまう。

仲直りをしようとクレメンタインの働くブック・ストアに行くジョエルだが、彼女の様子がおかしいことに気づく。

ジョエルのことをまったく知らない男性のように接し、ほかの男とイチャイチャしはじめる始末。

やがてジョエルはクレメンタインが自分との記憶を消し去るために記憶除去手術を受けたことを知り、ショックを受ける。

そしてジョエルは自分もその手術を受けて、クレメンタインとの記憶を消し去ろうとするのだが・・・・

スポンサーリンク

 

映画『エターナル・サンシャイン』キャスト

  • ジョエル・バリッシュ: ジム・キャリー
  • クレメンタイン・クルシェンスキー :ケイト・ウィンスレット
  • パトリック:イライジャ・ウッド
  • メアリー : キルスティン・ダンスト
  • スタン:マーク・ラファロ
  • ハワード・ミュージワック博士 :トム・ウィルキンソン
  • ロブ:デヴィッド・クロス

スポンサーリンク

 

映画『エターナル・サンシャイン』スタッフ

  • 監督:ミシェル・ゴンドリー
  • 脚本:チャーリー・カウフマン
  • 原案:チャーリー・カウフマン、ミシェル・ゴンドリー、ピエール・ビスマス
  • 製作:スティーヴ・ゴリン、アンソニー・ブレグマン
  • 製作総指揮:チャーリー・カウフマン、ジョルジュ・ベルマン、デヴィッド・L・ブシェル、リンダ・フィールズ、グレン・ウィリアムスン
  • 音楽:ジョン・ブライオン
  • 撮影:エレン・クラス
  • 配給:フォーカス・フィーチャーズ(アメリカ)、ギャガ(日本)
  • 公開:2004年3月19日(アメリカ)、2005年3月19日(日本)
  • 上映時間:107分

スポンサーリンク

 

映画『エターナル・サンシャイン』受賞等

  • アカデミー賞:脚本賞
  • サターン賞:SF映画作品賞
  • 英国アカデミー賞:編集賞、脚本賞
  • セントラル・オハイオ映画批評家協会賞:脚本賞
  • 英国エンパイア賞:英国主演女優賞
  • カンザスシティ映画批評家協会賞:脚本賞
  • ラスベガス映画批評家協会賞:脚本賞、主演女優賞
  • ロンドン映画批評家協会賞:英国主演女優賞、脚本賞
  • ナショナル・ボード・オブ・レビュー:脚本賞
  • 放送映画批評家協会賞:作品賞、主演女優賞、監督賞、脚本賞、編集賞

スポンサーリンク

 

映画『エターナル・サンシャイン』を観た僕の感想(レビュー)

恋人が記憶を除去する手術を受けたことを知った男が自分も手術を受けて彼女の記憶を消そうとする。

本当に思い出まで消してしまっていいのか?

たとえうまくいかなくなってしまったとしても・・・

こんなジム・キャリー見たことない!

超イケメン!

もっとこういう落ち着いたカンジの役を演じてほしい。

あまりテンション高い役ばかりやってると、観てるこっちまで疲れてきちゃうから笑

スポンサーリンク

 

映画『エターナル・サンシャイン』関連商品

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.