不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

【デビッド・ボウイのように変化し続けろ!】 自分が変わらないまま知識や情報量だけ増やしてもダメ!という話

2018/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

教育とは「教えて、育つ」という書く。

そうなのだ、子どもたちは教えられて、育っていかなければならないのだ。

 

「教える」のほうはなんとなく分かるだろう。

問題は次の「育つ」のほうだ。

 

育つとはいったいどういうことだろうか?

 

僕はこの育つというのを『変わること』と解釈している。

変身するのだ。

サナギから蝶に変態(メタモルフォーゼ)するように!

 

それが教育の本来あるべき姿だと思っている。

子どもたちに『君は変わることができるんだよ!』ということを教えてあげることが・・・

 

それは決して知識や情報の量を「増やす」ということではない。

子どもたちはコンピュータのデータではないのだ。

 

でも昨今の教育を見ていると、「変わる」ことよりも「増やす」ことのほうに重点を置きすぎているように僕の目には見える。

そして、そのことがあちこちで問題を引き起こしているように見える。

 

知識や情報量が積み重ねられてゆくことが教育であり、そういう教育を受ければ幸せになれるというのなら話は早かった。

ところが現実はちっともそういうふうにはなっていない。

 

しかしながら、子どもたちを取り巻く教育状況はあいもかわらず旧態依然としたままだ。

同じことが繰り返されている。

 

スポンサーリンク

情報量を増やすことよりも自分が変わることの方が大切!

知識の量だけで勝負しようとしたら、人間は必ずAIやロボット、コンピュータに負けてしまうだろう。

 

彼らは24365日休みなく働く。

人間のように弱音を吐くこともないし、うつ病にもならない。

 

ケガもしないし、病気にもならない。

おまけに極めて正確だ!

たまにバグることがあるかもしれないけれど、ほぼ100%正しい計算をする。

 

文句も言わない

不平不満も言わない

権利も主張しない

反抗しない

労働組合も組織しない

 

断言してもいい。

もしも今のような教育を繰り返していたら、近い将来、人間はAIやロボットたちに支配されてしまうだろう。

 

まさに『ターミーネーター』で描かれたディストピア世界だ。

 

そういう世界が嫌だったら、何か別のこと(Something New!)をしなければいけない。

旧態依然としたものから抜け出し、それこそ何かを変えなければ( CHANGE)しなければいけない。

 

僕は人類の歴史上、今ほどというものが重要な役割を果たす時代はないと思っている。

子どもたちにどんな教育をするか?ということは、子どもたちにとっても重要なことではあるけれど、人類全体にとっても非常に重要なことなのだ。

 

もしもここで選択を誤ったらきっと大変なことになるだろう・・・

 

今の教育はこちら(自分)は変わらないままでいて、その上に知識や情報量を積み重ねてゆく』ということに重点を置き過ぎているような気がしてならない。

非常にマズい傾向だ。

人類はまた大きな間違いを犯そうとしているのかもしれない。

 

みなさんはどうだろう?

「あの頃の自分」と、「今の自分」は違う人間になっているだろうか?

 

これは肉体的な変化のことを言っているのではない。

太ったとか、痩せたとか、禿げたとか、白髪になったとかそういうことを言っているのではない。

 

あの頃の自分と今の自分は本質的な部分でどう変化したか・・・?

_____ということだ。

 

考え方は変わっただろうか

アイデンティティーは変わっただろうか

価値観は変わっただろうか

成長しただろうか

幸せになっただろうか

 

僕が言ってる『変化』とはそういうことだ!

 

スポンサーリンク

 

「何も変わらない」ということは実はとっても恐ろしいこと

僕がいちばん恐ろしいのは『何も変化していない』という状態だ。

でも案外、何も変わらないまま年齢を重ねてゆくだけの人というのはたくさんいるのだ。

 

みなさんのまわりでも結構多いのではないだろうか。

ずっと代わり映えのしない人生を生きているヒトたちが・・・

ずっと小さな箱の中から出ようとしないヒトたちが・・・

 

彼らは変化することを嫌う。

そしてリスクというものを嫌う。

だからずっと安全な場所にい続けようとする。

 

そこから一歩も外へ出ようとしない。

一歩でも外に出れば、リスクを背負い込むことになる。

そんな想いをするくらいだったら、ずっとここにいた方がいい!

 

ずっと同じ考え方

ずっと同じアイデンティティー

ずっと同じ価値観

etc・・・

 

そうやって自分自身は何ひとつ変わらないまま、知識や情報量だけを増やすことだけに躍起になっているヒトたち。

_____みなさんのまわりにも結構たくさんいるのではないだろうか?

 

いつもと同じ髪型

いつもと同じ服

いつもと同じ電車

 

いつもと同じ家

いつもと同じ職場

いつもと同じ人間関係

 

いつもと同じ環境

いつもと同じ好み

いつもと同じ人生

etc・・・

 

昨日と今日と明日がずっと変化しない『終わりなき日常』・・・

 

子どもたちにそのような代わり映えのしない人生を歩ませることは本当にいいことなのだろうか。

「そういう人生を歩めば幸せになれるぞ!」と本当に胸を張って子どもたちに言えるだろうか。

 

「自分が変わる」ということはそんなに良くないことなのだろうか・・・?

 

スポンサーリンク

 

デビッド・ボウイから僕たちが学ぶべきこと

僕が尊敬してやまないロック・スターに『デビッド・ボウイ』という人がいる。

ボウイはデビュー以来、ずっと変わり続けてきた。

 

音楽のジャンルも、見た目も、ファッションも、髪型も次から次へと変わっていった。

その都度ファンを裏切り続け、果敢に新しい領域へと飛び込んでいった。

 

その変幻自在ぶりは「一貫性がない」とか「軽薄だ」とか言われ、常に批判の対象だった。

 

だが、ボウイは正しかった!

それは歴史が証明している。

デビッド・ボウイに影響を受けたたくさんのアーティストたちの活躍がそれを証明している。

 

(あまりにもたくさんい過ぎて、一人ひとりのアーティスト名は割愛する)

 

僕は人間というのはデビッド・ボウイのように変わり続けてゆく生きものだと思っている。

それが自然の姿であり、変わらないことの方が不自然なことだと思っている。

 

ところが多くの人は「変わることは良くないことだ」と捉えているみたいだ。

親や学校の先生からそのように教育されたからだ!

 

「勤勉さ」「真面目さ」は日本人が何よりも大切にすることである。

そして『和を以て貴しとなす』を合言葉に、お互いに空気を読み合い、秩序をキープし続けようとする。

 

だからみんな昨日と同じ自分であろうとする。

昨日と同じ人生を生きようとする。

 

日本は先進各国の中で最も起業するヒトの割合が少ない国として有名だ。

それは変わらないことを良しとする日本独特の風土が影響していると僕は思っている。

 

日本人は自分は変わらないままでいて、知識や情報の量を増やすことには人一倍労力を注ぐところがある。

何と言っても、もともと勤勉な国民性だ。

知識や情報の量を増やすことに関しても一生懸命やるのだ!

 

多くの人は熱心に本を読み、インターネットから情報を集め、せっせとセミナーに通う。

この国では「意識高い系」であることが推奨されているのだ。

意識高く、知識や情報をたっぷりと自分の中に取り込むことが良しとされているのだ。

 

そして多くの人はそうやって意識高く生きることが最も賢い方法だと思い込んでいる。

 

自分自身が変わらなくても知識や情報をたくさん取り入れれば何とかなる

知識や情報が自分を守ってくれるはずだ

____と心の底から思っているのだ。

 

スポンサーリンク

 

コピー人間ばかりが量産される社会は気味が悪い

僕たちがお手本としなければいけないのはデビッド・ボウイだ。

彼のようにどんどん変わり続けるのだ!

 

自分を変えないまま知識や情報の量だけ増やしたっていつまで経っても幸せにはなれない。

棚から牡丹餅的に幸福が転がり込んでくるなんて虫のいい話がこの世にあるわけがない。

 

でも昨日までとは違う自分に変身することができれば、もしかしたら幸せを手に入れることができるかもしれない。

 

これは投資や商売に当てはめてみても同じことが言える。

みんな投資に関する本を熱心に読み、知識や情報の量を増やすことに余念がない。

 

だけど本を何百冊・何千冊読んだからといってお金持ちになれるわけではない。

投資や商売がうまくいくわけではない。

 

もしも知識や情報量がそのまま運用成績や売上などに影響を及ぼすのならば、知識をいっぱい持ってる人から順にお金持ちになっていなきゃおかしい。

ところが全然そんなふうにはなっていない!

 

ラーメンの知識をどんなに増やしたからといって、それだけで行列のできるラーメン店ができるわけではない。

大成功しているラーメン屋の店主たちはラーメンの知識を誰よりも持ってる人ではない。

 

投資で億万長者になった投資家は本当に誰よりも投資に関する知識を持っていた人なんだろうか。

僕は違うと思っている!

 

大切なことは知識や情報の量ではない。

大切なことは『自分が変わる』ということである。

 

変化を恐れず、積極的に新しい自分にモデル・チェンジしてゆくのだ。

凝り固まった考え方をせず、居心地のいい小さな箱から抜け出すのだ。

 

子どもたちへの教育も、もっと柔軟でいい。

悪名高き『ゆとり教育』を復活させてもいいじゃないか!

 

金太郎飴のように同じような人間を大量に社会に放出して、それで本当に明るい未来はやってくるのだろうか?

 

同じような顔

同じような考え

同じような発想

同じような服装

同じような価値観

etc・・・

 

コピー人間のような同じような人たちばかりあふれる社会ってなんか薄気味悪くないか?

そんなことをしていて果たして日本は新陳代謝の激しいグローバル社会を生き残っていけるのだろうか?

 

スポンサーリンク

 

「おもしろくない人間」にだけはなるな!

いい大学に行って、いい会社に入って、あとは定年まで真面目に勤めあげろ!

 

_____と子供たちに教えることは『成長するな!!』と言っているのに等しいのではないだろうか。

 

「変わらない」ってことは、僕に言わせれば「成長していない」ということだからだ。

これほど残酷なことはない・・・

 

日本は急速に発展を遂げた。

どんどん都市化が進み、それに伴って人々はどんどん利口になった。

しかし、その過程の中で人々は大切な何かを失ってしまったような気がする。

 

みんなアタマでっかちになりすぎてしまった。

自分が変わることよりも知識や情報を増やすことに一生懸命になりすぎてしまった。

 

そして、ハタと気がついた時にはまわりはコピー人間だらけ。

面白味のない保守的な人間ばかりがウヨウヨと街を闊歩するようになってしまった。

 

そして休みの日になれば巨大ショッピング・モールに集まり、用もないのにそこをウロつく・・・

これって、まさにジョージ・A・ロメロが『ゾンビ』の中で描いているディストピアの世界だ!

 

僕たちはいつから正気を失い、教養や文化を捨て、思考を停止してゾンビのようにウロウロとショッピング・モールを練り歩くだけの存在になってしまったんだろうか・・・?

 

Appleは、

Think Different(何か他と違うことを考えろ!)

_____という理念を掲げた。

 

僕は今日のAppleやAmazonの躍進はこの姿勢にあると思っている。

彼らは変わり続けることを恐れなかった。

いや、むしろデヴィッド・ボウイのように変わり続けなければいけない!と考えていた。

 

そうしなければ生き残っていけないぞ、と・・・

そうしなければゾンビになってしまうぞ、と・・・

 

日本がなぜ情報化社会に乗り遅れたのか。

日本からなぜ Google のような世界的なIT企業が誕生しなかったのか。

 

僕はそこに「変わらなくてもいいんだ」と子供たちに教え続けた『教育』が大きく影響していると思っている。

 

勤勉なサラリーマンになれ

会社のために65歳まで真面目に勤め上げろ

脱サラ起業なんてバカなことは考えるな

 

安定を捨てるな

借金をするな

冒険をするな

少数派になるな

多数派に属していろ

 

みんなと同じことをしていろ

みんなと同じことを考えていろ

etc・・・

 

というおもしろくも何ともない教育を子供たちにし続けた結果、おもしろくも何ともない人間ばかりが量産されるようになってしまった。

これでいったいどうやってユニークな商品をサービスを誕生させることができるのだろうか・・・?

 

僕は子供たちが気の毒でならない。

世の中にはオルタナティブがたくさんあるのに、子供たちは「他に選択肢がいっぱいある」ということを知らない。

そして、無防備なまま社会に放り込まれる。

 

その結果、日本社会独特の閉塞感の中で息が詰まり、やがて自分自身も閉塞感の中へ追い込まれてゆく・・・

 

なぜ日本はThink Differentを良しとしない社会なんだろか。

なぜ日本はこんなに村社会なんだろうか。

 

なぜ日本は赤信号みんなで渡れば怖くない社会なんだろうか。

なぜ日本は出る杭は打たれる社会なんだろうか。

 

デビッド・ボウイの代表作に『Changes』にはこんな歌詞が登場する。

 

変わり続けろ!

振り返って、未知に向き合え

 

変化し続けろ!

「大人になれ」なんて言ってるヤツに唾を吐きかけろ

 

 

ベスト・オブ・ボウイ

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.