不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

急ぐな! 慌てるな! 物件選びは焦ると失敗する。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

『急いては事を仕損ずる』という言葉があるけど、これは不動産投資において最も重要なことだと僕は思っている。

物件選びは急いでやったからといってうまくいくわけではない。

 

もちろん、ただ黙って指をくわえているだけではチャンスはやって来ない。

物件取得のアクションは起こさなければいけないのだが、その際に焦って選ぶと失敗することが多いのだ。

 

不動産というのはとにかく金額もハンパなくデカくなる。

それゆえに失敗したときのダメージも相当なものになる。

 

しかも、ほとんどの場合は借金をして不動産を取得するので、もしも失敗して借金が払えなくなったら下手したら自己破産においこまれるかもしれない。

 

毎年、不動産投資がらみで自己破産に追い込まれる大家さんがたくさんいる。

簡単ではないのだ・・・

 

僕は不動産会社に勤務していたから、大家さんと接する機会もたくさんあった。

だから年に数回、失敗する大家さんも目にすることになる。

 

失敗する大家さんの多くは、とにかく落ち着きのない人だった。

腰を据えてどっしりと構えているというタイプではない。

 

どちらかというと、リスやネズミのようにカリカリ・セカセカしたタイプの人が多かった。

スポンサーリンク

 

前のめりにならないように注意しよう

賃貸業務でもそんな感じなのだ。

おそらく物件を取得したときも、相当落ち着きがなかったのだろう。

 

勢いはいいけど、肝心要のところが抜け落ちている・・・

_____こういうタイプの人が失敗するのは、きっとどの業種でも一緒なのかもしれない。

 

焦りたくなる気持ちもよくわかる。

早く結果がほしいという気持ちもよくわかる。

だけど、焦ってまわりが見えなくなってしまってはいけない。

 

自分が何をやってるのかわからない状態で何千万円もの借金をするということは、薄着でジャングルの中に入ってゆくようなものだ。

不動産投資では前のめりになり過ぎないように注意しなくてはならない。

 

投資に見合うような適格物件というのはそうそう見つかるようなものではない。

いろんな不動産に関する情報が集まってくる不動産会社の社長でさえも、「これだ!」という物件には滅多にお目にかかれない。

 

そりゃ、そうだ。

そんなにいい物件だったら、どうして手放す必要がある?

持っていてもそれほどメリットがなくなってきたから、「そろそろ手放そうか」となるのだ。

 

ということは、超優良物件にはなかなかお目にかかれないということでもあるのだ。

だからこそ余計に物件選びには慎重にならなくてはならない。

スポンサーリンク

 

いい物件との出会いは努力でどうにかなるものではない

いい物件との出会いは(僕の経験から言えば)、ほとんど『運』『タイミング』によって決まる。

 

もちろん、本人の属性とか、人柄とか、意思といったようなものは重要だ。

それはもう「改めて言うまでもない前提」だ。

 

その前提を外して考えたときに、あまり努力というのは関係ない。

努力をしたからいい物件が取得できるわけではない。

 

どちらかといえば、運とかタイミングといった『自分の力ではどうすることもできないこと』が大きく影響したりする。

 

たまたま優秀ないい営業マンと出会った

たまたまタイミングのいい時に相続の問題を抱えてる売主があらわれた

たまたま世の中が不況になり、不動産価格が暴落した

たまたま一番手の人の銀行の審査が通らなかった

etc・・・

 

いい物件との出会いというものには必ず何らかの『運』や『タイミング』が絡んでいる。

決して焦ったからうまくいったということはないのである。

 

これは恋愛も一緒だ。

焦って相手を選ぶと、失敗する。

 

淋しさに耐えられなくなり、「なんでもいいや」といった具合に相手を選んでしまうと、とんでもないことになる。

だけど、セカセカしたタイプの人はこの過ちを繰り返す。

 

だから次から次へと相手を変えてはその都度、大騒ぎをする。

みなさんのまわりでも、そんなリスのようにチャカチャカした人いるのではないだろうか。

 

「これだ!」という異性と出会った時のことを思い出してみよう。

そこには「たまたま」とか「運良く」とか「タイミングよく」といったようなことがきっとあったはずだ。

スポンサーリンク

 

焦って「それほどでもない物件」をつかまないように・・・

逆に言えば、そういう自分の力ではどうすることもできないようなものの力が介入したときじゃなければ物事というのはうまくいかないもの。

物件選びも同じことが言える。

 

焦って「それほどでもない物件」をつかまないように注意してほしい。

じっくりと腰を据えて、物件を見極めてほしい。

 

それでも適格物件が見つけられないのだとしたら、それは「今はそのタイミングではないのだ」と自分に言い聞かせることも大切なことだ。

借金が払えなくなって行き詰まるよりはその方がはるかにマシではないだろうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.