不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

【緊急警告!】日本で次に起こる金融危機はどんな人によってもたらされるのか?

2018/06/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

銀行員、証券マン、ファイナンシャルプランナー、ファンドマネージャー、経済アナリスト、機関投資家、個人投資家、etc・・・

 

世の中には「」にたずさわる仕事をしている人たちがたくさんいる。

こういったお金にたずさわる仕事をしている人のほとんどが高学歴だ。

 

おそらく彼らは『日本でもっとも優秀な人たち』だろう。

お金にたずさわる仕事には、なぜかそういうエリートが集まってくるのだ。

 

「中学しか出ていない銀行員」というのは、おそらく一人もいないはずだ。

しかし、歴史を振り返ってみると、「幾度となく人類を襲ってきた金融危機の多くが、こういった頭のいい人たちによって引き起こされてきた」という事実が浮かび上がってくる。

 

____これは実に興味深い話だ。

 

スポンサーリンク

普通の人たちは「」とか「」とか「」というのは『むずかしいものだ』と思い込んでいる。

 

だから、頭のいい人たちを頼ろうとする。

お金のプロたちに自分のお金を預けようとする。

 

そして、彼らのアドバイスに従い、彼らの言うとおりに行動するのだ。

そこにあるのは、「この人たちはめちゃくちゃ頭のいい人たちなんだ」という絶対的安心感だ。

 

「頭のいい人たちだから、絶対に間違えるはずはない」

 

「彼らに任せておけば、うまくいくはずだ」

 

____お金のプロたちに対する普通の人たちの信奉心はスゴい。

 

彼らが持っている圧倒的な知識やノウハウが「自分のお金を守ってくれるはずだ」と頑なに信じている。

 

なぜか?

なぜそんなに普通の人たちはお金のプロたちのことを信じ切ってしまうのか?

 

彼らが「高学歴」で、「むずかしい資格」を持っていて、大企業に勤めているからだ。

 

人間というのは権威に弱い。

肩書きに弱い。

 

だからカンタンに彼らの口車に乗せられ、彼らから手数料を巻き上げられてしまうのだ。

そして、そういった頭のいい人たちによって金融危機というのは引き起こされてきたのだ・・・

 

多くの人たちはその金融危機によって人生を大きく狂わされることになった。

「老後、当てにしていたお金」を失い、絶望のどん底に突き落とされた。

 

家族がバラバラになったり、自己破産をしたりした人もいた。

中には自殺する人もいた。

 

そんな事態が起こっても、頭のいいお金のプロたちは自分が顧客に勧めた金融資産が暴落した翌日も平気な顔をして出社していた。

まるで人ごとのように・・・

 

だって、その株や投資信託を実際に購入したのは自分じゃないのだ。

別に痛くもかゆくもない。

 

たしかに「このファンド、いいですよ!」と顧客に勧めはした。

しかし、自分でそのファンドを買ったわけではない。

 

だから、金融市場がクラッシュして、その株やファンドが暴落したとしても自分自身のフトコロが痛むわけではない。

 

「大変でしたね…」あるいは、

「申し訳ございませんでした…」ぐらいは口にするかもしれない。

 

しかし、だからと言って彼らのフトコロが実際に痛むわけではない。

自己破産をするわけでもないし、会社をクビになるわけでもない。

 

実際にフトコロを痛めるのは、実際にその商品を購入した人たちなのだ。

その事実は、いったいどこに行ってしまったのだろうか?

 

僕はむかし話をしているのではない。

 

この話は、現在進行形の話だ。今、まさにここ日本で起こっていることなのだ。

 

そのことを多くの人は知らない。

知らないまま、相変わらず高学歴のお金のプロたちの言うことを「正しい!」と信じ切って、彼らの言うとおりに行動している。

彼らに対するその絶対的信奉心は、ほとんど『宗教』だ。

 

政府も彼らの味方だ。

 

金融庁も彼らを全面的に応援している。

日銀も彼らを全面的に応援している。

政治家も彼らを全面的に応援している。

 

____みんなみんな頭のいい人たちだ。

 

東京大学をはじめとするトップクラスの大学を卒業した人たちだ。

 

そんなエリートたちがグルになっているのだ。

グルになって、いろんな仕組みやいろんな商品をつくり、エリートとは縁もゆかりもない人たちから大量のお金を巻き上げているのだ。

 

銀行預金、NISA、iDeCo、株式投資、投資信託、債券、FX、外貨預金、先物、etc・・・

世の中にはたくさんの金融商品がある。

最近ではビットコインのような仮想通貨も大流行りだ。

 

そして現在、これらの金融商品はまずまず順調な運用成績を上げている。

日経平均株価も2万円を超え、高止まりで推移している。

 

金融商品をやってる方も、それを勧めてる方もどちらもホクホク顔だ。

 

さらに、不動産投資も大流行りだ。

銀行は「不動産」にだったら喜んでお金を貸す。

 

超低金利で銀行からお金を借りることができるので、今、多くの人が不動産投資に夢中になっている。

そのおかげで不動産価格も高騰している。

 

その不動産の高騰ぶりはさらに人々を安心させる。

 

「これだけ高いんだったら、いざとなったら売れば儲かるぞ!」と。

 

「たとえ運用に失敗しても、売却益でカバーできるぞ!」と。

 

それは高い株価を見て安心してる構図とまったく一緒だ。

 

____実はこういう時がいちばん危ないのだ。

 

リーマンショックの教訓はどこにも生かされてない。

あの時、どれだけ多くの人がひどい目に遭ったことか・・・

 

当時リーマン・ブラザーズにはハーバード、プリンストン、スタンフォードといったアメリカでも選りすぐりの大学を出た頭のいい連中がこぞって勤めていた。

 

「トップクラスの大学を卒業し、難しい資格も持ち、立派な職業に就いている彼らが間違えるはずがない!

 

____結局のところ、この人々の思い込みがリーマンショックにつながったのだ。

 

僕は当時と似たようなことがまた起こると思っている。

それは頭のいい人たちによって引き起こされるだろう。

 

そして、彼らの言うことを盲目的に信じてしまった「普通の人々」によって引き起こされるだろう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2017 All Rights Reserved.