不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

「本当にいい情報」をゲットできるかどうかが勝負の分かれ目

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

世間で言うところのいわゆる「いい会社」に就職し、どんなに出世して高収入を得ても、それでお金の問題が解決されるわけではない。

お金に精通するということと、高い年収をもらうということは別次元の話なのだ。

 

ところがその違いについてきちんと理解している人はあまりいない。

だから「お金について賢くなることとは、大企業で出世し、高い年収をもらうことだ」という誤った知識を身につけてしまうのだ。

 

権力者たちや資本家たちは、そのような誤った認識を持った人がたくさん量産された方が助かる。

『本当のこと』を知られてもらっては困るのだ・・・

 

日本人のほとんどは中流だと言われいる。

大金持ちにはなれないかもしれないけれど、極端な貧困に苦しむこともない。

 

しかし、そうも言ってられない事態が進行しつつある。

着々と中流層の数が少なくなっていっているのだ。

 

彼らは大金持ちの層に移っていってるわけではない。

少しずつ貧困層にずり落ちていっているのだ。

 

これまで『中流』なんて呼ばれ、自分たちでもそう思ってきた人々が貧しくならざるを得ない時代に突入したのだ。

スポンサーリンク

 

「本当にいい情報」をゲットできるかどうかが勝負の分かれ目

これまで国民の多くは「」を基準に自分の経済的立ち位置を判断してきた。

だから「年収700万円だからこのくらい」とか「年収400万円だからこのくらい」といったようなことが言えた。

 

ところが、これからの時代はお金を基準に計ることができなくなってゆく。

僕たちが普段何気なく口にしている「お金」というもの(具体的に言えば、日本円ということ)自体の価値が変わってしまうかもしれない時代がやってきたのだ。

 

じゃあ、これからはいったい何を基準に僕たちは生きていけばいいのだろうか。

これからの時代はお金ではなく、何がいちばん大切なものなのだろうか。

 

その答えは『情報』である。

 

「いい情報」をいかにしてゲットすることができるのか?

_____これからの時代はこれが人の幸・不幸を決定する。

 

情報化社会とはつまり、そういうことなのだ!

 

以前は大企業に勤めていたり、立派な肩書きを持っていたり、高い年収を支給されていたり、安定した職業を就いていたりすることが幸・不幸を決めた。

 

しかし時代は変わり、情報化社会がやってきた。

情報こそがもっとも価値を持つものになったのだ。

スポンサーリンク

 

僕が子供の頃に受けた今日は間違いだった

だが、そのことをほとんどの人がいまだに気づいていない。

だから親も学校の先生も子供たちに情報化社会以前に流行った時代遅れの教育を施す。

 

それは、

いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤め上げなさい

節約にはげみ、老後のために貯金をし、絶対に借金だけはしないように

安定した職業を捨てて自分で事業をやるなんてバカげたことだけはくれぐれもしないように・・・

 

_____という教育だ。

 

この教育は僕が子供の頃に散々、まわりの大人たちから頭に叩きこまれた教育だ。

 

今、40代という働き盛りを迎えた僕たちはどうなっただろう?

僕の同級生たちは将来に対してまったく希望が持てず、老後の不安を口にする人がほとんどだ。

 

それなりにいい会社に勤めてはいるが、「会社も自分もいつどうなるかわからない・・・」と怯えている。

 

僕が子供の頃に受けた教育はまったくの誤りだったのだ。

そして(これがいちばん恐ろしいことなのだが)、今もその誤った教育を僕たち大人は子供たちにしているのだ!

スポンサーリンク

 

これは権力者たちの陰謀!?

 

これはもしかしたら『陰謀』が働いているのかもしれない!

_____僕は決して陰謀論者ではないが、そんなふうに思ってしまうことがよくある。

 

権力者たちや資本家たちは、国民が賢くなってもらっては困るのだ。

ライバルが多くなれば自分たちの取り分が少なくなってしまう。

 

だから民(たみ)の知識を制限し、自分たちの立場を保持しようと考えているのだ。

 

彼らは人々が「いい大学を出て、いい会社に就職して〜」という価値観を持った人がたくさん増えてくれることを望んでいる。

そして今の世の中を見ていると、彼らの思惑と計画は見事に成功していると言わざるを得ない。

 

それが証拠に情報化社会が到来したというのに、多くの人々は旧態依然として時代遅れの価値観にしがみついてるじゃないか!

 

連中に情報という武器を与えてはならない

連中が賢くなってもらっては困る

連中に「自分たちは中流だ」と錯覚させ、搾り取れるだけ搾り取ってやれ!

 

_____僕には彼らの心の声が聞こえる。

彼らの思惑が手に取るようにわかる。

 

これからの時代はお金よりも情報だ。

お金は後からついてくる。

 

「いい情報」をゲットすることさえできれば、お金なんてものはどうにでもなるのだ。

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.