不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

住宅ローンとアパートローンを一緒くたにして考えてる人へぜひ言っておきたいコト

2018/10/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

家やマンションを購入するときに利用する『住宅ローン』

不動産投資をするときに利用する『アパートローン』

 

____この2つを混同し、一緒くたにして考えている人があまりにも多いような気がする。

 

どちらも銀行からお金を借りる(借金をする)という行為自体は同じだ。

だけどその内容はまったく異なるものなのだ。

 

不動産投資のことを嫌う人は多い。

その時によく登場するのが『アパート・ローンは金利がバカくさい』とか『総トータルで見たら金利だけで何百万円もかかる』といったような言い方だ。

ツイッターでもよくそういった意見を見かける。

 

しかし、こういった発言をする人はアパート・ローンのことをきちんと理解していない人だ。

あるいは実際に不動産投資をやり、アパート・ローンを組んだことのない人だ。

 

こういうことを言う人はアパート・ローンを住宅ローンと一緒のものとして捉えているのだ。

 

スポンサーリンク

僕は実質的にはアパート・ローンを負担していない

住宅ローンは一般的に『自分の給与の中』から支払われる。

ボーナス払いを併用している人はボーナスからも住宅ローンを支払うことになる。

 

_____要するにこれは『自分で』払っているわけだ。

自分のがま口を開け、その中に手を突っ込み、自分のフトコロを痛める形で銀行にローンを払っているわけだ。

 

なぜなら給与もボーナスも『働いて稼いだお金』だからだ。

 

サラリーマンや公務員になり、会社なり官庁なりに勤め、その労働の対価として給料なボーナスを受け取る・・・

そしてその給料やボーナスで住宅ローンを支払う。

住宅ローンを抱えているほとんどの人はそうしているはずだ。

 

それに対して、アパート・ローンというのは『自分で払ってるわけじゃない』のだ。

不動産投資をやる際に銀行から借りたお金は、実質的には僕が払ってるわけじゃないのだ。

 

金利負担がどうのこうの

総トータルの金利が何百万円になる・・・

 

____それやこれやをひっくるめて、僕は実質的にはアパート・ローンを一銭も負担していないのだ。

 

ここが住宅ローンとの大きな違いだ!

 

実際のところ、僕のフトコロはちっとも痛んでいないのだ。

 

スポンサーリンク

 

勤労所得と不労所得の違い

「アパートローンの借金を僕は払ってない」なんて言うと、にわかには信じられないと思う。

『はぁ? 何言ってんの?』という話になると思う。

 

だけど実際問題としてそうなのだから仕方がない・・・

 

じゃあ、いったい誰が払ってるの?____という話になると思う。

僕が払ってないのだとしたら、僕の代わりにいったい何者が銀行に借金を返済してくれてるのだろう?

そこが最も重要なことだ!

 

結論から先に言おう。

僕のアパート・ローンを払っているのは僕ではなく、僕が所有している物件(アパート)だ。

 

もっと具体的に言えば、僕の借金を払ってくれているのは僕のアパートに入居してくれている『入居者のみなさん』だ。

 

住宅ローンを抱えている人は給料やボーナスの中から借金を返済している。

それに対して、アパート・ローンを抱えている僕は入居者さんからいただく家賃の中から借金を返済している。

 

わかっていただけるだろうか・・・?

この違いを。

 

しかし、このことを理解できない人はとても多いのだ。

だから住宅ローンとアパート・ローンを「一緒のもの」として捉えてしまうのだ。

 

アパートローンを組む際に契約書にハンコをついたのは紛れもなく僕だ。

毎月、僕の口座からローンが引き落としになっているのも事実だ。

でもアパート・ローンという借金を返済しているのは僕じゃないのだ。

 

僕はこのアパート・ローンを返済するために、ほとんど何もしていない。

僕はそのローンを返済するために労働力を注入しているわけではないのだ。

 

アパートを手に入れ、入居者を募って、住んでもらっただけだ。

日々の細々した業務はすべて管理会社の方で全部やってくれている。

 

だからこちらは何もやることがないのだ。

____こういうのを『不労所得』という。

 

給料やボーナスは不労所得ではない。

労働し、その労働の対価として受け取るものだ。

_____こういうのを『給与所得』という。

 

スポンサーリンク

 

不動産投資の評判が悪くなると僕は助かる

給与所得は働かなければ手にすることのできない所得だ。

不労所得は働かなくても手にすることのできる所得だ。

 

そして住宅ローンは給与所得の中から支払われ、アパート・ローンは不労所得の中から支払われる・・・

この2つはまったく違うものなのだ。

『給料』『家賃収入』は違うのだ。

 

僕のアパートローンを払っているのは僕じゃない。

僕のアパートの入居してくれている入居者のみなさんが僕の代わりに借金を返済してくれているのだ。

 

僕もある人から面と向かって「アホみたいにたくさん金利を払わなきゃいけない不動産投資なんて、かなりマヌケな投資法だな!」ということを言われたことがある。

でも僕はちっとも傷つかないし、腹も立たない。

 

逆に「そうやってもっと不動産投資のことを誤解する人、増えないかなー?」なんて思ってるぐらいだ。

住宅ローンとアパートローンを混同する人が増えれば増えるほど、僕は助かる。

住宅ローンとアパートローンを「一緒のものだ」と誤解し、多くの人がもっと不動産投資に嫌悪感を抱いてくれればいい!

 

そうすれば不動産投資をやる人の数が減れば、それに伴って競争力も低下する。

参入してくる人が少なくなくなれば、ライバルもいなくなり、僕も大助かりだ!

 

だから、どんどん住宅ローンとアパートローンを「同じものだ」「一緒のものだ」と多くの人が誤解し続けてほしいと思っている。

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 
 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.