不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

なんだかんだ言ってほとんどの人が勤め人のまま一生を終えるのはなぜか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

生活してゆくためにはお金が必要だ。

 

独身のとき、結婚したとき、子供が生まれて家族が増えたとき、etc・・・

年齢を重ねるごとに生活にかかるコストも増加してゆく。

 

ただ、その生活に欠かせない」ってやつを得るための方法は実はたくさんある。

このことを知らない(あるいは考えたこともない)人があまりにも大勢いる。

 

ほとんどの人は学校を卒業したらどこかの会社なり官庁なりに就職して、そこから給料やボーナスをもらうという方法でお金を得る。

いわゆるサラリーマンや公務員になるという方法だ。

 

その世界にどっぷり浸かって生きることの恐ろしいところは(ほとんどの人はどっぷり浸かって一生を終えるのだが)、それ以外のお金を得る方法のことを何も学ばないまま年老いてゆくということだ。

 

 

スポンサーリンク

 

収入を得る方法は従業員になること以外にもいろいろある

例えば、個人でお店を開いたり、ビジネスをはじめたりする人がいる。

いわゆる個人事業主と呼ばれる人たちだ。

 

ラーメン屋を開いたり、ブログをつくったりして、そこから収入を得て生活をする人たちだ。

みなさんの家の近所にある床屋さん、お肉屋さん、八百屋さん、魚屋さんなんかのほとんどが個人事業主と言われる人たちだ。

 

彼らはサラリーマンや公務員ではない。

どこかから給料やボーナスをもらっているわけではない。

 

自分の食いぶちは自分で稼がなくてはならない。

そういうやり方でお金を得る方法もある。

 

また、サラリーマンなどのように会社に雇われる存在ではなく、サラリーマンを雇う存在になるという方法もある。

有名なところはソフトバンクの孫正義さんや、楽天の三木谷さん、サイバー・エイジェントの藤田さん、ユニクロの柳生さんなんかのような存在になるということだ。

 

昔は松下幸之助さんや、本田宗一郎さんといった歴史に名を刻むような人たちもいた。

いわゆる経営者になるということだ。

 

人に雇われる側にではなく、人を雇う側にまわるということだ。

そういう方法もある。

 

ちなみに僕も一応、経営者の端くれである。

孫正義さんに比べたらミジンコのようなスケールではあるけれど、僕も一応、法人を立ち上げ、代表取締役をつとめている。

 

従業員は僕と僕の家族しかいないけれど笑

 

スポンサーリンク

 

自分が働かなくてもお金を得る方法もある

なぜ僕はこんな話をしているのかといえば、『お金を得る方法というのはたくさんある』ということをみなさんにわかってほしいからだ。

サラリーマンや公務員になって働くことだけがお金を得る方法ではないのだ。

 

さらに、自分が働かなくても自分のお金を働かせてそこからお金を得る方法というものもある。

自分は何もしなくても、お金を右から左に動かすだけで勝手に自分のポケットにお金が入ってくるのだ。

 

そんな夢みたいなことできるはずがない!

とみなさんは思われるかもしれない。

 

しかし、そうやって生活している人も(そんなに数は多くないけれど)、実際にいるのだ。

お金がお金を生む仕組みを手に入れた、いわゆる『Rの住人』と呼ばれる人たちだ。

 

自分の労力をかけなくても、自分が持っている資産が自分の代わりに稼いでくれる

_____そういうお金を生む資産をたくさん持っている人たちがRの住人だ。

 

そういうお金持ちの人たちの多くは不動産や株、債券、現金などの資産を持ち、その資産を運用することによって運用益を得ている。

 

不動産だったら家賃収入というものがある。

株だったら配当金というものがある。

現金を銀行に預けておくだけでお金がもらえる利子所得というものがある。

 

これらの所得は一般的に『不労所得』と呼ばれているものだ。

自分が働かなくても(不老)、お金(所得)が得られるというものだ。

 

お金そのものの価値はどの方法も同じだ。

サラリーマンとして汗水垂らして稼いだ10万円も、株を所有しているだけでもらえる配当金10万円も、『10万円』という金額自体はどちらも同じだ。

 

じゃあ、何が違うのか?

それは『どうやってその10万円を生み出したのか?』という収入を生み出す方法が違うのだ。

 

スポンサーリンク

 

ほとんどの人がサラリーマンや公務員として一生を終える理由

この方法のことは学校でも教えてくれない。

家庭でもほとんど教わることはないだろう。

 

大人たちのほとんどは「勉強しろ」とか「真面目に働け」とか「がんばれ」という言葉を繰り返すばかり。

お金の生み出す方法のことを懇切丁寧にみなさんに説明したことはないはずだ。

 

なぜか?

彼ら自身が知らないからだ!

いや、厳密に言えば、知らないのではない。

気づいていたとしても、『それは自分には関係のない世界のことだ』と思っているからだ。

 

サラリーマンとして毎日、満員電車に揺られて生きてきたおじさんに、「今から孫正義みたいな存在になってみてはどうですか!?」と言ったところで無理だろう。

「今からヒカキンみたいなユー・チューバーになる気はありませんか!?」と言ったところで無駄だろう。

 

給料とボーナスをもらうという世界にどっぷり浸かってしまうと、それ以外の世界に移ることは非常にむずかしいのだ。

年齢を重ねれば重ねるほど、体力的にも気力的にもキツくなる。

 

僕はこれを『人生の落とし穴』と呼んでいる。

そして、ほとんどの人がこの落とし穴におち入り、そこから抜け出せなくなっている。

 

まんまと人生の仕掛けるワナにハマってしまったわけだ・・・

 

僕は38歳のときにサラリーマンの世界から卒業した。

今から思えばギリギリの年齢だったと思う。

おそらくそれ以上、齢を重ねていたら、そんな大それたことはできなかっただろう。

 

チャンスの扉というのはいつまでも開いていないのだ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.