人間関係は諦めることも時には大事!

      2018/04/06

こちらをじっと見ている群れの中の一頭の羊

お金のこと、ビジネスのこと、生活のこと、勉強のこと、etc・・・

 

___そういったことに関してはある程度は自分の意志の力で何とかなる。

 

でも「相手がいること」に関してはどうすることもできない。

それは自分の意志の力だけでどうにかできる問題ではないのだ。

 

「相手がいる」というのは、つまり『』のことだ。

人間関係の問題はなかなかスパッと解決できないのだ。

 

でもそのままにしておくと、人間関係の問題はいつまでもあなたの目の前にあらわれ続けるだろう。

それは登場人物が変わっても、あなたの前にあらわれる。

 

引っ越しをしたり、職場を変えたとしても、あなたの前にあらわれる。

まるで「ホラー」だ・・・

 

スポンサーリンク

人間関係にもいろいろある。

 

、友人、ママ友、自分の子供、職場の同僚、クラスメート、部活の仲間、上司、部下、etc・・・みんな人間関係だ。

そしてこの人間関係の悩みは、解決するのがいちばんむずかしい悩みだ。

 

人間関係の問題を解決することに比べたら、実際に金持ちになる方がカンタンかもしれない。

それほど人間関係の問題を解決するのは大変なのだ。

 

なぜ僕たちは人間関係の問題を解決することができないのか?

それは「自分以外の人」に関わる問題だからだ。

 

あなたはこう思う。

 

「人間関係の問題を解決するためには、相手を変えなければならない」

 

___でも、それは至難のワザだ。

僕の長年の経験から言っても、相手を変えることなどほとんど不可能だ。

 

こちらがどんなに誠心誠意話をしても、こちらがどんなに一生懸命心情を訴えたとしても、相手が変わることはまずあり得ない。

それこそ土下座をしてもダメなのだ。

 

僕も若い頃は何度もチャレンジしてみた。

こちらが誠意を持って話せば、きっとわかってくれるはずだ」と思って、何度も相手に「変わってくれ!」と懇願した。

 

しかし、いずれのケースもうまくいかなかった・・・

連戦連戦だった。

 

あまりにも負けが続くので、だんだんこんな風に思うようになっていった。

 

オレの方が間違っているのかもしれないと。

 

その想いはいつしか確信に変わっていった。

 

人は変わらないのだ!

人を変えようとすること自体、間違っているのだ!

 

____重要なことは、これだ。

 

どんなに正確に相手の悪いところを指摘したとしても、相手が反省することもなければ、改めることもない。

僕は人間関係の苦しみの経験を通じて、そのことを学んだ。

 

じゃあ、どうする?

相手が変わらないのだとしたら、どうやって人間関係の問題を解決する?

 

あきらめるしかないのだ。

 

「人間関係の問題は解決できない」とあきらめるのだ。

「相手は決して変わることはない」とあきらめるのだ。

 

僕がたどり着いた結論は、そういう意外なものだった。

 

お金持ちになること、出世すること、勉強でいちばんになること、素敵な家を手に入れること、カッコいい車を乗りまわすこと、ブランド物の服やバッグを購入すること、etc・・・そういうことは、やり方しだいで実現することは可能だ。

 

それは「人」を相手にしないからだ。

それは「自分だけ」を相手にしているからだ。

 

嫌だな…」と思う人を自分好みの人に変えることに比べたら、お金を稼ぐことの方がはるかにラクだし、カンタンだ。

僕に言わせれば・・・

 

きっとあなたはその「できない」ことを必死でやろうとしているのだ。

きっとあなたはその「不可能」なことを必死で解決しようとしているのだ。

 

だからそれはずっとあなたについてまわるのだ。

たとえ、あなたが転職しても、たとえ、あなたが引っ越ししても、ずっとついてまわるのだ。

 

もう、あきらめるしかない

 

____そう思って、あきらめてみてどうだろうか?

 

人間関係はオレの手に負える問題ではない

 

____そう思って、その問題を解決しようとすることをやめてみてはどうだろうか?

 

「あきらめる」という選択肢を取ることに納得できない人もいるだろう。

しかし、「人を変えよう」などという徒労なことをするくらいなら、あきらめちゃった方がハッピーな人生がおくれるはずだ。

 

もう仕方がないのだ。

その人はどうやったって変わらないのだから。

 

あなたがどんなに努力しても、あなたがどんなに訴えかけても、他人を変えることなど不可能なのだ。

そんなことに労力を注ぐくらいだったら、もっと別なことをにエネルギーを使ってみたらどうだろうか?

 

あなたが悩めば悩むほど相手は喜ぶだろう。

あなたが苦しめば苦しむほど相手はいい気分になるだろう。

 

その人はそういう状態になることを狙って、わざわざそんなことをしているのだ・・・

 

相手の「思う壺」になってはいけない。

相手はあなたのことが嫌いだから、あなたに嫌なことを言ったり、嫌な態度を取ったりしているのだ。

 

あなたはそのことに気づかければいけない。

 

嫌いじゃない人に対して嫌なことを言ったり、嫌な態度を取ったりはしない。

その人があなたにそういうことを言ったり、そういう態度を取るのはその人なりのあなた、嫌い!」という表現なのだ。

 

そのことをあなたはわかってあげなければならない。

 

自分を嫌っている相手をあなたは必死になって変えようとしているのだ。

自分を嫌っている相手にあなたは必死になって訴えかけているのだ。

 

それがいかに不毛なことであるか

それがいかに無駄なことであるか

 

そろそろあなたも気づかなければいけない。

 

あきらめるのだ。

「その人は変わらない」とあきらめるのだ。

 

あきらめて、あなたはあなたの人生を歩くのだ。

あなたのことを好きでいてくれる人と一緒に時を過ごすのだ。

一緒にいて嫌な気分にならない人と一緒にいるようにするのだ。

 

自分のことを嫌っているような人と1秒たりとも一緒にいる必要はない。

 

____そのことに早くあなたは気づかなければいけない。

 

太陽が沈むのを止めることはできない。

雨が降るのを止めることもできない。

 

それと同じようにあなたを不快な気分にさせるその相手を変えることもできないのだ。

 

あなたは真面目なのだ。

真面目だから、「すべての人に好かれなきゃいけない」と思い込んでいる。

でも、それは間違いだ。

 

「すべての人に好かれる」なんてことはできないのだ。

あなたのことを好きになる人もいれば、あなたのことを嫌いになる人も中にはいる。

 

人間の体の中にだって何億兆コもの細菌がいる。

その体の中の細菌を全部、排除することなどできないのだ。

100%無菌状態などありえないのだ。

 

人間関係の問題も全部、排除することなどできない。

それは細菌と同様に、「上手に付き合ってゆく」しかないのだ。

 

くだらないことにエネルギーを注ぐのはもう今日からやめよう!

気の合う友達と集まって、パァーッとカラオケにでも行っておいで!

 

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

 - 人生哲学, 人間関係, 考え方 , , , , , , ,