不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

起業して7年が経過!安定経営を確立した僕が思うビジネスを成功させる最大の秘訣とは?

2018/10/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

社会人になって、厳しい社会の洗礼を受けて、いろいろ壁にぶつかっている人も大勢いるでしょう。

僕も学生時代と社会とのあまりの落差に若い頃は随分悩んだものです。

 

「社会は厳しいものなんだ…」ということを社会に出てはじめて知りました。

それはビジネスをやる人とて同じ。

 

たとえお金持ちの事業家の家に生まれた御曹司であったとしても、社会に出てしまったらみんな横一線のスタートです。

世界を見る目や人を見る目が狂っていた場合は、どんなに学歴があって家柄もいい御曹司であってもうまくいかなくなってしまうのです。

 

社会に出てから成功するためには、いち早く洞察力や識別眼といったようなものを身につけなければいけません。

それらのことを身につけるためには、いろんなことを経験して、その経験から一つ一つ学んでいかなければなりません。

 

今回はその辺りのことについて僕の思うことを述べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

学校という「守られた空間」を出てからが本当の勝負

僕はこの世の中でいちばん重要なことは「洞察力」とか「識別眼」だと思っています。

 

ものを見る目、人を見る目、世の中を見る目が養われてくると、生きることがそれほど困難ではなくなっていきます。

 

例えば『学歴が高ければいい人生を送れる』という価値観があります。

だけど僕は高学歴でもうつ病になった人を知っていますし、どこに就職してもまわりの人とコミュニケーションが取れず、ひきこもりになってしまった人も知っています。

 

もちろん高学歴の人の方が社会に出て活躍する人が多いのは知っています。

就職や結婚にも有利なことも知っています。

 

でもすべての人がいい人生を歩めるわけじゃない。

 

中学しか出ていなくても事業で大成功をおさめて、毎日楽しく暮らしている事業家の方もいます。

苦労して司法試験に合格して弁護士になっても、日本はアメリカと違って訴訟の数が少ないから食っていけないと言われています。

 

外国に留学して英語がペラペラになったのに日本ではほとんどの会社が英語を必要とせず、結局海外赴任を命ぜられて苦労しているという声も聞きます。

 

僕は何も「勉強をするな」「勉強なんか無意味だ」と言ってるわけではないんです。

勉強はものすごく大事なことです。

 

でも『何を勉強するのか?』ということはもっと大事なことです。

「勉強していい成績をおさめればその後の人生は安泰だ」という考え方しか知らないという人はそれこそ勉強していない人です。

 

世の中は今、そんな風になってはいないのです。

どんなに学歴が高くても、どんなに資格を持っていても、そのことを知らなければハッピーに生きてゆくことはむずかしいでしょう。

 

高校中退して設備屋に就職して、毎日泥だらけになって現場作業に明け暮れていたらいつのまにか設備屋の社長になってしまっていたという人もいます。

 

不登校になって、家でひきこもってパソコン作業をしていたら、いつのまにかスゴイアプリを開発してしまい、それを企業に売却して億万長者になったという人もいます。

 

そういう人たちは何を学んだのでしょうか?

決してそれは世間一般で言われている「お勉強」ではなかったはずです。

 

一生懸命勉強して、いい大学を出るのは立派なことです。

でも「そこから先」が本当の勝負になるのです。

社会に出てからが本番なのです。

 

その本番で自分の実力を発揮できなければ、その人の人生は暗いものになってしまう。

 

でも親も学校の先生も、子どもたちに「社会に出てからのこと」はあまり教えようとしません。

勉強さえしていれば、あとは何とかなる」と思っているから、肝心かなめの社会に出てからのことをあまり教えたがらないのです。

 

そういうことを知っていて、「世の中がどうなっているのか?」ということを見抜く力を持っていないと、これからはますますキツくなってゆくでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ビジネスの世界で成功するために必要なこととは?

マクドナルドはどうして成功したのか?

「同じこと」をやったからです。

 

ハンバーガーの作り方、味、お店の作り、デザイン、メニュー、従業員の制服、etc・・・

世界各地で同じことをやっている。

 

いわば、これって『コピペ(コピー&ペースト)』ですよね。

 

ビジネスの世界では同じことを同時にやれば儲けることができるんです。

だからスターバックスはニューヨークにもあるし、アフリカにもある。

僕の住んでる街にもある。

 

そしてその味やお店の雰囲気はどのお店も『ほぼ一緒』です。

 

でもパチンコで昨日フィーバーした台が今日もフィーバーするとは限りません。

「同じこと」をやって通用するのは、ビジネスの世界だけなのです。

 

だからビジネスで成功して億万長者になった人はいるけれど、パチンコをやって億万円長者になった人はいません。

 

コピペというのは恐ろしい力を持っているんです。

このコピペの力を利用することによって、お金持ちはお金持ちになったのです。

 

だからもしもあなたが「お金持ちになりたい!」という夢があるのなら、サラリーマンをしているだけではダメです。

脱サラ起業して、ビジネスの世界・商売の世界・投資の世界に足を踏み入れなければいけません。

 

ただしサラリーマン以外の世界はとても厳しい世界ですよ。

夢はあるけど、その分、誰も助けてくれません。

 

だからそっちの世界でもしも本気でやってゆくつもりがあるのなら、「そのあとのこと」も考えなければなりません。

一線を踏み越えてしまってから、「こんなはずじゃなかった!」って後悔しても遅いのです。

 

その辺りを見越したりする目も洞察力や識別眼ですよね。

 

もしもあなたがただ単に「仕事がツライから」とか「会社の人間関係が嫌だから」とか「会社にこき使われたくないから」という理由でこっちの世界に来ようとしているのなら、悪いことは言いません。

 

やめといた方がいいですよ!

 

こっちの世界はそういう気持ちでフラフラと足を踏み入れてはいけない世界なんです。

そういう理由でこっちに来ても、まず間違いなく失敗します。

 

「こんなはずじゃなかった!」って後悔することになります。

 

スポンサーリンク

 

繁盛店をつくったお店の主人というのは本当にスゴイ人だと思う

お金を得ることだけが目的だったら、サラリーマンをしていた方がずっとラクですよ。

 

自分でお金を稼ぐということは本当に大変なことです。

たとえ10,000円稼ぐことだって非常にむずかしい。

 

繁盛しているお店の主人っていうのは本当にスゴイ人なんです。

これだけバッタバッタとお店がつぶれて、シャッター街みたくなっている中でその店だけお客さんが来てワイワイ賑わっている。

それって、並大抵のことじゃないんですよ。

 

そういうお店を作り上げることができる人というのは、本当に尊敬に値する人なんです。

たとえその人が中学しか出ていない人だったとしても・・・

 

ところが何もわかってないサラリーマンの人なんかは、「あの人にできたんだから、オレにもできるはず!」って思っちゃったりするのです。

 

どうぞやってみてください!

 

実際にやってみればわかりますよ。

繁盛店にするというのがどれほどむずかしいことか。

継続してお客さんが来るようなお店にするってことがいかに大変なことか・・・

 

そこは学歴とか、資格とかは一切関係ない世界です。

 

その人が東大出てようが、バーバード出てようが、そんなことでお客さんが来るわけじゃないんです。

その辺りのこともちゃんと見抜いて行動しなければいけませんよね。

 

スポンサーリンク

 

ビジネスの世界は学歴や家柄なんてものは一切関係ない

僕がいる世界では結果がすべての世界です。

横一線に並んで、「よーい、ドン!」でスタートして誰がうまくいったか・誰がうまくいかなかったかを競い合う世界です。

 

そこには学歴も、ルックスも、育ちも、資格も関係ありません。

 

お金を稼ぐ才能のない人はどんなに立派な学歴や資格を持っていても引きずり下ろされる厳しい世界です。

そんな厳しい世界で、例えば繁盛するお店を構えることができた人というのはそれだけで賞賛に値する人です。

 

サラリーマン時代にどんなに営業成績が良かったとしても、その人が同じようにお店を構えたら繁盛する店にできるかどうかはわからないのです。

 

何となく「オレにもできそうじゃね?」と思ってしまいがちです。

でも実際やってみると、商売を成功させるってことはとてもむずかしいことなのです。

 

ほとんどの人がうまくいかなくて、撤退します。

 

僕は不動産会社に勤務していた頃、テナントの仲介の仕事もやっていました。

その仕事を通じてたくさんの事業主さんと知り合いになりましたが、今でもお店を継続してやってる人はほんのひと握りです。

 

ほとんどの人が途中でうまくいかなくなってお店を畳んでいます。

学生だった頃や会社に勤めていた頃にどんなにチヤホヤされたとしても、それとこれとは話は違うんです。

 

しかし、その違いがよくわかってない人がいたりします。

それで「オレにだったらできる!」と鼻息荒くこっちの世界に飛び込んで、最終的にはうまくいかなくてダメになってゆく。

 

その時になって初めてその人は、今までバカにしていた中学しか出ていないお店の主人がいかにスゴイ人であるかを痛感するのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ビジネスの世界は僕みたいな変人でもやっていける世界

僕自身もこっちの世界にやってきて「よくオレは持ちこたえられているなー」と思う時があります。

 

僕は別に勉強ができたわけでもないし、何か特別な資格があるわけでもない。

サラリーマン時代も別に営業成績でトップだったわけじゃない。

 

それなのにこっちの世界では何とか長年にわたってやってゆくことができている。

 

「こんな特殊な世界で、よくオレはやってるよな」と自分でも思います。

それはきっと僕が特殊な人間だからなのでしょう。

 

要するに僕は『変人』なのです。

変人だから、こんな特殊な世界でも生き残ってゆくことができたのです。

 

でも「変(ヘン)」っていうのはあちら側から見たらヘンなだけの話。

こちらの世界ではそれが普通だったりします。

 

だから僕はしょっちゅう、人からヘンな顔をされます。

 

「不動産投資をやって生活をしています」と言えばヘンな顔をされ、「何億円も借金があります」と言えばもっとヘンな顔をされます。

 

でもそれは仕方のないことなんです。

彼らのいる世界では僕は『奇人変人』ということになるのです。

 

僕のやってることは彼らには理解できないことなのです。

でもこっちの世界ではそうじゃない。

 

僕のやってること、僕の考え方のほうが「普通」で「スタンダード」で「当たり前」なことなのです。

 

スポンサーリンク

 

なぜエリートの御曹司が先代から引き継いだ会社をダメにするケースが多いのか?

オレオレ詐欺の被害も相変わらず高止まりのままという驚くべきデータもあります。

 

オレオレ詐欺に限らず、僕からすると「どうしてこんなことで騙されちゃうの?」「どうしてこんなことわからないの?」ということに引っかかっちゃう人が大勢います。

 

きちんとした洞察力や識別眼があれば、そんなくだらないことに引っかかるはずがないのに簡単に騙されちゃう。

 

よく創業者は立派な人だったのに、2代目・3代目の息子がバカだったばかりに会社がダメになっちゃうことってありますよね。

あれなんかも典型です。

 

この世の中を生きてゆくためには洞察力や識別眼が必要なのです。

それが備わってないと、カンタンに足元をすくわれちゃうんです。

 

金持ちの家に生まれて、高い塾に通わされて名門校を受験する。

中には親の金で留学までして、向こうでMBAとか取ってくる。

 

____そんなエリート御曹司でも、父親が死んで後を継いでみたらすぐに会社をダメにしちゃうケースもあるんです。

 

僕がいるビジネスの世界にはそういう世界なんです。

いい大学を出て、アメリカでMBAを取ったからといって事業家として失格だったら、すぐにボロが出て事業はうまくいかなくなるんです。

 

たとえ中学出てから毎日泥だらけになって働いてきた設備家の若社長の方が逆に成功したりするんです。

 

横一線に並んで「よーい、どん!」とした瞬間には、それまでのことはいったんチャラになるんです。

あとは実力の世界です。

 

スポンサーリンク

 

洞察力や識別眼を養っていないと、手痛い目に遭うことになる理由

どんなに資格を持っていても、どんなに肩書きを持っていても、事業家としてトンチンカンだったらうまくいきません。

そしてそのトンチンカンさはすぐにバレます。

 

「先代はあんなに立派だったのに、2代目は何もわかってないバカヤローだね」とすぐに悪い噂が立ちます。

 

もうそうなったら、どんなに着飾ってもダメです。

ちゃんと中身が伴っていないと、どんなに外側だけデコレーションしてもダメなんです。

 

よく髪を茶髪にしたり、ピアスを開けてたりする2代目や3代目がいます。

青年会議所だか、商工会議所だかに所属して毎晩繁華街で飲み歩いてるような手合いです。

 

こういうのがいちばんヤバい。

 

あなたの街にもきっとこういう御曹司がいるはずです。

挨拶もロクにできないヤツ。

高級外車を乗り回して、飲み屋のオネエちゃんを必死で口説いてるヤツ・・・

 

みんな見てるんです。

その街じゅうの人たちがその人のその姿を見てるんです。

 

もちろん銀行の人も見ています。

みんな見て見ぬフリをしているだけ。

 

そういうナメた態度をしていると、必ず天罰が降ります。

神様だってもちろん見てますよ。

 

本人だけがいろんな人から見られてることに気づいてないんです。

 

「エリート」だか「プリンス」だか知りませんが、ビジネスの世界はそんなこと一切関係ありません。

事業家としての才能と能力に欠けている人は絶対に会社を潰します。

 

それは洞察力や識別眼がないからです。

物事の本質や人を見る目が不足しているからなのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回はなぜビジネスの世界では学歴とか家柄とかが通用しないのか?ということについて僕の思うところを述べてみました。

 

これはビジネスの世界に限った話ではありませんが、世の中を見通す目を持っていない人は必ず失敗します。

 

特にビジネスの世界は実力の世界なので、実力のない人はどんなに着飾ったとしてもすぐに『御里が知れる』という状態になってしまうのです。

 

そうならないように僕たちはいろんなことを経験して、そこからいろんなことを学び取って、その学びを人生に活かす術を身につけなければならないのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 
 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2017 All Rights Reserved.