不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

ウォーレン・バフェットも実践している!投資をやるうえで必ず抑えておかなければならない6つのポイント

2018/06/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

僕は38歳の時に脱サラして、・ビジネスの世界でメシを食ってゆく道を選びました。

僕みたいな道を歩もうとしている人、もうすでに歩みはじめた人などいろいろいると思います。

 

もちろん不安定な世界です。

もうサラリーマンではありませんので、毎月25日に確実に給料が入るわけではありません。

 

だからみんな不安でいっぱいでいます。

「サラリーマンをしていた方が良かったのではないか…?」自信喪失している人も結構たくさんいます。

 

今回はそんな人のために僕なりの「投資哲学」「ビジネス哲学」のようなものを書いてみようと思います。

 

僕も昔は不安でいっぱいでした。

だから彼らの気持ちが痛いほどよくわかるのです。

 

人間は不安にかられると「自分が何をやっているのか?」ということを見失います。

それは非常に危険なことです。

 

いちばん大切なことは、『これなら絶対に誰にも負けない』というものを1つ見つけ、とにかくそれをとことんまで追求することです。

 

たった1つでもいいからそういうものを持っていると、強いです。

 

自分が何をやっているのか?

どうすればうまくいくのか?

何をやればいいのか?

 

「これこそは!」とものを持っていて、それを追求している人はそういうことをよくわかっています。

だからますます投資や事業がうまくいくのです。

 

僕もこのやり方でおかげさまでそこそこやっています。

「スタートしたとしても8割が失敗する」と言われる投資や事業の世界で、かれこれ7年近く生き抜いています。

 

そして(これがいちばん重要なことなのですが)、未来にも希望を持っています!

 

スポンサーリンク

「よく知ってるもの以外には手を出してはいけない」と僕が強く訴えるのはなぜか?

黒板に向かって授業をしている消しゴムのイラスト

僕は人生全般においては「なんでもチャレンジしてみる」「いろんなことを経験してみる」という姿勢はとても大切なことだと思っています。

 

しかし、こと「投資」に関して言えば、いろんなものに手を出しすぎることは危険なことだと思っています。

 

よく『多角経営』とかって言ったりしますが、それが単なる「つまみ食い」になってしまってはダメです。

 

僕はいつも投資やビジネスをするときは、自分が腹の底から理解できるもの以外は絶対に手を出さないようにしています。

 

どんなにそれが流行ってるものであっても、どんなに短期的にリターンをもたらしてくれそうなものであっても、自分が理解できて納得できるものじゃないもの手を出すことはしません。

 

僕は生き方はコンサバティブ(保守的)ではないかもしれないけれど、お金を稼ぐことに関しては誰よりもコンサバティブ(保守的)だと思っています。

 

今も昔もお金を稼ぐことに近道はありません。

短期的に利益を上げる人もいますけど、そういうことができる人は本当に限られたごく一部の人だけです。

僕みたいな凡人にはとてもじゃないけどできる芸当ではありません。

 

僕みたいな凡人は自分なりに知恵を絞って、その知恵で勝負するしかないんです。

そしてその知恵を引き出すために必要なものは「自分が誰よりもよくそのことを知っている」という状態です。

 

そういうものを1つでも持っている人は強いです。

 

僕で言えば、それは『不動産』ということになるかもしれません。

だから僕は「成功者1割」と言われる不動産投資の世界で成功することができたのだと思います。

 

僕にも「レストランをやらないか?」とか、「宿泊施設を経営しないか?」とか、いろんな投資やビジネスの話が舞い込んできます。

でも僕はそれらのお誘いを片っ端から断っています。

 

どんなにそれがおいしそうな話であっても、絶対に耳を傾けることはありません。

 

それはなぜか?

知らないからです。

 

僕は飲食店でどうやって利益を出したらいいのかさっぱりわかりません。

僕は宿泊施設がいったいどのような仕組みで利益をあげているのかさっぱりわかりません。

 

そういう得体の知れないものに僕は手を出さないようにしているのです。

 

それでなくとも僕にはやりたいこと、やるべきことが山のようにあります。

 

家族と一緒にごはんを食べたり、猫と一緒に遊んだり、昼寝をしたり、本を読んだり、ブログを書いたり、ジョギンングしたり、etc

 

____それらのことをやっているだけでも、一日はあっという間に過ぎていきます。

 

多少儲かるからといって、なぜこれ以上面倒なことを抱え込まなければいけないのでしょうか?

それをやるメリットがいったいどこにあるというのでしょうか?

 

僕は根っからのリベラルな人間なのに、投資やビジネスでは保守的なのはなぜか?

パソコンを開いて笑顔を見せているサラリーマンのイラスト

僕はラーメン屋にしろ、洋服屋にしろ、一度「ここだ!」と思ったらそこにばかり行きます。

そういった僕の傾向や性格がビジネスでも現れているのかもしれません。

 

しかも僕の場合、ラーメン屋で注文するメニューも毎回同じものばかりです。

 

味噌ラーメンと餃子。

 

____それで十分、満足することができます。

 

「醤油ラーメンが食べたいな」とか、「たまには塩にしてみようかな」と思ったことは一度もありません。

いつも同じメニューです。

 

奥さんはそんな僕が見て「つまらない」と言います笑

「みんなから変わり者だと言われてる割には、あなたってすごく保守的だわ」と、よく言われます。

 

そう、僕は自分ですごく保守的な人間だと思っています。

政治的にはリベラルだけど、そのほかのことに関してはすごく保守的だと思っています。

 

でもそれで功を奏しているのならば、それをわざわざ変更する必要はないのではないでしょうか。

 

服に関しても、僕はいつもGAPの服ばかり着ています。

デザインも素材もしっくりくるので、気に入っています。

 

そして、何と言っても値段も安い!

 

ちなみにコーヒーはスターバックス。

デジタル機器はアップルの製品。

 

____それで十分、ハッピーなんです。

だからあれこれ思い悩む必要はありません。

 

シンプルでいいですよ!

 

ユニクロもすごいなと思うし、Andoroidだっていいスマホだと思います。

でも僕はGAPの服に満足してるし、iPhoneやMacBookで十分ハッピーなんです。

 

投資やビジネスだって、不動産投資とブログだけで十分メシを食えているので、それだけで十分。

「もっともっと儲けたい!」とか、「大富豪になりたい!」といったようなことは微塵も考えませんね。

 

でもそのおかげで、余計なことをあれやこれや考える必要もなく、非常に助かっています。

 

よくいろんな事業形態をやってる企業があるけど、「いったいどうやってるんだろう?」って僕はすごく不思議に思っています。

 

本業以外にもホテル経営はやるわ、飲食店はやるわ、ゴルフ場はやるわ・・・っていろんなものに手を出して、「よく収拾つかなくならないなー」と関心してしまいます。

 

僕だったら絶対にできません。

まあ、やろうとも思いませんけどね。

 

僕が新しい儲け話や投資話にまったく興味を示さないのはどうしてか?

扇子を持って楽しそうに踊っているサラリーマン

僕はなぜ不動産投資をやっているのかというと、不動産のことをよく知っているからです。

僕は不動産会社に勤務していましたので、不動産のことに関してなら普通の人よりも詳しいはずです。

 

もちろん僕よりも不動産のことを詳しい人はいっぱいいることでしょう。

でも少なくとも「不動産投資というものの全体像がつかめずに不安だ・・・」という状態の人よりかは僕の方がマシかもしれません。

 

サッカーをやっていた人の方がやっていない人よりもボールの扱いはうまいでしょう。

ピアノを習った経験がある人の方がピアノを触ったことのない人よりも上手にピアノを弾けるはずです。

 

僕は何かをやる際には「自分がよく知ってることをやった方がいい」と思っています。

よく知らないものに手を出すのは、一度もボールを蹴ったことがないのにサッカーの試合に出るようなものです。

 

それほど恐ろしいことはありません。

 

お金が絡んでることに関しては、特に注意しなければなりません。

 

「あれをやれば儲かるだろう」「これをやれば儲かるはずだ」という理由だけでよく知らないものに手を出すことはあまりにも危険です。

 

よく僕は「どうして不動産投資なんてものをやっているんですか?」という趣旨の質問を受けます。

その度に答えに窮してしまいます。

 

でもきっと「不動産のことに関して自信があったから」というのが質問の答えになるんだと思います。

 

これがもしもカフェの経営だったり、学習塾の経営だったりなんかしたら、僕はきっと成功していなかったと思います。

それが不動産に関するビジネスだったからうまくいったんです。

 

なんでもいいわけじゃないんです!

 

だから僕は新しいビジネスや新しい投資の話が舞い込んできても、あまり興味がありません。

それはそのビジネスや投資が悪いわけでも嫌いなわけでもなく、ただ単純に「知らない」からです。

 

知らないものには手は出せません。

ましてやお金は出せません。

 

不動産投資や株式投資、その他いろいろな投資話や儲け話が巷には転がっています。

そしてそういった話に乗って失敗する人が後を絶ちません。

 

僕はそういう失敗した人に聞いてみたい。

 

「それ、本当によく知っていましたか?」「腹の底まで理解した上でスタートしましたか?」って。

 

ビジネスや投資の世界は待ったなしの世界です。

全部、自己責任です。

これが「ああ、サラリーマンの世界と随分違うんなぁ・・・」と僕が思った最大のことです。

 

サラリーマンの世界ではよっぽどのことがない限りミスをしても許されます。

もちろんとんでもないミスをした場合は解雇されたり、リストラされたりはするかもしれません。

 

でも自分で事業をやる人よりは猶予があるでしょう。

せいぜい上司に怒られるくらいのものです。

 

しかし、自分で事業をやる人や投資をやる人は、ひとつのミスは「命取り」になりかねません。

その失敗は即刻自分の人生に影響を及ぼします。

 

おっかない世界なのです。

 

だからこそ、サラリーマン以外の道を歩む人は自分が熟知している分野で勝負しなければいけないのです。

 

「あっちの蜜が美味しそうだな」「こっちの蜜が甘そうだな」といった具合にフワフワしていたんではいつまでたっても成功できないでしょう。

 

また、そういう人は信用もなくしてしまいます。

 

投資でいちばん重要なことは数よりも中身であると僕が豪語する理由

少ないお金が増えて大金になってるイラスト

もしも取得しても大して利回りを期待できないような物件や投資があったら、僕は迷うことなくその投資案件から降ります。

 

どんなにその物件がRC造のハイ・グレードなマンションだったとしても、月々十分なキャッシュフローが入ってこないようなものを手に入れてもまったく意味がないのです。

 

もしもめぼしい物件がなかったのなら、「仕方ない。今は諦めよう」と思って撤退します。

無理して物件を取得しようとは思いません。

 

そんなことをしても後々後悔するのは目に見えているし、そんな風に無理して突き進んだとしても、ロクなことにはならないことはこれまでの経験でわかっています。

 

僕もいろいろと失敗してきたんです。

その失敗からたくさんのことを学んできたんです。

 

絶対に自分が納得できないような物件には投資しないことにしています。

その代わり、自分が心の底から納得できて、「これだ!」と思えた物件には僕は全財産を突っ込むくらいの覚悟を持っています。

 

僕が札幌で取得したある物件は、当時8,500万円というとんでもない金額でした。

あれを取得した時、まわりの人から「バカだ」「マヌケだ」「自殺行為だ」と散々言われました。

 

でも僕はその物件がものすごいポテンシャルを持っていることを見抜いていました。

しかもそのポテンシャルに比べると、異様に安い金額で売りに出されていることも見抜いていました。

 

だから僕は突っ込んでいきました。

 

僕には勝算があったんです。

決して玉砕覚悟で突っ込んでいったわけではありません。

 

ちょうど東日本大震災が起きた直後のみんなが不安に苛まれていた頃の話でした。

 

おそらく当時の所有者の方は先行きの見えない日本経済の中で、「一刻も早く不動産投資から足を洗いたい!」という想いでその物件を売りに出したんだと思います。

だからあんなに安い金額で僕のところに提示があったんです。

 

その物件は僕に(うちの会社に)毎月たっぷりとキャッシュフローをもたらしてくれています。

 

売るつもりはまったくないのだけれど、昨今の異常な不動産価格の高騰ぶりを見て僕は知り合いの不動産会社の営業マンに査定してもらいました。

 

すると彼は「1億4,000万円」と査定しました。

 

もちろんその金額が妥当かどうかはわかりません。

1億4,000万円で売りに出して、本当にその値段で買ってもいいという人が現れるのかどうかはわかりません。

 

それでも当時8,500万円で買ったマンションの値段が1億4,000万円という査定が出たという事実。

 

_____そっちの方が重要なのです。

 

僕はどんなに人が「いい物件だよ」と言っても、自分が納得できないような物件だったら絶対にその物件の取得には動きません。

その代わり、自分が「これはいい物件だ!」と納得できた物件だったら、どんなに無理をしてでも取得に動きます。

 

投資をする上で他人の評価はどうでもいいことなんです。

自分の評価がいちばん重要なことなんです。

 

僕は投資というのは長い目で見なければいけないと思っています。

 

「あれも良さそうだな」「これも良さそうだな」といった具合に風見鶏のようにあっちこっちにキョロキョロ移ろう投資は好きではありません。

 

数とか規模とかはさして重要なことではありません。

 

いちばん大切なことは「中身」であり、「内容」です。

 

中身や内容が大したことないのに頭数だけ揃えても何にもならないのです。

 

どんなに人から『単調だ』『つまらない』『ありきたりだ』と揶揄されても、僕はこのスタイルをやめるつもりはありません。

 

投資はギャンブルとは違うのです。

 

ウサギとカメでいったら、間違いなくカメの戦法でいくべきです。

それなのにあまりにも多くの人がウサギの戦法で投資をやろうとしている。

 

だからほとんどの人の投資がうまくいかないのです。

 

「今、盛り上がっているから」という理由だけで特定の投資に参加するのはあまりにも危険

札束を握っている手のイラスト

これは投資だけじゃなく、ビジネス全般においても言えることなのですが、「自分がいったい何をやっているのか?」ということをきちんと把握しておくということはとても大切なことです。

 

どんな風にしたらおいしいラーメンが出来上がるのか?ということがわからないようなラーメン屋が流行るわけがありません。

行き当たりばったりや口八丁手八丁でやったって絶対にうまくいかないのです。

 

それは投資だって同じことです。

 

自分がいったいどんな投資にお金を出すのか?

なぜその投資をやろうと思ったのか?

そのメリットは何なのか?

そこにあるリスクはどんなものなのか?

 

____投資や資産運用をこれからやろうと思っている人は、そのことをきちんと把握しておく必要があります。

 

そして、もしも今自分がやろうとしていることが「よくわからない」とか「曖昧」というものだったならば、悪いことは言いません。

無理して投資なんかやらない方がいい。

 

ちゃんと隅から隅まで理解するまでその投資には手を出さないことです。

 

その投資がどんなに流行ってるものであったとしても、一見するととても魅力的に見えたとしとしても、絶対にその投資の中身についてあなたはよくよく知っておかなければなりません。

 

ただ単に「儲かりそうだ」とか、「今、ホットだから」とか、「キレイに見えたから」という理由だけで判断してはいけません。

 

アイドル・グループにしても何にしても、ブームというのはいつか終わります。

あまり世間の盛り上がりに左右されてはいけません。

 

ITバブルの時にもてはやされたインターネット関連の会社で今、生き残っている会社はどれだけあるでしょうか?

 

一過性の盛り上がりに投資してはダメです。

 

今、不動産がちょっとしたブームになっています。

そのせいで不動産の価格がバカみたいに高騰しています。

 

ITバブルの時も利益も出てないような会社なのにバカみたいに株価だけ高いような企業がたくさんありました。

 

非常によく似ています。

 

僕は不動産の世界に長年生きてきて、長期にわたってアパートの大家さんをやっているのでわかるんです。

今みたいにバカみたいに高い値段で物件を取得してしまったら、月々のキャッシュフローは絶対にプラスになることはないでしょう。

 

よっぽど頭金をたくさん突っ込んで融資を組んだのなら話は別ですが、おそらくそんな人はあまりいないはずです。

 

こういう時期にこういう高い物件を平気で買うような人は、きちんと把握しないままやっている人です。

だってきちんと把握していたら絶対に怖くて手が出せないはずですから・・・

 

おそらくその人は「今、不動産投資がアツいから」とか、「超低金利時代で銀行がバンバンお金を貸してくれたから」という理由だけで不動産投資をスタートしたのでしょう。

 

_____それはあまりにも危険なことです。

 

今は物件を取得するのに最もふさわしくない時期です。

 

それなのに本屋さんに行けば、「今は物件を取得するのに最もふさわしい時期である」という本や雑誌がズラッと並んでいます。

 

僕が正しいのか、それともそういった本や雑誌が正しいのか。

あと3年もすればわかるでしょう。

 

古いけどめっちゃ稼いでくれる物件と、新しいけど全然儲からない物件。さて、あなたはどちらを選びますか?

高層マンションのイラスト

うちの会社で所有している物件の中で昭和57年に建てられた鉄骨造のアパートがあります。

もちろんとっくの昔に減価償却は終わっています。

 

そんな古い物件なんて普通の人は見向きもしないでしょう。

銀行もきっとそんな物件には融資してくれないでしょう。

 

だけどその物件はうちの会社の中で最も良い成績をおさめてくれています。

いわば「稼ぎ頭」になっているのです。

 

僕はその物件が継続的に入居者を連れてきてくれるだろうなということは最初からわかっていました。

立地条件も最高で、独身の一人暮らしをするのにちょうどいいサイズと間取り。

室内はリフォームをすればいくらでも見た目を良くすることは可能です。

 

多くの人は敬遠するかもしれませんが、僕の目にはその物件は「長期にわたってお金を運んでくれる宝箱」のように見えました。

 

なぜそれがお金を運んでくれるいい物件だと見抜くことができたのか?

それはやっぱり僕が長年不動産会社に勤務して、いろんな物件を見てきたからでしょう。

 

要するに「知ってる」ということです。

 

だって実際にお客さんを案内する立場だったんですから。

お客さんがどんな物件を求めているのか?ということは嫌というほど知っています。

 

少なくとも本や雑誌に感化されただけで、不動産投資の世界に飛び込んできた人よりは知っていると思います。

 

つまり僕は何を言いたいのか?というと『そのことについて知っているということはとても重要で、勝負するならその自分がよく知ってる分野で勝負すべきだ』ということです。

 

その分野のことに精通していれば、何も恐れる心配はありません。

極端なことを言えば、それはスタートする前から成功することが見えているのです。

 

投資やビジネスに関して、自分のよく知らない分野に手を広げることは命取りになります。

何がリスクかといってそれほどリスキーなことはありません。

 

異業種に手を広げて拡大路線を取ることはあまりにも危険なことだと僕は思います。

そういう風にしている会社はいっぱいあるのは知っていますが、少なくとも僕はその戦略は取りません。

 

売上だけ高くても、利益が低かったら何にもならないのです。

 

「あれもこれもやっている」ということが評価される時代はとっくの昔の終わったのです。

 

一つのことだけに集中し、とにかくそれにこだわり続け、そこの部分に関しては他の追随を許さないようなものを1つだけ持ってる企業の方が僕は魅力的に見えます。

 

「会社の規模」とか、「従業員の数」とか、「売上高」といったものはデコレーションでしかありません。

 

もしも一つの事業形態だけで十分に儲かっているのなら、多角経営なんてする必要はありまでん。

その儲かってるものをさらに追求し、それを大きくしていけばいいだけのこと。

 

いろんなものに手を出すということは、それだけ「利益が盤石ではない」ということなのです。

メインとなる事業がもう頭打ちで「もうこれ以上伸びしろがない」という状態になってしまったから他に手を伸ばす。

 

_____それが「実態」です。

 

僕はあまりそういうの好きではありません。

大きさや派手さは二の次三の次でいいと思っています。

 

よく知りもしない業種にまで手を広げる必要はどこにもないのです。

 

まとめ

口を大きく開けてるキジトラ柄な猫の写真

いかがでしたでしょうか。

 

今回は「どんな投資やビジネスをすればいいのか?」という観点で僕なりの考えを述べてみました。

 

今回の記事をまとめると次のようになります。

 

 

投資にしろ、ビジネスにしろ、実際にやるということはとても勇気がいることです。

しかもそれで確実に成功をおさめるというのは、「至難のわざ」と言ってもいいくらいです。

 

だから今、多くの事業家や投資家たちが不安に苛まれています。

 

彼らは僕の同志です。僕もまったく一緒の立場です。

我々はサラリーマンではないのです。

 

自分のやってる事業や投資がうまく行かなかったら、収入は途絶えてしまいます。

だからこそ、なんとしても成功しなきゃいけないのです。

 

今回はそんな僕の同士たちを励ます意味で、僕なりの「投資哲学」「ビジネス哲学」の一部を披露しました。

 

今後もいろいろと書いていきますので、ぜひお楽しみに!

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2017 All Rights Reserved.