投資信託への長期分散投資には意味がなく、危険だと僕が思うこれだけの理由

2019年3月14日

いま、巷でベストセラーになってる投資法の中でうたわれている分散投資という言葉に違和感や疑問を感じたことはありませんか?

本記事ではそんな人のために僕がいま、世間でもてはやされている分散投資がなぜ危険なのかということについて解説しています。

 

Left Caption

ハルキ

本当の分散投資を模索している人、必見です!

 

スポンサーリンク

いま、巷でもてはやされている分散投資は意味がなく、危険だ!

市場というのは「ミスター・マーケット」と呼ばれ、プロの機関投資家やファンド・マネージャーでも長期間にわたって勝利をおさめることはできないと言われている。

 

だから個別株やアクティブ・ファンドに投資するよりも、インデックス・ファンドに投資した方がいいと謳う本がベストセラーになっている。

 

インデックス・ファンドというのはアメリカで言えばS&P500とかダウ、日本では日経平均株価やTOPIXといった株価指標に連動した動きをする投資信託のことだ。

そこにお金を投資することがいちばん理にかなった賢いやり方だというわけだ。

 

プロのファンド・マネージャーが運営するアクティブ・ファンドよりも、インデックス・ファンドの方が運用利回りが良かったという過去のデータもある。

 

今、巷にはインデックス・ファンドを推奨する本があふれている。

その本の中では繰り返し、『分散投資』という言葉がつかわれている。

 

僕はそこに若干、違和感をおぼえる、、、

分散投資を推奨しているはずの本なのに、その中身をよくよく見てみると実質的にはまったく分散投資になっていないように思えるからだ。

 

ミスター・マーケットは気まぐれで、株式投資のプロでも予測するのは不可能だ

だから防衛策として分散投資をするのだ

 

それは確かに一理ある。

だが、その場合の「分散投資」というのは本当にリスクが分散されているのか?

リスクがヘッジされているのか?

 

僕はそこのところがどうしても引っかかる、、、

 

「卵はひとつのカゴに盛るな」という言葉はもう耳にタコができるくらいよく耳にする言葉だと思う。

しかしながら、今、巷で言われている分散投資というのは、卵をいろんなカゴではなく、一つのカゴに盛っているように思えるからだ。

 

確かにパッと見はあっちもこっちに分散投資してるように見える。

ファンドの中で300も、3,000もいろんなものに投資すれば、なるほどそれだけリスクが軽減されているように見える。

 

最近では『バランス・ファンド』なんてものもあり、先進国や新興国、株式や債券といった具合に、ありとあらゆる資産に分散して投資してくれるということで大変人気だ。

そして、パッと見、リスクが軽減されているように見える。

 

でも、果たして本当にそうなのだろうか?

 

Left Caption

ハルキ

僕はいま、巷でもてはやされている「分散投資」は意味がなく、危険だと思っているよ。

 

関連記事

もしも本当にリスクが分散されているなら、なぜ暴落のときに含み損になったのか?

2018年の年末から年始にかけて、全世界に株価が下がり、多くの人を驚かせた。

あのとき、インデックス・ファンドと呼ばれる投資信託を分散しながら保有していた人のほとんどは含み損を抱えた。

 

Twitterでも彼らの悲痛の叫びがあちこちで見られた。

その後、アメリカの株価も日本の株価も持ち直し、含み損を抱えていた人たちのマイナスもプラスに戻った。

 

そのことによって多くの人たちは「めでたし、めでたし」という具合に、まるで何事もなかったかのようにインデックス・ファンドを分散して保有する以前のやり方に戻っていった。

 

僕は彼らの態度に違和感を感じた。

彼らは何とも思わなかったのだろうか。

自分たちがやってるやり方に疑問を感じなかったのだろうか。

 

彼らは常日頃から「オレたちは分散投資をしているから、リスク・ヘッジしているんだ」と言い続けてきた。

だから暴落が起きても大丈夫なのだと、、、

ところが2018年の暮れに起こった暴落時、彼らのポートフォリオは傷を負い、ほとんどの人が含み損を抱えることになった。

 

つまり、まったく分散効果が効いていなかったのである。

まったくリスクがヘッジされていなかったのである。

 

もしも本当に分散投資がリスクをヘッジするものだというのなら、多少の暴落が起こったとしても含み損を抱えることはなかったはずだ。

集中投資をしている人たちが頭を抱える横で、分散投資をしている人たちだけは高みの見物ができていたはずだ。

 

ところが現実はまったくそんなことにならなかったのである。

 

Left Caption

ハルキ

300も、3,000も分散していたはずなのに、そのどれもが連動して下がり、大きな含み損を抱えることになったんだよ!

 

関連記事


 

『紙の資産』という一つの資産の中でいくら分散投資しても、リスク・ヘッジにはならない

 

集中投資がいいか

分散投資がいいか

 

この議論はほとんど神学論争化している。

 

僕がいちばん問題だと思うのは、いま、巷で言われてる分散投資というものが実はすべて『紙の資産(ペーパー・アセット)』という一つの資産のなかで行われているということだ。

そして、『紙の資産』という一つの資産の中でいくら分散投資しても、リスク・ヘッジにはならないということだ!

 

なぜなら、それは一つの資産の中で分散投資しているだけだからだ。

それは300分散しようが、3,000分散しようが、30,000分散しようが、、、、その数自体にはほとんど意味がない。

 

重要なことは、すべて紙の資産の中だけの話だということ。

いま、巷でベストセラーになってるインデックス・ファンドへ投資することを推奨する本の最大の問題点はそこにある。

 

一歩引いて世の中を見てみよう。

ひとつの箱の中だけにとどまっていると、視野は狭くなる。

まわりが見えなくなり、判断を誤る、、、

 

お金を得る方法は他にもまだいっぱいあるのだ。

 

今、巷でベストセラーになってる本で語られてる分散投資というのは、実は本当の意味での分散投資にはなっていないのではないか。

僕が問題にしているのはそのことだ。

 

それは、ものすごい集中投資かもしれない。

『紙の資産』という一つの資産への集中投資だ!

 

アメリカ株だろうが、日本株だろうが、アメリカの債券だろうが、日本の債券だろうが関係ない。

先進国だろうが、新興国だろうが関係ない。

 

それはすべて紙の資産(ペーパー・アセット)の中の物語なのだ。

 

さて、ひとつの資産の中だけで行われている投資というのは、果たして分散投資だろうか?

それとも集中投資だろうか?

 

普通はこういうのを集中投資という。

集中投資をしているから、ひとたび株価が暴落したら、一気にポートフォリオが傷ついてしまうのだ。

 

もしも本当に分散投資をしていたのなら、株価が暴落してもポートフォリオが痛むことはなかったはずだ。

 

Left Caption

ハルキ

そのために「分散投資」してるんじゃなかったっけ?

 

関連記事

僕の定義する本当の分散投資とはどのようなものか

僕は不動産投資を主戦場に闘ってきた。

実は不動産投資にもいろいろある。

 

アパートやマンションといった集合住宅

一戸建ての住宅

区分所有マンション

ロードサイドの店舗

オフィス・ビル

月極駐車場

借地

リースバック

etc・・・

 

『不動産投資』と一口に言っても、実に多種多様なのだ。

そして、どんな物件を取得するのか?」によって不動産投資の内容自体がまるっきり違ってくる。

 

でも不動産投資というひとつのカテゴリーに投資していることは一緒だ。

テナントだろうが、駐車場だろうが、アパートだろうが、みんな『不動産の世界』の話だ。

 

どんなにいろんなタイプの不動産を保有し、それに投資をしていたとしてもそれは分散投資とは言えない。

それはすべて不動産という世界の中の物語に過ぎない。

 

同じことはペーパー・アセットにも言える。

 

僕が考える分散投資というのは株や債券、投資信託といった紙の資産にも投資し、同時に不動産にも投資することだ。

さらに給与所得者として勤労所得もあり、石油や先物商品といったコモディティにも投資していたりなんかしたらサイコーだ!

 

これだけ多岐にわたっていれば、どれかがダメになっても食いっぱぐれることはないだろう。

それが本当の意味での分散投資だ!

 

そして、そんなふうにあちらこちらから所得を得ている人は実際にいる。

 

Left Caption

ハルキ

こういう人は極めてディフェンシブな人だよね。

 

関連記事

「自分は分散投資をしているんだ」と思ってる人は危ない

僕は今まで分散投資をして来なかった。

不動産投資一本に絞り、しかもその不動産投資の中でも中古の集合住宅に思い切って資金を投入してきた。

 

サラリーマンをしていれば得られた勤労所得も、脱サラしたことによって自ら放棄した。

株や債券といったペーパー・アセットにも投資してこなかった。

 

考えてみると、僕は「超」がつくくらいの集中投資人間だった。

かなり危ない話を渡ってきた・・・

 

これからは不動産投資とペーパー・アセットの割合を50:50くらいにしていきたいと考えている。

やっと僕も重い腰を上げて、『本当の意味での分散投資』をやる気になったのだ!

 

でも考えてみたら、危ない橋を渡ってきたのは(あるいは今、現在も渡っているのは)僕だけじゃない。

「自分は分散投資をしている」と思い込んでいる人も、実はかなり危ない橋を渡っている。

 

巷でベストセラーになっている本にはそのようなことは書かれていない。

そういった本を読んで、それに感化され、「自分は分散投資をしているんだ」と思い込んでいるとしたら・・・

 

それはもしかしたら、とんでもなく危険なことかもしれない。

 

Left Caption

ハルキ

これは世界経済が安定している今こそ考えておくべき問題だと思う。大混乱が起こる前に、、、

 

関連記事

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング

 

こちらの記事もよく読まれてます!