不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

オススメ本・柳澤英子著『「食べてもやせる」は本当でしたよ。』について〜ダイエットが苦行ではなく、ワクワクに変わる新感覚のダイエット本!

2018/11/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら
  • 著者  柳澤英子
  • 出版社  三笠書房
  • 分類  実用書
  • 出版日  2014/7/28

スポンサーリンク

 

この本はどういう本なのか?

体重73キロ、体脂肪率48%、ウエスト98センチ、15号サイズ!

健康診断でもいつも何かが引っかかっていたという不健康おデブちゃんだったフード・ライターが「さすがにマズい!」と一念発起。

1年間で26キロ減、体脂肪率26%減。

洋服のサイズも7号になるという劇的なダイエットを成功させる経緯とノウハウを描いた本。

大好きな食事の量を減らしたり、無理な運動などもせず、「食べながらやせる」ダイエットを紹介している。

ダイエットすることが苦しいことではなく、楽しいことだということが実感できてワクワクしてくる新感覚のダイエット本!

スポンサーリンク

 

著者の紹介

 

柳澤英子

料理研究家。編集・ライターとして料理関連の雑誌やムック、書籍、広告の制作に携わるとともに、レシピの開発や提供など食全般に関わる。

「食べるのも仕事のうち」を言い訳に、気づけば体重73キロ、体脂肪率48%、ウエスト98センチ、15号サイズ。

数々のダイエットに挑戦してはリバウンドをくり返したが、「さすがにマズい!」と始めた「食べてもやせる」ダイエットで劇的スリム化に成功。

1年間で体重26キロ減、体脂肪率26%減、ウエスト38センチ減、洋服サイズは7号になる。

 

関連書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

朝は排せつの時間なので、「青汁、ヨーグルト、水」がメイン。

胃腸をととのえて、昨日の汚れを朝のうちに出してしまう。

昼は1日のうちでもっとも食べていい時間帯ととらえ、野菜と肉、魚などのたんぱく質を取るようにする。

ファストフードならサイドメニューの多い店を選べば、サラダやチキン、スープも食べられる。

ランチメニューは定食タイプ、セットメニューのものをセレクト。

セットメニューにいいものがない場合は、サラダとメイン料理を単品注文で。

夜は「寝るだけ」の時間とし、主食は抜いて考える。

私の場合はお腹が落ち着いて満足感が得られる具だくさんの汁物や鍋料理をよく食べた。

 

特に朝食に関するところが驚いた。

僕は朝の時間というのは1日の活動をスタートさせる時間だから、しっかり食べなきゃいけないと思っていた。

ところが、最近の研究でも朝食にがっつり食べることと減量にはそれほどの因果関係はないことがわかってきた。

そういえば、最近読んだ腰痛の本でも朝食を食べると腰に負担がかかると書いていた。

アレルギーの本でも朝からモリモリ食べてると胃腸がびっくりして荒れると書いていた。

どうやら「朝食をがっつり摂ることはいいことだ」という説はマユツバものと思った方がいいらしい。

スポンサーリンク

 

自分の大好物をランキングすることで嗜好が丸見え!

私の場合ほとんどが炭水化物となった。

なぜ太ったかは一目瞭然だ。

好きであれば食べる機会も増えようというもの。

つまるところを糖質の摂りすぎが肥満の原因と気づいた。

これらとどのように手を切るか、または減らすか・・・

糖質との付き合い方ひとつで未来は変わると確信した。

ご飯を一口残したくらいで「そんなに食べていない。だから太る体質なんだ」と言い訳をしていたが甘かった。

言い訳ばかりしているうちは決して痩せられない。

太るのには体質以前と太る理由があったのに見て見ぬふりをしていたのだ。

しかも「野菜たっぷり。バランスの良い食生活だ」と思い込んでいたがそれは間違いで毎日糖質たっぷりのメニューばかりだった。

ポテトサラダのじゃがいもなんて糖質の塊だし、餃子の皮も糖質だし、焼肉のたれや厚焼き卵に入っているみりんや砂糖も糖質だ。

やはり糖質削減が最重要課題と決意した。

 

これを読んで僕も「やはり、糖質が問題なんだな」と僕も確信した。

というのも、僕もよく考えてみたら糖質たっぷりの食べ物ばかり好んで食べているからだ。

ご飯も、麺類も、甘い食べ物も大好きだ!

炭水化物の取り過ぎが僕のダイエットの本質的なところなのだと思った。

著者のようにこうやって自分が何を食べたのか・自分が何が好きなのかを書き出してみるというのはとても重要なことだ。

これはダイエットのことだけじゃなく、人生で遭遇する問題すべてに言えることだ。

問題を作り出している原因が何かあるはずなのだ。

それを客観的にあぶり出し、分析し、素直に認めなければ次には進めない。

 

 

 

ぜひみなさんも読んでみてください!

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.