不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

「自由に好きなことをやって生きること」を良しとしない日本的同調圧力への対処法

2018/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

僕はかなり好き勝手に生きてきたタイプの人間だと思う。

 

自分でもそう思うし、人からもよく言われる。

でも、そのような好きなことをして生きる生き方は、ここ日本ではなかなかしんどい選択となりうる。

 

何と言っても、ここは日本なのだ。

『出る杭は打たれる』がお国柄の国だ・・・

 

日本社会においては自由に生きることはあまり良しとされてない生き方なのだ。

好きなことをして生きることは人から嫌われる行為なのだ。

_____僕は脱サラ起業してそのことがよくわかった。

 

この国の国民は「メンツ」「ソトヅラ」のようなものを異常なまでに気にする。

僕はこの国の人々がこんなにそういったものに縛られているなんて知らなかった。

それは僕の想像以上だった。

 

日本社会のいたるところでは、目に見えない形の『ソサエティー』のようなものが形成されている。

そして、人々はその集団や組織のルールや掟に沿って生きている。

 

要するに 「みんなと同じでなければいけない」「人と違うことをしてはいけない」ということだ。

 

スポンサーリンク

目に見えない同調圧力に対抗するにはどうすればいいか?

僕は会社員でもなければ、何かの組織に属しているわけでもない。

自分で法人を設立したけれど、基本的にはまったくの個人として活動をしている。

 

僕みたいな人間は、完全にこの国ではアウトサイダーなのだ。

 

だから僕は孤独感のようなものを常に感じている。

「どこにも相手にされない」という孤独感とともに僕は生きているのだ。

 

どんなに自由を謳歌し、どんなに金銭的に満たされようとも、風当たりは強いままだ。

どこに行っても僕は浮きまくってしまう・・・

 

これはなかなか言葉では表現できない種類のものだ。

おそらく実際にアウトサイダーの立場になってみなければわからないものだと思う。

 

日本社会には明らかに『目に見えないルール』のようなものが存在している。

そして多くの国民はそのルールに縛られて生きている。

 

だから僕はある種の人たちからはとても嫌われるのだ。

拒絶反応を示される。

 

それは僕がどこにも属していない人間だということが影響している。

 

彼らは『僕』という存在が怖いのだ。

僕が体現しているものが怖いのだ。

 

この国ではその個人がどんな人物なのかよりも、もっと重要視しているものがある。

 

それは、

 

どんな組織に属しているのか

どんな学校を卒業したのか

どんな会社に勤めているのか

どんな資格を有しているのか

どんなコミュニティの中にいるのか

 

_____ということだ。

 

だから僕みたいなどこにも属してない人間は、彼らにとって恐怖の対象でしかないのだ。

だから、猛烈なアレルギー反応を示すのだ。

 

僕は毎日そのような日本社会にはびこる『同調圧力』のようなものと闘っている。

 

彼らは明らかに僕に腹を立てている。

僕は何も悪いことなんかしていないのに、彼らは勝手に僕に腹を立てている。

 

僕がに生きていることが許せないのだ。

僕が『自分勝手』に生きていることが気に入らないのだ。

僕が『無責任』に生きていることに嫌悪感を抱くのだ。

 

スポンサーリンク

 

みんなルールに縛られて、そこから動けなくなっている

多くの人はそれぞれのソサエティーの中で生きている。

そこには『暗黙のルール』のようなものが存在し、みんなそのルールに縛られて生きている。

 

そこではお互いに空気を読みあい、人に迷惑をかけないように気を使い、人の顔色をうかがって生きることを強いられる。

そのやり方で日本は見事に復興を遂げ、世界一の経済大国にまでのぼり詰めたのだ。

 

その実績は多くの人々の心に『絶対的な自信』となって蓄積されることになった。

 

だから多くの人は「そのやり方に従ってさえいればなんとかなる」という考えから脱却できない。

過去の成功体験に縛られすぎているのだ。

 

でも1945年の焼け野原から80年近くの年月が過ぎようとしている。

いつまでも同じやり方が通用するほど世の中は甘くないだろう・・・

 

普段から我慢している人は我慢してない人のことを見ると無性に腹が立つ。

普段から自由に生きていない人は自由に生きている人のことを見ると無性に腹が立つ。

普段から自分を殺して生きている人は自分を最優先させて生きている人のことを見ると無性に腹が立つ。

 

だから僕は日本社会の中で居場所を見つけられないまま浮き雲のようにフワフワとただようことしかできない。

僕はいっぱい誤解され、数奇な目で見られ、時には恐れられる・・・

 

でも逆に考えれば、それは僕が『彼らにはないものを持っている』ということなのかもしれない。

そんなふうに置き換えることもできるだろう。

 

僕が毎日のように感じている孤独感は、こういった道を選択した人間についてまわる『宿命』みたいなものなのかもしれない。

それはもう避けては通れないことなのだろう。

 

ここはもう割り切るしかない。

そちらの道を選択してしまったということは、そういうものも引き受けなければならないということなのだ!

 

やっぱり僕は誰かに嫌われたとしても、誰かを無性にイラつかせたとしても、好きなことをして生きてゆく道を選びたい。

自分の好きなことをやって嫌われるのなら、それが本望だ!

自分の好きなことをやらず、我慢して生きるよりはるかにマシだ。

 

多くの人は自分自身にブレーキをかけ、自分の人生を制御している。

なぜブレーキを踏むのかといえば、怖いからだ。

「このままでいったら恐ろしいことになる」という恐怖心から、思わずブレーキを踏んでしまうのだ。

 

スポンサーリンク

 

「それだけは絶対にやってはいけない」という中に答えは隠されている

その恐怖心というのはいったいどこからやってきたものなのだろう?

 

その恐怖心は知らず知らずのうちにまわりの大人たちから植えつけられたものだ。

彼らは恐怖心を皆さんの中に植えつけた。

 

いい学校に行って、いい会社に入って、定年まで真面目に勤め上げ、そのあとは年金をもらって生活する

それ以外の人生の選択をすれば、すべて『とんでもないこと』になるぞ!

 

_____これが恐怖心の正体だ!

 

この恐怖心が大人になってからもみなさんを怯えさせ、みなさんからあらゆる可能性と選択肢を奪ってゆく。

そして、みなさんの行動を妨げる・・・

 

僕のこれまでの人生はこの恐怖心との闘いの連続だった。

僕の中にも間違いなくその恐怖心のようなものは存在していた。

 

でも僕はそれに負けなかった。

その恐怖心を乗り越えたのだ。

 

だから僕は自分が欲していたものを手にすることができたのだ!

 

みなさんはこれまでいろんなことを我慢して生きてきたと思う。

でも、もうそろそろその我慢をやめるべきときが来ているのではないだろうか。

もうそろそろ自分の好きなことをやって生きてもいいのではないだろうか。

 

日本社会の中でいつのまにか形成されてしまっている同調圧力。

それらはみなさんが好きなことをやろうとしたり、自分らしく生きようとしたりする時に目の前に立ちはだかり、いちいちみなさんを邪魔しようとするだろう。

 

でも、それに屈してはいけない!

 

多くの人が「正しい」と言ったからといって、本当にそれが正しいとは限らない。

みなさんの中にある「それだけは絶対にやってはいけない」「それだけは絶対にありえない」ということ。

 

_____『答え』はその中にある。

 

臆することなくチャレンジしてみよう。

タブーに挑み、自分を押さえつけていた殻を破り、外へ飛び出してみよう!

 

そうすればわかる。

世界は本当はとっても自由で、楽しいものなのだ。

 

若い人たちはもう気づきはじめている。

彼らは日本社会をそれまで支配していたものを信頼しなくなってきている。

 

何かが終わろうとしている。

それと同時に何か新しいものが生まれようとしている。

 

僕はそれはとてもいいことだと感じている。

 

もう今の若者たちは『東証一部上場の』とか、『東大卒』とか、『国家公務員』とか・・・・そういうそれまで「権威」と思われていたもの、それまで「ブランド」と思われていたものに魅力を感じなくなってきている。

 

僕はこのような若者たちの志向の変化をひそかに喜んでいる。

もうほとんど若者は企業や政府、年金制度や健康保険制度を信用しなくなってきている。

 

それまで日本社会の中で強固にそびえ立っていたものが根底から揺らぎはじめているのだ。

 

その日本社会に対する不信感(あるいは信頼感の揺らぎ)は、新しい動きとなって何かおもしろいものを生み出してくれるのではないかと僕は期待している。

この社会には間違いなくそういったムーヴメントが起きつつある。

 

それはブログやTwitterを通じて送られてくる若者たちからのメッセージを読んでいても感じられる。

 

僕は彼らの焦りや彼らの怒りをとてもよく理解できる。

僕も20年前、15年前に同じような焦りや怒りを感じていた。

 

でも時々、僕にメッセージをくれる若者たちは僕のやってることが『希望』だと言う。

『夢』だと言う人もいる。

 

僕は相変わらず多くの人をイラつかせている。

僕の選んだ人生の選択は、多くの人を腹立たせている。

だけど怒っているのは、主に僕よりも上の世代の人たちだ。

 

僕よりも下の世代の人たちは、僕のやってることに一定の理解を示してくれている。

 

僕は若者たちから時々そういった内容のメッセージをいただく。

社会は少しずつ変わりつつあるようだ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.