不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

オススメ映画『駆込み女と駆出し男』(2015年)について〜圧倒的なスピード感のあるセリフまわしが心地いい!

2018/11/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

 

スポンサーリンク

 

『駆込み女と駆出し男』解説

江戸時代、東慶寺という幕府公認の縁切寺があった。

そこには様々な事情を抱えた離縁を求める女たちが駆け込んできていた。

その女たちから聞き取り調査を行う男の奮闘を描く一風変わった時代劇。

劇作家・井上ひさしの原作。

スポンサーリンク

 

映画『駆込み女と駆出し男』あらすじ

江戸時代、幕府公認の縁切寺・東慶寺。

そこには様々な事情を抱えた女たちが男との離縁を求め、その相談に訪れていた。

女たちの話を聞くのは医者の見習い・信次郎(大泉洋)。

彼は持ち前の口八丁手八丁で女たちのトラブルを解決してゆく。

スポンサーリンク

 

映画『駆込み女と駆出し男』キャスト

  • 中村信次郎 – 大泉洋
  • じょご – 戸田恵梨香
  • お吟 – 満島ひかり
  • 戸賀崎ゆう – 内山理名
  • 田の中勘助 – 松岡哲永
  • 法秀尼 – 陽月華
  • 法光尼 – 大鳥れい
  • 法鈴尼 – 赤間麻里子
  • お勝 – キムラ緑子
  • 利平 – 木場勝己
  • おゆき – 神野三鈴
  • 重蔵 – 武田真治
  • 星月夜 – 藤沢かりん
  • 鳥居耀蔵 – 北村有起哉
  • 近江屋三八 – 橋本じゅん
  • 石井与八 – 山崎一
  • 清拙 – 麿赤兒
  • 女貸本屋 – 高畑淳子
  • 風の金兵衛 – 中村嘉葎雄
  • 三代目柏屋源兵衛 – 樹木希林
  • 堀切屋三郎衛門 – 堤真一
  • 曲亭馬琴 – 山崎努
  • おみつ – 丸地晶子
  • おせん – 玄里
  • 為永春水 – でんでん
  • 鼻山人 – 井之上隆志
  • 玉虫 – 宮本裕子
  • 老中・水野忠邦 – 中村育二
  • お種 – 松本若菜
  • 浮世絵の芸妓 – 澤村レイコ
  • 寺役人 – 堀部圭亮
  • 五助 – 中嶋宏太郎
  • 闇九 – 蛍雪次郎
  • 山三 – 武石守正
  • 小助丸 – 池原猛
  • 今朝治 – 仲谷智邦

スポンサーリンク

 

映画『駆込み女と駆出し男』スタッフ

  • 監督:原田眞人
  • 脚本:原田眞人
  • 原作:井上ひさし『東慶寺花だより』
  • 制作:榎望、升本由喜子、住田節子
  • 製作総指揮:大角正
  • 音楽:富貴晴美
  • 撮影:柴主高秀
  • 配給:松竹
  • 公開:2015年5月16日
  • 上映時間:143分

スポンサーリンク

 

映画『駆込み女と駆出し男』受賞

  • 第7回TAMA映画賞 :最優秀女優賞(樹木希林、『あん』『海街diary』と合わせて)
  • 第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞:監督賞(原田眞人、『日本のいちばん長い日』と合わせて)
  • 第39回日本アカデミー賞:優秀主演男優賞(大泉洋)、優秀助演女優賞(満島ひかり)
  • 第70回毎日映画コンクール:脚本賞(原田眞人)
  • 第58回ブルーリボン賞:主演男優賞(大泉洋)
  • 第25回日本映画批評家大賞(2016年):助演女優賞(満島ひかり)

スポンサーリンク

 

映画『駆込み女と駆出し男』を観た僕の感想(レビュー)

江戸時代の縁切寺を舞台に離縁を望むいろいろな事情を抱えた女性たちを手助けしてゆく男を描く。

映画最大の魅力は各演者たちの軽妙な語り口!

圧倒的なスピードと情報量で観る者を圧倒する。

特に大泉洋がスゴイ!

この役は彼じゃなきゃ成立しなかった。

満島ひかりと戸田恵梨香の事情を抱えた女っぷりも良かった。

『ソーシャル・ネットワーク』ばりの圧倒的なスピードはまさに圧巻!

スポンサーリンク

 

映画『駆込み女と駆出し男』関連商品

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.