不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

いつまでも悩んでいると、悩まざるを得ないようなことが引き寄せられてくる法則

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

みなさんは『引き寄せの法則』というものを信じているだろうか。

 

僕はもちろん信じている。

なぜなら僕の今の状況というのは、間違いなくその引き寄せの法則ってやつが働いたおかげであると感じているからだ。

 

僕は38歳のときに脱サラ起業して、それ以来ずっと不動産オーナーとして生計を立ててきた。

不動産オーナーは家賃収入という不労所得が得られる特殊な仕事である。

だから僕はとても自由な毎日をおくることができている。

 

このようなハッピーな状況を引き寄せたのは、僕の力ではない。

とてもじゃないけど僕にはそのような大それたことができる力はない。

 

はっきり言って、僕という人間は大したことのない人間である。

だけど、僕の潜在意識は大したものだ。

 

その潜在意識がハッピーな状況を引き寄せてくれたのだと僕は思っている。

そうでなければ勉強もできず、それほど優秀なサラリーマンでもなかった僕がこのような幸せを享受できるはずがない。

 

そこには僕の力以上の「何か」が影響を及ぼしていると僕は確信している!

スポンサーリンク

 

僕の潜在意識が指さしたこととは?

物心つくようになったある日、僕は嫌というほど「あること」を痛感するようになった。

それは何か?

 

それは『自分がいかに勉強でも、スポーツでも活躍することができない』ということだ。

 

だから僕は必然的にそれ以外の分野で活躍できる場所を探すしかなかった。

極端なことを言えば、僕の半生はずっとそのことを探し続けてきたようなものなのだ。

 

もしもそういう分野を発見することができたら、僕のコンプレックスは解消されるだろうと考えた。

そして、うまくいけばその分野で輝くことができるのではないか______と考えた。

 

僕のアンテナにというものが引っかかったのには、実はそのような背景があるのだ。

もしも僕がヘンに勉強ができて、才能に満ちあふれた人間だったら・・・・

 

おそらく僕は不動産投資というものと出会ってなかったと思う。

 

不動産オーナーになるという人生の選択は、引き寄せの法則によってもたらされたものだ。

そして、それは僕の潜在意識が引き寄せたものだ。

 

はっきり言って、僕は何ひとつしていない。

僕はただただ、潜在意識が指さす方に進んでいっただけだ。

スポンサーリンク

 

人生がうまくいってない人の特徴

まわりにいる「人生がうまくいってない人」を見ていて、ある共通点があることに僕は最近気がついた。

 

彼らはいつまで経っても『同じこと』でウジウジ悩んでいる

______という共通点である。

 

いつまでも何かにウジウジ悩んでる人は、その悩みを感じざるを得なくなるような状況が引き寄せられてくる。

これは実に不思議な現象だ。

 

いつまで経っても自分の学歴の低さについてウジウジ悩んでいるような人は、なぜか学歴を意識せざるを得ないような状況を引き寄せる。

たとえば、まわりに高学歴の人しかいないような部署にまわされたりとか・・・

 

「自分は貧乏だ」「お金持ちになれない」といつもウジウジ悩んでいる人は、貧乏であることを痛感せざるを得ないような事が起こったりする。

たとえば、奥さんから「もうちょっと稼ぎがあったらなぁ…」なんて愚痴を言われたりとか・・・

 

全部、自分が引き寄せているのだ!

そう考えてみたことはあるだろうか?

 

ビクビクしてばかりいると、ビクビクせざるを得なくなるような状況が引き寄せられてくる。

イライラしてばかりいると、イライラせざるを得なくなるような状況が引き寄せられてくる。

 

僕たちの現在の状況とは、これまで考えてきたことの結果だ。

これまでの人生のなかで幾度もあった選択の機会______その左の扉と右の扉のうち、どちらの扉を開くかはすべて自分に選択権があった。

 

決して誰かに「右の扉を開けろ!」と強制されたわけじゃなかったはずだ。

・・・ということは、もしも今の状況があまり芳しくないものだとしたら、それは「自分が選んだことだ」という結論になる。

スポンサーリンク

 

もしも僕が勉強ができるやつだったらどうなっていたか?

僕が今、自由と幸せを謳歌できているのは間違いなく僕が落ちこぼれだったからだ。

でも、僕はそのことをいつまでもウジウジ悩んだりはしなかった。

 

勉強に落ちこぼれたのならば、一刻も早く勉強以外の場所へ旅立とう!と考えた。

今にして思えば、その発想の展開が功を奏した。

 

あのままズルズルと勉強にこだわっていたら、僕はきっとルサンチマンを抱えたとんでもない不幸な人間になっていたことだろう・・・

 

僕は勉強ができなかったから、勉強以外の別の分野を探すという発想に切り替えることができた。

勉強ができるやつが幅を効かせるような分野ではなく、勉強ができなくても輝けるような分野を探そうと思った。

 

そのおかげで、僕は学歴が一切問われないの世界に行くことを選択することができた。

もしもこれが中途半端に勉強ができていたら、そんなことをしようなんて思わなかっただろう。

 

そして(これがいちばん重要なことなのだが)、もしそう思わなかったならば、僕は何ひとつ行動できないまま、ずっと同じところでウジウジしっぱなしの人生を送っていたことだろう。

もしもそういう選択をしていたら、僕は今頃、暗い顔をして満員電車に揺られていたはずなのだ。

 

どんなことを考えるのかによって、どんなことが引き寄せられてくるのかが決まる!

これだけは忘れないでいてほしい・・・

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.