逆境が来たらチャンスと思え!僕が実践して効果のあった「とらえ方を変えてカンタンに前向きになれる」方法

2019年4月1日

今、多くの人がいろいろな悩みを抱えて生きています。なかには絶望の淵にまで追い詰められている人もいるかもしれません。僕もそんな経験をしたことがあります。サラリーマン時代には本当にどうしようもないところまで追い詰められ、にっちもさっちもいかなくなってしまったこともあります。

でも今、その時のことを振り返ってみると、その体験から僕は実にさまざまなことを学んだような気がするのです。それが結果的に僕の人生を良くしてくれた。そこからさまざまなヒントも得られたようなきがするのです。

 

だからむしろ今は「あれが起こって良かった!」とまで思っています。今、真っ只中にいる人は、なかなかそういう風には思えないかもしれません。だけど希望を失ってはいけません。

あなたが思っているよりもあなたは強いのです。そして人間というのは逆境の中からたくさんのことを学ぶ生き物なのです。

今回はその辺りのことについて記事にしてみました。

関連記事

スポンサーリンク

人は自分の身に起こった「悪い出来事」から多くのことを学ぶ

人生は何が起きるかわかりません。それまでまったく想像すらしていなかったことが突然自分の身に降りかかってきたりします。もちろんそれは嫌なことです。だけど僕は最近思うんです。そういった嫌なことも、いい人生をおくるためには必要なことなのではないか、と。そして、そういった嫌な出来事からの方が人は多くのことを学ぶのではないか、と。

 

もしかしたらそういう嫌なことというのは、僕の成長させるために天だか神様だとかはわざわざ起こしているのかもしれません。「よし、いっちょ、あいつの心を鍛えてやれ!」ってな具合に。

あなたも今、いろいろな悩みや困りごとを抱えていると思います。だけどそういった悩みや困りごとも見方を変えれば、とてもポジティブなものとして捉えることもできるかもしれません。

 

例えば僕は長いあいだずっと禁煙ができなくて苦しんできました。またかつては体重113キロというスーパーおデブちゃんで、ずっとダイエットに苦しんできました。結論から言えば、禁煙もダイエットも僕は成功しました。ものすごく苦しくて、鬱(うつ)に苛まれるくらいに精神的にも追い詰められました。

 

でも今になって振り返ってみると、ああいう経験ができたことは僕の人生にとって非常にプラスに作用したと思っています。まず僕はあの経験から「自分もやればできるんだ」ということを学びました。それから「依存症というのがいかに恐ろしいものであるか」ということも学びました。

禁煙やダイエットは、根性とかガッツとかでは絶対に成功しないということも学びました。そして何よりも、禁煙やダイエットに苦しんでいる人の気持ちがわかるようになりました。

関連記事

スポンサーリンク

 

「ツラい体験」は神様からの粋な計らい!?

それまで僕はわりと自分のことしか考えられないタイプの人間でした。だけど禁煙やダイエットの苦しい経験をしたおかげで、ほかの人のことも考えられるようになっていったのです。

世の中に目を向けてみると、この世界には禁煙やダイエット以外にもいろんなことで苦しんでいる人がたくさんいました。そんな人がいるなんてそれまでの僕は知りもしませんでした。いや、頭では知っていましたが、どこか他人事でした。「自分には一切関係のないもの」と捉えていました。

 

ところが僕は禁煙やダイエット(それに伴ううつ)の経験により、苦しんでる人の気持ちが以前よりわかるようになったのです。この経験はのちに僕が国際NGO『プラン・ジャパン』のチャイルド・サポーターになるということにつながっていきます。

それまでの僕はボランティアとか、人道支援とか、チャリティーなどというものとは一切無縁な生活を送ってきました。だけどその時は居てもたってもいられませんでした。「何か人の役に立ちたい!」「困ってる人をサポートしたい!」。ただ単純にそう思ったのです。

 

それは禁煙やダイエットのツラい経験があったからなのです。さらにおまけがあります。そういった禁煙やダイエットのツラい経験をしたことで、僕はそれをブログの記事にすることができました。

いやらしい話ですが、おそらくその記事から幾ばくかの『広告収入』も得ているはずです。つまり何を言いたいのか? 悩み事や困り事というのは、見方を変えればポジティブに捉えることができるということです。それはあなたに何かを気づかせるために神様があなたに仕向けて「粋な計らい」なのかもしれません。

 

あなたを成長させるためにわざわざ起こしてくれたことなのかもしれません。それをどう捉えるかは、あなたが次第なのです。

関連記事

スポンサーリンク

 

その出来事はあなたに何かを学ばせるために起こったのかもしれない

「サラリーマンを続けてゆくことが不安だ」という悩みを抱えていた人がいたとします。自分が勤めている会社が今後どうなってゆくかも分からないし、今の仕事をしているとストレスで胃に穴があきそうになる。そういう問題にぶち当たった時、人は初めて『サラリーマン以外の生き方ってあるのかな?』『どうやったら会社に頼らないで生きてゆくことができるのかな?』と真剣に悩むようになる。

 

そしてそこで考えたり、調べたり、情報を集めたりしたことは確実にその人の人生にプラスになると思うんです。少なくとも何も考えないままただのんべんだらりと生きている人よりは、はるかに人間としての幅が広がるはずなんです。

まるでそれはその勉強をするために起こったことのようです。まるで、あなたにそのことを学ばせるためにその問題が用意されたようです。そう考えてみると、悩みや苦しみ、問題といったものに遭遇するのもそんなに悪いことじゃない。

 

外国に行って、犯罪に巻き込まれたり、危ない目にあって初めて日本がいかに平和な国であるかを実感します。恋人にフラれたことによって初めてそれまで自分では気づくこともなかった「自分の至らなさ」に気づくことができます。

僕は大学生の時に調子に乗って車を運転して、ガードレールに激突して車を廃車にしたことがあります。死にかけたわけです。その時に初めて『死の恐怖』というものを実感することができました。それ以来、僕はずっと安全運転。もちろん、ゴールド免許ですよ。

 

あなたも今、大変な問題を抱えているのかもしれません。だけど、それはあなたが成長している証拠でもあるのです。だってあなたは今、そのピンチを目の当たりにして「どうしたらいいだろう」「どうすればここから抜け出せるだろう」って真剣に考えているんですよね?

そうやって真剣に考えれば考えるほど、あなたは成長していっているんです。あなたの経験値は増し、あなたは以前よりもはるかにマシな人間になっていっているのです。

関連記事

スポンサーリンク

 

苦しみが多ければ多いほどその分野のスペシャリストになれる

神様というのは本当に粋なことをしてくれますよね! でも神様は決してまっすぐ答えは教えてくれないのです。すぐに正解を出してしまったら、何も学べないということを知っているから。こちらがいろいろ悩んで、迷って、調べて、ようやく答えにたどり着けるようにわざと遠回りなことをする。

 

決して、釣った魚はくれない。の代わり、魚の釣り方は教えてくれるんです。税金をたくさん払わなきゃいけないことで悩んだ人は、誰よりも詳しい節税のスペシャリストになれます。下手したら、その辺の税理士よりも税金の抜け道を知っているかもしれません。

アトピーで苦しみ、それを克服した人は今、アトピーで苦しんでいる真っ最中の人の気持ちが誰よりもわかるるはずです。そして効果のある治療法にも詳しいはずです。

 

ユングやフロイトは、自分自身がとても重い精神病に苦しんだ経験があるそうです。だから心の病になる人の気持ちが誰よりもわかり、多くの精神を病んだ人の助けになることができたと言われています。もしも彼らが一度も心の病にかかったことのない医者だったら、苦しんでる人の気持ちが理解できたでしょうか?

自分も病気になり、病気を克服することができたからこそ治療法も早期に発見できたのです。

関連記事

スポンサーリンク

 

一度も海に潜ったこともない人にあなたはスキューバーダイビングを習いますか?

あなたが何かをやりたいと思ったら、『経験者』に聞くようにしましょう! 酸いも甘いも知っているその分野の経験者に聞くのがいちばんです。あなたがもしも不動産投資に興味があるのなら、僕みたいな実際に不動産投資をやってる人間に話を聞くのがいちばんいいのです。

あなたのまわりにだってアパートを持っている大家さんの一人や二人はいるはずなのです。それなのに不動産投資をやろうとする人は、銀行の人の話には熱心に耳を傾けます。でも、町のおじいちゃん大家さんの話を聞こうとはしません。僕はいつもそれが不思議で仕方ないのです。

 

スキューバーダイビングを習いたいのに一度も海に潜ったことのない人の話を聞きますか? どんなにその人がもっともらしいことを言ってたとしても、その人は「経験者」ではありません。そんな経験者でない人の話を聞いて大丈夫ですか? 実際に海に潜ってみたら「こんなはずじゃなかった!」なんてことになりませんか?

 

銀行の人は不動産投資家ではありません。アパートの大家さんでもありません。銀行の人は銀行に勤めている人です。その人はサラリーマンですよ!

不動産や金融のことにはやたら詳しいかもしれませんが、経験者ではありません。そんな人の言うことを聞いて、「こんなはずじゃなかった!」なんてことになりませんか?

 

銀行の人は物件でいえば『担保価値』のある物件を好みます。RCを好みます。償却期間がたっぷり残っているような築浅の物件を好みます。あるいは『新築物件がサイコーの不動産投資である!』というようなことを言う融資担当者もいます。本当にそうですかね?

僕はそういう考え方に甚だ疑問を持っています。そういう担保価値のある物件を安価で手に入ることができるというのなら話は別です。でも多くの場合、そういう物件というのはべらぼうに高いのです。

 

売主だってバカじゃありません。なんでわざわざいい物件を安く手放す必要があるでしょうか? つまり僕は何を言いたいのか? 銀行の人の言う通りに動いて、銀行の人が好むような物件を選んだら全然儲からない!ということです。下手したら、とんでもない目に遭うかもしれませんよ!

まあ、それでも多くの人は僕の言うことより銀行の人の話の方を優先させちゃうんですけどね・・・

でもそういった痛い目に遭うことも、時には必要なことなのかもしれません。そういう目に遭って初めて「目が醒める」ってことも確かにありますからね。その失敗はきっと役に立つはずです。

 

『銀行の人の言うことは当てにならない』『グレードの高い物件は全然キャッシュフローが良くない』ということを腹の底から学ぶことができますからね。もしかしたら、そういうことをあなたに学ばせるためにそれは起こったのかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

 

「平穏無事」以外の状況にも対応できるようにしておく

「平穏無事に、何事もなく過ぎてゆくのがイチバンだ!」という考え方があります。僕もまったくその通りだと思います。だけど若い頃は、いろんな目にあって経験値を積んでおいた方がいいとも思っています。平穏無事な毎日はその後でもいい。

やっぱり物事というのは常に変化してゆくものなのです。仏教ではこれを『無常』というらしいですね。やっぱりある程度、変化にも順応できるようにしておいた方がいい。そのためには若いうちにいっぱいイレギュラーを体験しておいた方がいい。

 

若い時の苦労は買ってでもしろ!って言いますもんね。ぼくたちはそうした苦労した経験や、ガツン!と痛い目に遭った経験から何かを学ぶんです。だから最初から順風満帆である必要はないと僕は思っています。

それから「物事というのは常に変化する」という意味では、それまで良しとされてきた価値観はすべて疑ってかかった方がいい。価値観というのはその時々によって変わるものです。10年前に正しかったからと言って、今もそのやり方が正しいとは限らない。

 

昔は大学を卒業して、企業に就職したら定年まで真面目に働くのが『正解』だった。その生き方をしていれば、まず間違いなかった。でも今はどうでしょうか?

東芝やシャープという会社は僕が学生の頃にはとんでもない超一流企業でしたよ。僕が子供の頃には中国なんていうのは「社会主義勢力の国のひとつ」に過ぎませんでしたよ。物事というのは常に変化するということです。その変化を止めることはできないのです。

 

こちらにできることは、その変化に『慣れる』ことぐらいです。いつもと違うイレギュラーなことが起こっても、その波に飲み込まれないようにすることです。だから今、あなたの身に何か良くないことが起こっているとしても、それは必ずしも悪いことじゃないと考えることもできます。

それは絶好の学びの機会だからです!

関連記事

スポンサーリンク

 

自転車は何度も何度も転んでようやくスイスイ乗れるようになる

人は逆境の中から多くのことを学ぶものです。うまくいってる時から学ぶことなんて、たかが知れてます。今、あなたの身にどんな災難が降りかかっているか僕にはわかりません。だけど絶対に絶望してはいけない。

あなたは「もうダメだ…」と思ってるかもしれないけれど、その「もうダメだ…」の足元には必ずあなたを救うヒントが転がっているものです。神様は一生懸命、あなたにメッセージを送っているのです。「気づけ!」「気づけ!って言い続けています。あなたに大切なことを教えようとしています。

 

神様は言葉を話すことができません。答えも教えてくれません。だけど常にヒントだけはくれます。あなたは果たして、それに気づくことができるでしょうか? あなたは最初に自転車に乗った日のことを覚えていますか? 最初からスイスイ乗れましたか? 絶対にそんなことないと思います。

 

何度も何度も転んで、怪我をして、それでようやく自転車に乗れるようになったはずです。何度も転んで、何度も怪我をするうちにあなたは自転車の乗り方を覚えていったのです。

人生で起こる逆境や災難は必要なことなんです。何も悪いことじゃないんです。

関連記事

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。自分の身に起こる悪い出来事、逆境、困りごと、etc・・・そういったことは必ずしも悪いことじゃないということがわかっていただけたでしょうか。

自分の人生を振り返ってみても、意外に逆境の時の方が成長しているように思えます。ツラい体験からの方が多くを学んでいるような気がするのです。今、いろんな人たちがいろいろな悩みを抱えて生きていると思います。

 

でもそこから何かを学び取れば、それは必ずあなたの人生を良き方向へ導いてくれるはずです。すべては捉え方しだいということです!

関連記事

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング

こちらの記事もよく読まれてます!