不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

新築代謝を心がけて生きていけば、やがて幸せがやってくる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

新陳代謝というのはいろんな意味でものすごく重要なことだと思う。

健康だけではなく、モノにおいても、人間関係においても、情報においても、お金においても、etc・・・

 

ため込んでばかりいると、風通しが悪くなって、やがて息詰まる(行き詰まる)。

定期的に新陳代謝を意識して換気をしてあげた方がいい。

 

むかしの僕は『古いものを捨てて、新しいものを入れる』という発想をしていなかった。

だからいろんなことがうまくいかなかったんだと思う。

 

自分なりの「こだわり」みたいなものを大事にし、それに執着しすぎるあまりまったく新陳代謝ができていなかった。

 

とにかく自分の中に何か新しいものを入れることを異様なほどに恐れた。

何かを捨てることを異様なほどに恐れた。

 

だからいろんなものが溜まってゆくばかりで、閉塞感の中で息が詰まりそうになっていた。

 

何かを手放さなれば、何かが入ってこない

_____この法則に気づくまでにずいぶん時間がかかった。

スポンサーリンク

 

何かを得るためには何かを手放さなきゃいけない

たとえば僕は不動産投資というものをやっているのだが、大きなリターンを得るためには投資にかけるお金を大きくしなければいけない。

投下する資本の量が多ければ多いほど、利益が出たときのリターンも大きくなる。

 

不動産投資でいえば、1億円のアパートから得られる家賃収入の方が1,000万円のアパートから得られる家賃収入の方が多くなる。

 

株式投資だってそうだ。

資本を1億円を投下した人と、1,000万円しか投資しなかった人とではリターンは違うはずだ。

 

その代わり、リスクも全然違う。

1億円を突っ込んだ人と、1,000万円を突っ込んだ人とでは損失が出たときのダメージはまったく違うはずだ。

 

でも、その恐怖に縛られて、投下する資本を少なくすれば、得られるリターンも小さなものになってしまう。

 

何かを得るためには何かを手放さなければならないのだ。

お金持ちはそのことをよく知っている。

だから多くのお金持ちは豪快だし、お金をかけるところにはお金をかける。

 

「ここが勝負どころだ!」と思ったら、思い切って資本投下して勝負に出る。

ケチで金持ちになった人はいないのだ。

お金持ちになった人というのは、どこかでひと勝負に出た人なのだ。

 

みなさんも何かを手に入れたいと考えているのなら、ぜひ「何かを手放す」ということを意識してみてほしい。

 

リスクを負いたくない

失敗したくない

損したくない

もったいない

etc・・・

 

そのような貧乏根性でいたら、得られるものも得られなくなってしまう。

スポンサーリンク

 

 

ため込んでばかりいると、それにエネルギーを奪われる

執着を手放し、身軽になってみよう!

そうすれば何かが変わるはずだ。

 

みなさんが今、ギュッとしがみついているものは、みなさんのエネルギーを奪い取っているものでもある。

ぜひとも軽やかに脱ぎ捨ててみよう!

そして、「お先に!」といった具合に次の段階(ネクスト・ステージ)に駆け上がっていこう。

 

新陳代謝を心がけ、血のめぐりをよくしてあげれば動脈硬化を防ぐことができる。

 

恋愛のことで悩んでる人もぜひ聞いてほしい。

みなさんが長年ずっと一緒にいる人こそがみなさんを幸せを妨げてる人なのかもしれないのだ。

 

「なんだか違うな・・・」と感じはじめたということは、そろそろ新陳代謝をしなければいけない時期なのかもしれない。

 

奥さんと出会う前、僕は長年付き合っていた恋人がいた。

だが彼女のことで僕はずっと悩み、苦しんでいた。

 

本当は彼女のことが好きではなかったのにも関わらず、彼女との関係を放り出すことがなかなかできなかった。

僕を苦しめる元凶であるにも関わらず、僕は長いあいだその元凶にこだわり続けたのだ。

 

でもついに我慢の限界がやって来て、思い切って彼女と別れる決断をした。

今の奥さんと出会うことができたのも、その決断があったからこそなのだ。

 

もしもあのままズルズルと彼女と付き合っていたら、僕はうちの奥さんという素晴らしい人と出会うことができなかった・・・

 

幸せを引き寄せるためには、何かを手放すことを実践しなければならないのだ。

どんなに怖くても。

 

新しいものが入り込む余地がなければ、何も新しいことは入ってこない。

無理やりにでも余白をつくってあげなければ、幸せも入ってこなくなってしまうのだ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 
 

スポンサーリンク

 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.