不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

【幸せになるレシピなんてない!】「これをこうすれば幸福になれる」という感覚を持つことの危険性について

2018/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

僕は現代人があまりにも変にお利口さんになりすぎてしまったのではないかと感じることがある。

過度に妙に頭でっかちな人が増えすぎてしまったのではないかと・・・

 

僕も本をよく読む。

でもそれは知識を習得したり、情報量を増やしたりするために読むのではない。

本を読むことで何かの気づきを得て、新しい自分へと生まれ変わる(ブラン・ニュー)するためだ!

 

意識だけが先行してゆくことへの危機感は常に持っておこうと僕は心がけている。

QOL(クオリティー・オブ・ライフ)は本をたくさん読んでお勉強すれば手に入れられるものではないと思うからだ。

 

人生はそんなに単純なものではない。

人間はそんなに単純なものではない。

 

ここ数年の科学の世界での大発見は、なんと言っても『カオス理論』だ。

日本ではあまり知られていないが、これは衝撃的な発表だった!

 

なぜなら「わからない」ということがわかってしまったからだ。

「答えがない」ということが科学的に立証されてしまったらだ。

 

これほど衝撃的なことはないのではないだろうか。

 

このカオス理論が世の中に発表されるずっとずっと前に、このことについて歌にした人物がいた。

ボブ・ディランという人だ!

 

ディランの代表曲に『風に吹かれて』というものがある。

その歌の中でディランはこう歌っている。

 

友よ、答えは風に吹かれている

答えは風の中にある

 

 

あまりにも有名なフレーズだ。

そう、答えなんかどこにもないのだ。

答えは風に吹かれているのだ。

 

恋愛に関する本を100冊読んだところで、好きな人が振り向いてくれるとは限らない。

仕事に関する本を100冊読んだところで、出世するとは限らない。

投資に関する本を100冊読んだところで、株で大儲けできるとは限らない。

 

わかるだろうか?

それがカオス理論だ。

 

すべては「わからない」ということだ。

1+1=2というように、「これとこれをこうしたから、こうなる」というわけにはいかないよ!ということだ。

 

僕たちはそのような不確実性の中で生きているのだ!

 

僕はこういった感覚ってものすごく重要なことだと思っている。

現代を生きる人々はこの『答えは風に吹かれている』という感覚を忘れてしまったのではないだろうか。

 

都市化が進み、機械化が進み、テクノロジーが進歩し、いつの間にか人間もそれに飲み込まれてしまった。

意識ばかりが先行する世の中になってしまった。

 

妙に頭でっかちな人が増えた。

みんな変に利口になってしまった。

 

その結果どこかで『頭が良くなりさえすれば幸せになれるはずだ』という間違った認識を持つようになってしまった。

 

人生は自動販売機ではない。

ボタンを押せば自動的にコカ・コーラが出てくるように、「ここをこうすれば幸せが手に入る」というものではないのだ。

 

現実は決して自分の思い通りには進んでいかない。

予想もしていなかったことが突然起こったり、想定外の出来事に遭遇したり、とにかく思い通りにいかないことだらけだ。

 

ところが、世の中すべてのことを「ボタンを押せばコカ・コーラが出てくる」みたいな感覚で捉えている人が結構な割合でいる。

そのことを僕は「変にお利口さんになりすぎてしまった」とか、「妙に頭でっかちな人が増えた」と言っているのだ・・・

 

スポンサーリンク

「あらゆるものはコントロールできる」と考えるのは人間のおごり

「答えは風に吹かれている」という感覚を持っていないことは、ある意味においてはとても危険なことだ。

なぜならこの世はカオスだからだ!

 

カオスを相手にしなきゃならないということはなかなか大変なことだ。

そこを学力や知識力や情報量といったようなもので突破しようとしても、なかなかうまくいかないだろう。

 

どんなにこちらが武装したとしても、なかなか太刀打ちできないだろう。

人生が容赦なく無理難題に突きつけてくる。

 

でもその無理難題にうまく対応できないと僕たちは強いストレスを感じる。

そのストレスが僕たちの心やカラダにさまざまな問題を引き起こす。

 

いま、膨大な数の人が心の病にかかっている。

みなさんのまわりでもうつ病(あるいはプチうつ病)にかかってる人が結構たくさんいるのではないだろうか。

 

また人間はストレスに受けると健康も害すると言われている。

心とカラダは連動しているからだ。

 

なぜそういう人が増えたのだろう?

僕はそれには人間があまりにもお利口さんに、頭でっかちになりすぎたことが関係していると思っている。

 

科学界ではとっくにカオス理論というものが発見されたというのに、人間がそのことを認識できてないことが原因の一つなのではないかと思っている。

 

人間の頭脳はこの世の森羅万象よりも上であり、すべてをコントロールすることができるはずだ

 

_____そういう人間の「おごり」のようなものがさまざまな問題を引き起こしている。

 

多くの人は日々首をかしげながら生きている。

 

「おかしいじゃないか!」

「あれもこれもやったのに、なぜ思い通りにならないんだ!」

_____というストレスを抱えて生きている。

 

学校でいい成績をおさめたのに、なぜ人生がうまくいかないんだ

仕事で営業成績がトップになったのに、なぜまわりからリスペクトされないんだ

 

株式投資に関する本を100冊読んだのに、なぜこんなに含み損を抱えているんだ

愛してる人のことをこんなに想っているのに、どうして彼女は振り向いてくれないんだ

etc・・・

 

このギャップが多くの人を苦しめている。

 

スポンサーリンク

 

サラリーマンは資本主義の象徴

半世紀ほど前まで日本人のほとんどは農家だった。

『勤め人』なるものが誕生したのはついこないだのことなのだ。

 

ところが今は9割の人が勤め人だ。

だから日本のあらゆるシステムが「勤め人的な発想」によって動いている。

 

政治も、行政も、教育も、すべて・・・

 

勤め人とはいったい何だろうか?

それは単なる働き方ではない。

職業でもない。

収入を得る手段でもない。

 

勤め人とはまさに『右肩上がりの資本主義の象徴そのもの』だ!

 

ご存知のように、資本主義が誕生して250年あまり(資本主義の歴史は意外と古くないのだ)、ずっと右肩上がりの成長を遂げてきた。

その成長を支えたのは、言うまでもなく(法人)』という存在だ。

その会社と同時に誕生したのがその会社に雇われる『勤め人(従業員・労働者)』という存在だ。

 

要するに今でいうサラリーマンや公務員たちだ。

この勤め人の歴史を辿っていけば、産業革命のマンチェスターの工場労働者たちにたどり着く。

 

そう、あの産業革命からすべてがはじまったのだ!

あれから資本主義はずっと右肩上がりを続けてきた。

 

会社は従業員を雇って利潤をあげ、従業員は労働の対価として会社から給料をもらった。

こうして資本主義が発展するシステムが完成したのである。

 

このシステムは我々が生きている現在でも機能している。

 

雇い⇄雇われる

_____この構造自体は何も変わっていないのだ。

 

この資本主義の発展はそのままテクノロジーの発展とリンクしている。

いわゆる『技術革新(イノベーション)』ってやつだ!

 

このイノベーションは蒸気機関や紡績機からはじまり、iPhoneにいたるまでさまざまな商品を生み出した。

それによって僕たちのライフ・スタイルは一変した。

 

寝っ転がりながらスマホで注文すれば、翌日にはその商品が自宅に届くのだ。

これほど便利なことはない!

 

そうした変化は誰もが望んだ変化だった。

そういう世の中の方がいい!とみんなが考えた。

そういった資本主義の発展と、それに伴うイノベーションは多くの人に幸福をもたらせると信じられてきたし、現在でも信じられている。

 

スポンサーリンク

 

子供たちは現代社会を映し出す鏡

この文章を書いている時点でS&P500が史上最高値を更新した。

Amazonの株価も上場来高値を更新したそうだ。

 

資本主義はまさに今、絶頂期を迎えようとしているのだ。

 

人々は今、酔狂の中にいる。

夜な夜なパーティー(比喩的な意味でのパーティーだ)が繰り広げられ、みんな我が世の春を謳歌している。

 

僕はその姿をやや冷ややかな目で見ている。

とても一緒になってドンチャン騒ぎをする気にはなれない。

 

なぜなら、そのドンチャン騒ぎをしている足元では深刻な事態が進行しつつあるのを肌で感じるからだ・・・

 

その地下(アンダーグラウンド)でどんなことが進行しつつあるのか僕にも皆目見当がつかない。

でもそれはいつか地上に吹き出し、僕たちに思いもかけない姿で襲いかかってくるような気がする。

 

しかしながら、狂乱怒涛のお祭り騒ぎは当面続きそうだ。

僕はそこに空恐ろしさのようなものを感じている。

 

今、何らかの手を打たなければ取り返しのつかないことになるのではないか・・・

_____そんな危機感を僕は持っている。

 

合理性や生産性だけを追求し、意識ばかりが先行するような世の中で教育を受ける子どもたち。

彼らは間違いなくその影響を受けて育つことだろう。

 

その結果どんなことが引き起こされるのか_____それは誰にもわからない。

わからないけれど、きっと大きな影響を受けると思う。

 

子供や若者たちはよく『坑道のカナリア』に例えられる。

現代社会に蔓延する空気をいちばん最初に感じ取り、それに敏感に反応する。

 

子供や若者たちは社会を映し出す鏡なのだ。

 

それゆえに、今、子供や若者たちの様子を注意深く見守っていなければならない。

症状を最初に発症させるのはいつも彼らだからだ!

 

彼らはイノセントな存在だ。

大人たちがどっぷりと浸かっている世界にかろうじてまだ染まっていない。

だからこそ余計に敏感に反応してしまう。

そしてその影響を受ける。

 

なぜこんなに家に引きこもる子供や若者が増えているのか。

僕はなんとなく彼らの気持ちがわかる。

 

彼らは無意識のうちにこの社会に『NO!』を突きつけているのだ。

大人たちが作り上げた合理性や生産性だけを追求するこの世界に必死に抵抗しているのだ。

 

大人たちはその姿を見て、簡単に「けしからん」とか「草食系」だとか「現実逃避だ」などと言って彼らを非難する。

しかし子供や若者たちをそのような状態にしたのはいったい誰だ?

 

大人たちだ!

 

頭でっかちでお利口さんの大人たちがこの社会をつくった。

子供や若者たちはその世界が「魅力的ではない!」と言っている。

 

そういう無言のメッセージを送っているのだ。

 

魅力的ではないものに背を向けたくなるのは至極真っ当なことだ。

僕は彼らの気持ちが痛いほどよくわかる!

 

スポンサーリンク

 

一見、関係なさそうな物事もどこかでつながっている

自然界には『エントロピー保存の法則』というものがある。

どこかで秩序が発生すると、それと同じ分だけ無秩序が発生するというやつだ!

 

テクノロジーの発達は僕たちに恩恵をもたらしてくれたことは事実だ。

しかし、時間ぴったりに電車が到着する秩序の世界が大きくなればなるほど、どこかで無秩序の世界も大きくなる。

 

精神的な病気で現れるかもしれない

身体的な病気という形で現れるかもしれない

 

世間を騒がすとんでもない暴力事件として現れるかもしれない

災害として現れるかもしれない

公害として現れるかもしれない

 

人種差別という形で現れるかもしれない

紛争や戦争という形で現れるかもしれない

etc・・・

 

そこに科学的根拠はない。

答えは風に吹かれている。

でも、それらのことには因果関係があると僕は思っている。

 

僕らが生きている情報化社会というのは秩序と無秩序が同時に発生する社会でもあるのだ。

 

もしかしたらイスラム国が台頭したのも、

ドナルド・トランプがアメリカの大統領に選出されたのも、

イギリスが EU から離脱したのもまったくの無関係ではないのかもしれない。

 

それらの一見関係ないように見える出来事は地下深くのどこかでつながってるような気がするのだ。

同じところから派生してきているような気がするのだ。

 

スポンサーリンク

 

もう真面目に会社のために勤めていれば一生安定した暮らしができるという幸福な時代は終わったのだ。

いつ会社が倒産するか、いつリストラになるかわからない世の中になってしまった。

 

これも資本主義の発展がもたらしたことだ。

 

それはとても不安なことだと思う。

高度に発達した資本主義社会を生きるということは、それは言い方を変えれば『不安と共に生きる』ということだ。

 

そういう不安や心配、怒りやフラストレーションをいっぱい抱えた大人たちに教育を受けた子供たちがその影響を受けないはずがない・・・

 

せめて子供時代だけでも、もっと自然体に、もっと気楽に、もっと自由に、もっとテキトーに、もっと好き勝手にさせてあげてもいいのではないだろうか。

どっちみち彼らは否応なしに大人になれば、社会に出ていかなければならないのだ。

すべてのことが意識化された世界に入っていかなければいけないのだ。

 

電車が時間通りにピタッとくる世界というのは案外、疲れる世界なのではないだろうか・・・?

 

それは生きやすい世界だろうか。

それとも生きにくい世界だろうか。

 

僕はテクノロジーの発展を否定しているわけではない。

この文章だって MacBook Pro を使って書いているし、家には wi-fi が接続されている。

僕だって科学技術の発展に 恩恵を受けているのだ。

 

しかし、「そればっかりに染まる」というのも危険なことだ。

いちばん大切なことは『バランス』だと思う。

 

この「バランス」という言葉こそが僕たちの人生を救うキーワードだ。

 

薬に効果と副作用があるように、技術革新にも良い面と悪い面がある。

僕たちはその両方に目を向けなければならない。

 

ボブ・ディランが言った言葉をもう一度思い出してみよう。

答えは風に吹かれているのだ!

 

あまり頭でっかちにならないように。

あまりお利口さんにならないように。

 

幸福とは「これとこれとこれをつなぎ合わせればなれる」というものではない。

そのことを忘れてはいけない。

 

あまりお利口さんになり過ぎないように。

あまり頭でっかちになり過ぎないように。

 

スティーブン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』という映画はまさにそれがテーマなのではないだろうか。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.