不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

[オススメ映画]『3月のライオン』(2017)について

2018/08/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

映画『3月のライオン』を観た僕の感想(レビュー)

羽海野チカの人気コミックの実写化ということで、最初は「大丈夫かな…」と思って観はじめたのだが、こちらの不安なんて軽く吹き飛ばしてしまうくらい素晴らしい映画だった。

 

なんと言っても主人公の桐山零を演じた神木隆之介がサイコーだった!

この役は彼以外には考えられない。

 

まさにこの役をやるために神木隆之介という役者がいるかのような見事なハマり役だった。

僕のオール・タイム・ベストの作品桐島、部活やめるってよ』の前田に匹敵する素晴らしい演技だったと思う。

 

神木くんだけじゃない。

この映画の出演者たちはみんな素晴らしかった。

非常に興味深いキャラクターたちをどの役者陣も非常に演じていたと思う。

 

しかも、それぞれがそれぞれでいろんな問題を抱えていて、それが丁寧にきちんと描かれていたと思う。

 

有村架純、倉科カナ、染谷将太、佐々木蔵之介、伊勢谷友介、伊藤英明、豊川悦司、そして加瀬亮・・・

みんなそれぞれのキャラを見事に演じきっていた。

 

この映画の最大の魅力がこの見事なキャストだと僕は思う。

彼らが演じなければ、ここまでおもしろい作品にはならなかったと思う。

 

この映画の最大の見せ場は何と言っても緊迫の対局シーンだ。

一つの駒を指すだけのカットなのに、思わずこちらにも力が入ってしまう。

 

桐山零はすべての退路を断ち、さまざまな困難の乗り越えながら、ゆっくりと確実に己の将棋道を極めてゆく・・・

その成長物語を見ているだけでも非常にエキサイティングだ!

 

すべてを犠牲にして何かに没頭する姿というのは、それだけで胸を打つものがある。

ちょうど神木くんは『桐島、部活やめるってよ』でも映画に没頭する高校生を演じた。

 

「勝った」とか「負けた」とかという次元を超越し、何かに夢中になることの大切さ・・・

それは『桐島、部活やめるってよ』にも『3月のライオン』にも底通しているテーマである。

 

僕はそれこそが青春だ!と思っている。

 

対象は何だって構わない。

将棋だろうが、映画製作だろうが、野球だって何だっていいのだ。

 

とにかく自分が夢中になれるもの見つけて、無我夢中にそれに取り組むこと_____そういうことができるのも『青春』の素晴らしいところなのだ。

 

リクルート・スーツに身を包み、社会に出て、会社のために給料をもらい、そして定年するまで真面目に働き続ける・・・

ほとんどの人がそのような人生を歩むことだろう。

 

だけど『青春』だけはそんな「社会のお決まりのコース」から遠く離れていられる!

だからこそ美しいし、儚いのだ!

 

そんな風に夢中になれる期間というのは(たとえ短い間だけだったとしても)、人生において非常にかけがえのないものなのだ。

 

主題歌となっているスピッツの『春の歌』はこの映画のために書かれた歌ではない。

しかし、この映画の主題歌はこの曲以外に考えられない。

 

春は、青春の象徴だ。

桜も、青春の象徴だ。

短い期間だけしか咲いてはいないかもしれないけれど、それはとても美しく、儚く、爽やかなのだ!

 

 

スポンサーリンク

映画『3月のライオン』DVD

映画『3月のライオン』Blu-ray

 

 

映画『3月のライオン』サントラ

映画『3月のライオン』関連本

 

映画好きにオススメのAmazonプライムビデオ!

話題の『バチェラー・ジャパン』や松本人志の『ドキュメンタル』はAmazonプライムビデオじゃないと、観れない!

 

Amazonプライムビデオ』はAmazonプライムの会員なると利用することができる動画配信サービスだ。

Amazonプライム会員の年会費は3,900円。

月額たったの325円でこれだけのサービスを楽しむことができるのだから、これはかなりリーズナブルな値段と言えるだろう!

 

月額325円さえ払えば、Amazonプライムビデオの中にある映画やドラマを無料で楽しむことができる。

映画好きなら普段ゲオやTSUTAYAなどでかなりの枚数のレンタルをしていることだろう。

その金額は結構な額になっているはずだ・・・

 

Amazonプライムビデオは普段使っているパソコンやスマホから映画やドラマを観ることができる。

だからベッドに寝転がりながらパソコンで映画やドラマを楽しめるのだ!

 

レンタルDVDのはじまる前の他の映画の予告編もない。

またAmazonプライム会員ならば「続きを観る」をクリックすれば、前回途中で再生を止めたとしてもその止めた場面からすぐに再生されるからさらに便利だ!

 

 

▼ Amazonプライムビデオの詳細は、下記公式ホームページからどうぞ

 

自宅のテレビでもAmazonプライムビデオを楽しむことができる

もしもパソコンからだけでなく、自宅にあるテレビの大画面でAmazonプライムビデオを楽しみたい場合はFire TV Stickというアイテムを使えばOKだ!

 

このFire TV Stickのすごいところは持ち運びが可能なところ。

ホテル、友人宅、出張などいろいろなところスティックを持っていき、そこにあるテレビに繋げば簡単にAmazonプライムビデオのコンテンツを楽しむことができるのだ!

 

しかもこのFire TV Stickは他の動画配信サービスにも対応している。

だからもしもみなさんがHuluやNetflixのユーザーだったとしても、このFire TV Stickがあればテレビでコンテンツで楽しむことができるのだ。

by カエレバ

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.