不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

ヒトは頑張るから幸せになるのではなく、幸せな気持ちで生きるから幸せになる!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

『生産性』という言葉が今、人々の関心を集めている。

 

いつの間にか僕たちは何かを生産しなければいけないという強迫観念に囚われてしまっている。

そしてもしも何かを生産することができなければ、それは価値がないということになる・・・そんなふうに誤解をしてしまっている。

 

サラリーマンをしていた頃の僕も完全にこの謎の罠にハマって、なかなか抜けられずに苦労をした。

その頃の僕は人生がいろいろとうまくいかなくて、精神的にも経済的にも決して満たされてはいなかった。

 

だからこそ、なおさら何とかしなくてはいけない!と思ったんだと思う。

 

だから、

「頑張らなくちゃいけない」

「きちんとしなくてはいけない」

「何かを生産しなければいけない」

「何か価値を生み出さなければいけない」

etc・・・

_____そのような強迫観念に縛られ、苦しんでいたんだと思う。

 

でもそうやって必死になって、眉間にしわを寄せて、肩の力を入れて生きれば生きるほど、状況はどんどんどんどん悪くなっていった・・・

そして、ますますイライラが募るようになり、ますますお金にも縁がなくなっていった。

 

今、僕は不動産投資というものをやって不労所得を得て生活している。

ところがサラリーマンをしていた頃の僕は(信じてもらえないかもしれないが)『不労所得』 というものを何よりも嫌っていた。

 

「ラクをしてお金を儲けるということはいけないことだ」と思い込んでいたのだ。

 

だから、あの頃の僕は『頑張る』という手段しか持ち合わせていなかった。

その結果、僕は朝から晩まで働きづめの生活を送るようになり、文字どおり僕は会社のためにモーレツに働く企業戦士になっていった。

 

でも、そうやって死にもの狂いで働いた割には給料はボーナスはそれほど大きくは増えなかった・・・

 

まさに悪循環。

まさに袋小路。

 

 

スポンサーリンク

僕はあらゆることに罪悪感を感じていた。

 

でもその頃の僕はその罪悪感が僕を苦しめる直接的な原因になっているなんて夢にも思っていなかった。

その罪悪感があらゆる可能性を潰しているなんて夢にも思っていなかった。

 

家でゴロゴロしてはいけない

もっと頑張らなくてはいけない

誰かの力を借りてはいけない

暇にしていてはいけない

忙しくしてなきゃいけない

何かを生産し続けなきゃいけない

価値を提供し続けなきゃいけない

etc・・・

_____でもそれはまったくの間違いだった。

 

僕は『頑張る』といういちばん選んではいけない方法論を採用してしまったのだ。

そのやり方は僕も幸せにはしないし、僕のまわりにいる人たちも幸せにしない最悪の方法論だった。

 

その頃の僕はまだ何も知らなかったのだ。

 

自分がハッピーになれば、まわりもハッピーになるということも知らなかった。

自分がいつもニコニコとしていれば、まわりもいつもニコニコしてくれるということを知らなかった。

自分が攻撃的になればなるほど、まわりも攻撃的になるということを知らなかった。

 

僕は仕事も家庭も一生懸命がんばった!

良き営業マンになろうとした。

良き旦那になろうとした。

良きパパになろうとした。

_____でもそうやって頑張れば頑張るほど、自分が望んだ幸せはどんどん遠ざかっていった。

 

僕は勘違いしていたのだ。

家族を幸せにするためには、僕がまず最初に幸せにならなければいけないのだ!

 

僕が頑張ったから家族が幸せになるのではないのだ。

家族にニコニコして欲しかったら僕が心の底からニコニコしてなきゃいけないのだ。

 

僕の「頑張り」なんかどうでもいいことだったのだ。

「頑張り」では幸せは手に入れることはできないのだ。

 

自分が幸せな気持ちでいるためには、幸せな気持ちになれないことをやっていてはいけない

_____僕はそのことに気がついた。

 

面白くない仕事をやって

会いたくもない人に会っていて

行きたくもないところに行って

自分が納得していない生き方をしていて

(そして、そのことを自分でもわかっていて)

etc・・・

_____いったいそれでどうやって幸せな気持ちになれるというのだろうか?

 

もっと自分を大切にしよう!

 

「自分を大切にする」ということは、『人のことよりも自分のことを優先する』ということだ。

自分を最優先するということは、人からの反発や、攻撃や、誹謗中傷を覚悟するということだ。

 

もしもそれが嫌だったら、大人しくしてる以外に方法はない。

自分のことは後回しにして、まわりを優先させる生きた方をした方がいいだろう。

 

でもそういう生き方はそういう生き方で、かなりしんどい生き方になるはずだ。

どっちを選んでもしんどい生き方になるのだ。

だったら、まわりの目なんか気にせず、自分を優先させて生きた方がいいのではないだろうか?

 

精神科医のフリードマンという人が提唱した理論によると、我慢強く、自己主張せず、自己犠牲的な性格の人はストレスをためやすく、病気にもなりやすいらしい。

つまり日本的な真面目さや勤勉さは自分を不幸にするだけということだ。

 

だからやりたいことだけやって、やりたくないことはやらないようにするのだ!

それが自分を大切にするということだと僕は思う。

 

わがままに生きている人というのは、日本的な価値観からすれば「ありえない!」ということになるかもしれない。

でも逆に言えばわがままに生きている人というのは、『自分を大切にしている人』というふうにも解釈できる。

 

信じてもらえないかもしれないが、僕はもともと日本的価値観に縛られて生きてる典型的な人間だった。

小心者で、臆病で、引っ込み思案で、気後れするタイプ・・・

 

とてもじゃないけど脱サラして起業するなんていう、大それたことができるようなタイプの人間ではなかったのだ。

 

そんな僕が38歳のときにそれまで勤めていた会社を辞め、専業の大家さんとして独立したのだ。

それがいかにスゴイ大英断だったか・・・・・わかっていただけるだろうか。

 

でもその一世一代の大勝負のおかげで、僕の人生は救われた。

自律神経失調症を発症するくらい追い詰められていた僕の人生は、そのおかげで逆転満塁ホームランを打つことができたのだ。

 

だから人生に行き詰まっている人に僕は言いたい。

 

まずは決断することだ。

そして行動することだ。

 

一歩足を踏み出せば、いろんなことが見えてくる。

そこでようやくいろんなことに気づくことができる。

本当の自分を発見することができる。

 

そして動き出してはじめて、それまでの自分がいかに自分自身を封じ込めていたか・・・ということもわかるだろう。

 

「檻から出られない!」という僕がそれまで抱いていた悩み。

でもその檻を作ったのは、他でもない僕自身だったのだ。

 

本当は僕はいくらでも自由に、わがままに、好きなことをやって生きていけたのだ。

その可能性の扉を閉ざしたのは、他でもない自分自身だったのだ!

 

僕は小さな箱を飛び出して、ようやくそのことに気づくことができた。

そして、もう無理に頑張るのをやめることにした。

_____そしたらすごくラクになった!

 

ストレスフリーな人生を手に入れ、いろんなことが以前よりもうまくいくようになっていった。

相乗効果が次の相乗効果を生み出し、僕は本当の意味で自分らしく生きられるようになっていった。

 

みなさんもそろそろ重い荷物をおろす時期に来ているのではないだろうか。

責任という言葉よりも、無責任という言葉の方を重要視すべき時期に来ているのではないだろうか。

勤勉さや真面目さよりも、自由や自分が欲していることの方を優先にすべき時期にきているのではないだろうか。

 

人に迷惑をかけてもいい

わがままに生きてもいい

好きなことをやってもいい

誘いを断ってもいい

約束を守らなくてもいい

不真面目になってもいい

無責任になってもいい

まわりの大人たちから後ろ指をさされるような人間になってもいい

etc・・・

 

自分がハッピーになることを何よりも大切にしよう!

社会的評価なんかクソ喰らえだ!

_____そんなふうに自由な発想で生きた方が単純に楽しいし、いろんなことがうまくいくようになる。

 

死ぬときに「いや〜好きなこと散々やり尽くした! もう思い残すことはないわ!」と思って死んでゆく方がいいか?

それとも「あれもできなかった」「これもできなかった」と後悔しながら死んでゆく方がいいか?

 

みなさんはどちらがいいだろう?

 

ただただ真面目で、一切脇道にもそれず、曲がったことをせず、勤勉でありつづけた人生・・・

もちろんそういう人生があってもいいだろう。

 

でもそれと引き換えに自分のやりたいこともできず、言いたいことも言わず、我慢と辛抱だらけの苦しい人生だったら・・・?

 

僕はそういう人生は送りたくない。

たとえいろんな人から後ろ指をさされて、白い目で見られたとしても、好きなことをやって自分らしい人生を送りたい。

 

幸せとは『何もかもうまくいってる状態』ではないのだ。

幸せな人生を送っている人でも誰かに嫌われてたり、陰口を叩かれてたりするものだ。

すべてが100%完璧!なんてことはありえないのだ。

 

じゃあ、幸せとはいったいどのような状態のことをいうのだろうか?

それはやっぱり『自分らしく生きれてる状態』のことをいうのだと僕は思う。

 

自分の好きなことをやって、自由で、ストレスフリーで、自分自身の選んだことに納得して・・・

______そういう人生を送ってる人が幸せな人なんじゃないかと僕は思う。

 

もちろん、そういう幸せに生きてる人をけなしたり、攻撃したりする人はゴマンといる。

でもそれは大した問題ではない。

 

人からどう思われるか?よりも、自分が自分自身のことをどう思っているのか?(自分自身の人生について納得しているのか?)の方がはるかに重要なのだ!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.