不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

ワンランク生活レベルを落としてみることによって得られるもの

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

僕は『清貧の思想』は好きではないんだけど、『ワンランク生活レベルを落としてみる』ってすごく大事なことなんじゃないかと最近思いはじめている。

生活レベルを上げるのではなく、「落とす」のだ。

 

何も貧乏暮らしをすることを推奨しているわけではない。

むかしヒッピーみたいに生きろと言ってるわけではない。

 

今まで突っ走ってきた速度を少しだけ減速してみよう

_____と言ってるだけだ。

 

立派な家に住んで、高級外車を乗りまわし、毎日高級レストランで食事をする・・・・そういうのが贅沢だと思ってる人いっぱいいると思う。

でも最近の僕は全然そんなふうに思わなくなった。

 

こじんまりとしたお気に入りの自宅で、こだわりぬいた豆で淹れた熱いコーヒーでも飲みながら心穏やかにゆっくりと本を読んだり、映画を観たりする・・・・そっちの方がよっぽど贅沢なんじゃないかと思いはじめている。

 

ストレスもなく、自由な時間を満喫して、誰にも気をつかうこともなく、誰にも拘束されることもなく・・・

スポンサーリンク

 

 

ある程度の生活レベルを追い求めるからおかしくなる

『ある程度の生活レベルをおくらなければならない』っていうのがもっとも危険な罠だと僕は最近気がついた。

若い頃は全然気づかなかった・・・

 

若い頃はある程度の生活レベルに達しなければハッピーな人生を送ることができないと思っていた。

でも経済的なもの・物質的なものだけを追い求め、たとえそれを得たとしてもそれだけは幸せにはなれないということに僕は気づいた。

 

僕のまわりでもその罠のせいで人生を棒に振ってしまってる人がたくさんいる。

朝から晩まで会社に自分の時間を差し出し、まるで仕事をするために生きてるような人・・・

 

みなさんのまわりにもきっといるはずだ。

 

もう少し生活レベルを下げてみてはどうだろうか。

ある程度の生活レベルに達しなければならないという強迫観念が現代人たちを追い詰めてゆく。

 

もう少しだけ減速してみよう!

ゆっくり自宅でドストエフスキーの本を読んだり、小津安二郎の映画でも観る生活の方がよっぽど幸せじゃない?

 

神経をすり減らし、ストレスと共にセカセカ生きていったい何になる?

そのことによって多少は出世するかもしれない。

だけど、そのことによって失うものも多いのではないだろうか。

 

身を粉にして働き、多少出世をすれば金銭面でも多少は潤うかもしれない。

しかし、それは大きな視点から見れば『誤差』のレベルだ。

 

それによって人生が大きく変わるわけじゃない。

自由な時間を拘束される生活から解放されるわけじゃない・・・

スポンサーリンク

 

まわりからどう見えるかなんて関係ない

シンプルな暮らしを送ることは別に「ケチになる」ということではないのだ。

「清貧の思想」でもない。

 

自分の人生を自分でコントロールできるという『』を獲得するということだ。

 

多少はみっともない想いをするかもしれない。

まわりからは「お金を持ってる」とは見られない・・・・という屈辱を味わうかもしれない。

 

でも、まわりからどう見えるかなんて、本当の幸せを獲得することに比べたら大したことじゃないはずだ!

いくらでも想わせておけばいい。

その人もまた、資本主義の罠にハマって、抜け出せずに苦労していることだろうから・・・

スポンサーリンク

 

自分に合った金銭感覚を持つことの大切さ

最初からこじんまりとした暮らしをしていれば、わざわざ無理して生活レベルを上げようと頑張らなくてもいい。

会社に身も心も捧げて、うつ病になるくらい必死に働かなくてもいいのだ。

 

『自分に合った金銭感覚』を身につけることは、『どうやったら億り人になれるか?』よりも大事なことだと僕は思う。

みんな自分に合わない金銭感覚を身につけちゃったら、破滅に向かってゆくのだ。

 

フェラーリやタワマンを追い求める人生もいいかもしれないけど、そこには大きな犠牲が伴うことを知っておこう。

それよりも、家族団欒があり、自分の自由な時間があり、ストレスのない暮らしがある方が良くないっすか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 
 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.