もっと自由に、もっとわがままに、もっと「ヘンな人」に!

2019年4月7日

人生がうまくいってなかった頃の自分を振り返ってみた。「本当につまらない人間だった」と心から思う。妙に大人びていて、妙に落ち着いていた。「会社のために真面目に働いている」ということが唯一のアイデンティティになっていた。

節度をわきまえ、わがままを言わず、いろんなことを我慢している「自分」・・・それが社会人のあるべき姿だ。それが正しい生き方なんだ。それが大人になるってことなんだ・・・そう自分に無理やり言い聞かせていた。

 

でも本当は気づいていた。本当は全部、わかっていた。本当は全然ハッピーじゃなかった。本当は毎日、楽しくなかった。それなのに「真面目」「安定」「責任」「仕事熱心」etc・・・そこに価値を見出そうとしていた。

それを免罪符に使って、自分を無理やり納得させていた。本当は違うことがしたいのに。それは自分が望んだ生き方じゃないのに。もっと別の自分になりたかったはずなのに。「これでいいんだ」と・・・

関連記事

https://sakamotoharuki.com/futuno-seikatu/

スポンサーリンク

自分を小さな檻の中に閉じ込めるな

あの頃の僕は自分を小さな箱に押し込めて、広い世界をなるべく「見せないように」「見せないように」していた。なぜそんなことをしたのか? そっちの世界の方が圧倒的に魅力的だったからだ。

もしもそっちの世界を自分に見せたら、絶対「あっちに行きたい!」と言い出すに決まっていた。子どものように駄々をこねて、「僕はあそこに行くんだ!」と泣き叫ぶのが目に見えていた。だから必死に見せないようにしていた。

 

自分に嘘をついて。自分を箱に閉じ込めて。その箱に鍵をかけて。そこから出られないようにした。だから僕は毎日ハッピーじゃなかった。だから僕は毎日楽しくなかった。

そりゃ、そうだ。うちの猫を見ていてもそれはわかる。猫も人間も基本的には自由に自分の好きなところに行きたい習性を持っているのだ。それをずっと檻の中に閉じ込めていたら、猫だって人間だってストレスがたまるよ・・・

 

でもその頃の僕はそうやって「自由に」「わがままに」「好き勝手に」「楽しく」生きることが良くないことだと思い込んでいた。

それはやってはいけないことだ

それは無責任だ

それは自分勝手だ

それはわがままだ

それは社会人としてあってはならないことだ

それはまわりに迷惑をかけることだ

それは…

 

そうやって、無理やり自分を『きちっとした真面目な社会人』という枠の中に収めようとしていた。今ではちょっと考えられないことだ。『北海道でいちばん自由なパパ』を自称している僕が、だ!

関連記事

スポンサーリンク

 

僕は恐怖に支配された男だった

なぜ僕はそんなことをしていたんだろう? なぜ僕はそんなに自分を狭い世界に閉じ込めようとしていたんだろう? その答えはカンタンだ。怖かったからだ・・・サラリーマンを辞めて自分で事業をやるということはとんでもないリスクだ!

もしも失敗したらどうする? もしも膨大な借金を背負ったらどうする? もしも自己破産したらどうする? もしも家族を路頭に迷わせることになったらどうする? その「恐怖」に僕は完全に支配されていた。

 

あっちの世界が魅力的で、自分がそれに惹かれていることも百も承知だった。本当の気持ちはそっちに向いていることは自分でもわかっていた。でも、そっちに行くことはあまりにもリスキーだ・・・それは怖い。死ぬほど怖い。だから僕はその場に留まり続けた。

そんなことできっこない」「そんなの夢物語さ」と自分に言い聞かせた。そして、真面目なサラリーマンとして生きるように自分を説得し続けた。でも僕は結果的には38歳のときに脱サラ起業をした。

 

散々苦しんだけど、やっぱり自分の「あっちに行きたい!」という衝動を押さえることができなかったのだ。そのおかげで今日の成功がある。今のこの「自由」と「幸せ」がある。

関連記事

スポンサーリンク

 

お金持ちたちは好き勝手に生きている

死ぬほど怖かったけど、僕は勇気を出して一歩を踏み出したのだ。そしたら、何もかもがうまくいったのだ! やってみたら、想像していたよりもカンタンだった。「なんでもっと早くチャレンジしなかったんだろう?」「なんでオレはあんなにずっとウジウジしてたんだろう?」と心の底から思った。

 

それから、こんなことも思った。もしもあのまま小さな箱の中に自分を閉じ込めていたら、いったい僕の人生は今ごろどうなっていただろうか? おそらく悲惨なことになっていたはずだ・・・

 

日本の社会は

  • 自由に生きること
  • 好き勝手に生きること
  • 楽しく生きること
  • 自分のやりたいように生きること

なんかをを良しとしない社会だ。でも不思議なことに多くの成功者やお金持ちは、自由で、好き勝手に生きていて、楽しく生きていて、自分のやりたいように生きている。「逆」なのだ。「逆」のことをしているのだ!

 

だからうまくいったんじゃないのかな? だから成功したんじゃないのかな? それが証拠に成功者やお金持ちの人ってどこか「子どもっぽい」よね。マナーがなってない人もいる。名刺の出し方が間違ってる人もいる。

でもビジネスで成功することと「社会的マナーを身につけてること」って実はあまり関係なかったりする。そんなことでビジネスがうまくいくなら、みんなとっくの間に成功者になってるよ。

 

真面目で、きちっとしていて、立派な社会人になることと、ビジネスで成功することはまったく別の話だ。中には短パンを履いて、サングラスをかけて会社に来るような社長さんもいる。でも、すごく成功していて、お金持ちで、ハッピーに生きてる。

それでいいんじゃないかな? どうしてそれじゃいけないの? 真面目なサラリーマンとして、65歳の定年を迎えるまで勤めている会社に忠義を誓って働くというのなら、それはそれでOK!

関連記事

スポンサーリンク

 

もっと積極的に変な人になろう

人間はどんな生き方をしてもいい。どんな選択をしてもいい。自分にとってハッピーで、満足できるチョイスをすればいい。だから、僕は僕なりの選択をした。そのおかげで「変わり者扱い」されることになっちゃったけど、それはもうしゃーないことだ!

そういう道を選択した以上、そういうことを言われたり、そういう目で見られたりすることは覚悟しなければいけないことなのだ。いちばん大切なことは「自分の気持ち」だ。

 

こっちの世界に来て、良かったのか? ハッピーだったのか? 後悔はしてないのか?ってことだ。

そういった意味では僕はすごく今、ハッピーだ。経済的な面でも、精神的な面でもサラリーマンをしていた頃よりも数十倍、良くなってる。まわりからどんな風に思われようと。まわりからどんな目で見られようと。だから、もっと積極的にヘンな人になろう!

 

もっと自由に

もっとわがままに

もっと自分勝手に

おじさん連中から「社会人として失格だ!」と思われるような人になろう! 小さい箱の中に閉じ込めてた本当の自分を解放してあげよう。『分別のある大人』になんかならなくたっていい。まわりから「すごい人」と思われなくたっていい。

 

親を心配させてもいい。となりの家から「あの人、何やってる人なの?」と白い目で見られてもいい。子どものように、うるさく、元気に、わがままに、エネルギッシュに、まわりに散々、迷惑と心配をかけて、一日を思う存分、生きるのだ!!!

 

 

僕は「不自由に生きること」「自由に生きること」の両方の生き方を試してみたけど、圧倒的に「自由に生きること」の方が幸せだった。だから、あなたにも自由に生きてほしいと思っている。

「あれがほしい」「これがほしい」「やれをやりたい」「これ、やりたくない」「あれ、いらない」「これ、いらない」。そんな風に自分に正直に生きることって実はとっても素敵なことなんじゃないだろうか。

 

だって、自分の人生だもん。たった一回しかない自分の人生だもん。親のために生きてるわけじゃないもんね。会社の上司や、世間のために生きてるわけじゃないもんね。僕たちは「自分のため」に生きてるんだもんね。

あなたが思ってるよりも、世界は広い。広い世界は、あなたがやって来るのを待っている。小さくまとまらないでほしい・・・もったいないよ。せっかく生きてるんだから!

関連記事

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング

こちらの記事もよく読まれてます!