北海道で不動産投資(5棟74室+月極Pを運営中!)をしながら自由気ままなセミリタイア生活を送る映画好き大家さんのブログ。

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

 

オススメ本・堀江貴文『多動力』について

2019/01/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら
  • 著者  堀江貴文
  • 出版社  幻冬舎
  • 出版日  2017/5/26

スポンサーリンク

『多動力』とはどのような本なのか?

ご存知、あの堀江貴文氏のベストセラー・ビジネス書。

通常のビジネス書とは一線を画する内容で、情報化社会を賢く生きるためのノウハウや考え方が綴られている。

 

やはりホリエモンはインターネットの人だ。

情報化社会の申し子だ。

 

なぜ、いろいろなプロジェクトを同時にこなせるのか。

なぜ、あれだけ多忙な日々を楽しく生きられるのか。

現代社会を忙しく生きる我々にさまざまな気づきやヒントを与えてくれる画期的な本だと思う。

スポンサーリンク

 

著者の紹介

 

堀江貴文

1972年、福岡県生まれ。

SNS media&consulting株式会社ファウンダー。

現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開。

有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の読者は1万数千人の規模に。

2014年8月には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタートした。

スポンサーリンク

 

僕は毎月一冊ペースで本を出しており文庫化されたものを含めればそろそろ累計100冊に迫るのではなかろうか。

なんでそんなハイペースで本が出せるんですかとよく聞かれるがほとんどの方は編集者とライターが僕にインタビューをしてまとめているものなのでだいたい10時間ほど話せば一冊になる。

こういう話をするとゴーストライターを使っているなどと騒ぐ人が必ずいるな漫画だって多くのスタッフ、アシスタントによる分業制だ。

なぜ本だけはダメなのだろう。

全部自分でやらなきゃいけない症候群にかかっている人が多すぎる。

自分の貴重な時間は自分の強みが1番発揮できる仕事に集中させるべきだ。

2015年の終わりに出版した『本音で生きる』は過去にインタビューや本で僕が散々言ってきたことしか書いていない。

そんな過去の僕の言葉を焼き直ししてできた本がベストセラーになって僕は確信した。

別に時間をかけてインタビューする必要すらないのだと。

今後僕が発刊する書籍の多くはキュレーションメディアのような作り方で、取材時間ゼロで進めたい。

AI に僕の全発言を取り込んで bot のようにどんどん新しい方を発行してもらうのもいいかもしれない。

作家根性を発揮して言葉の端々までこだわり抜き1年以上かけて作った方が1万部も行かないなんてことがよくある。

印税で言ったら100万円たらずだ。

時間をかければクオリティが上がる、 真心を込めねば人に伝わるというのは妄想に過ぎない。

何百もの仕事を同時にこなすためには自分でやらないことを決めるのが大切だ。

自分にしかできない仕事以外は他人に思いっきり任せよう。

 

この文章を読んで目からウロコが落ちた。

それと同時に「時代は変わったんだな!」ということがよくわかった。

 

今、いちばん重要で、いちばん価値があり、いちばんの贅沢品は『自分の時間』だ!

本を書く(しかも、根詰めて、細部にまでこだわって書く)という行為はこの時代にマッチしていない、極めて古臭い作業なのかもしれない。

 

そういえば僕もここで著者が言ってることと同じような感覚を自分のビジネスで実践している。

僕はアパート経営(不動産賃貸業)という商売をメインでやっているが、あれだって不労所得だ。

僕が一生懸命、時間を割き、汗水垂らして働いているわけではない。

 

入居者を募集してくれたり、物件を管理してくれたりするのは不動産会社の役割だ。

僕はその彼らの働きに対価を払っているだけだ。

 

そのことによって僕は圧倒的な時間と労力を確保している。

堀江氏がここで言っていることと似ている。

 

当然、僕のこのような働き方を快く思ってない人もいる。

友人や親戚から、不労所得を得て生活をしていることをバッシングされることもある。

 

だが、よく考えたらこれはおかしい。

僕は別に悪いことをしてお金を得ているわけではないのだ。

不動産会社ともきちんと管理契約を結び、お互い納得のうえでやっていることなのだ。

 

堀江さんがここで言ってる『全部、自分でやらなければならない症候群』にかかっている人があまりにも多すぎる。

もうそういう時代ではないのだ。

 

自分以外の人でもできることはどんどん人にやってもらう。

今はそういう時代なのだ。

 

勤勉で幸せになれた時代は確かにあったと思う。

でも時代は変わるのだと思う。

 

 

スポンサーリンク

プライム会員になればKindle毎月1冊無料&「Prime Reading」内の書籍が読み放題

 

>>>Amazonプライム会員(今なら1ヶ月の無料体験ができるよ!)

スポンサーリンク

 

Amazonプライム会員になると得られる13コのメリット

 

  1. 月額たったの325円という驚きの安さ(学生の場合は200円!)
  2. Amazonからの配送料が無料になる
  3. お急ぎ便や日時指定便も無料になる
  4. Amazonプライム・ビデオ内の約3万点の映画やドラマが見放題になる
  5. 『ドキュメンタル』や『バチェラー・ジャパン』などのオリジナル・コンテンツが観れるようになる
  6. PrimeMusic内の100万曲の音楽が聴き放題になる
  7. PrimeReadingに登録された電子書籍が読み放題になる
  8. Kindleが4,000円引きで購入できる
  9. Kindle本が毎月1冊無料で読める
  10. Amazonパントリーで日用品をダンボール買い(まとめ買い)ができるようになる
  11. 月に1度開催される超特価セール、プライムデーに参加できる
  12. 生鮮食品を届けるサービス、Amazonフレッシュを利用できるようになる
  13. 30日以内の試着なら無料で返品できる、Amazon Fashionの配送料が無料になる

 

>>>Amazonプライム(今なら1ヶ月の無料体験ができるよ!)

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.