北海道で不動産投資(5棟74室+月極Pを運営中!)をしながら自由気ままなセミリタイア生活を送る映画好き大家さんのブログ。

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

 

オススメ映画『ミュンヘン』(2005年)について

2018/12/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

 

スポンサーリンク

 

『ミュンヘン』解説

1972年のミュンヘン・オリンピック開催期間に実際に起こったテロ事件を映画化した作品。

監督はあのスティーブン・スピルバーグ。

イスラエル諜報特務庁(通称モサッド)のリーダー役を演じたのは、『トロイ』などでお馴染みのエリック・バナ。

スピルバーグ作品としては、『シンドラーのリスト』や『プライベート・ライアン』の流れを組むシリアスかつリアルな映画となっている。

スポンサーリンク

 

映画『ミュンヘン』あらすじ

1972年のオリンピック開催期間中、パレスチナの過激派組織「黒い九月」のメンバーらによるテロ事件が起こる。

それはイスラエル選手団が宿泊するホテルに侵入し、オリンピック関係者全員を殺害するという凄惨なものだった。

この事件がきっかけとなり、イスラエル政府は報復を決意。

イスラエル諜報特務庁(通称モサッド)が動き出し、世界各地で暗殺事件が起こる。

やがてそれは双方による収拾がつかなくなるほどの報復合戦へと発展してゆく・・・

スポンサーリンク

 

映画『ミュンヘン』キャスト

  • アヴナー:エリック・バナ
  • スティーヴ:ダニエル・クレイグ
  • ロバート :マチュー・カソヴィッツ
  • カール:キーラン・ハインズ
  • ハンス:ハンス・ツィッシュラー
  • エフライム :ジェフリー・ラッシュ
  • トニー:イヴァン・アタル
  • アヴナーの母 :ギラ・アルマゴール
  • ダフナ: アイェレット・ゾラー
  • パパ:マイケル・ロンズデール
  • ルイ:マチュー・アマルリック
  • アンドレアス:モーリッツ・ブライプトロイ
  • シルヴィー:ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
  • ジャネット :マリ=ジョゼ・クローズ
  • イヴォンヌ:メレット・ベッカー
  • ツヴィ・ザミール将軍 :アミ・ワインバーグ
  • ゴルダ・メイア首相:リン・コーエン
  • ワエル・ズワイテル:マクラム・コーリー
  • マフムッド・ハムシャリ: イーガル・ナオール
  • フセイン・アル=シール: モステファ・ジャジャム
  • エフード・バラック:ジョナサン・ローゼン
  • アリ・ハッサン・サラメ: メーディ・ネブー

スポンサーリンク

 

映画『ミュンヘン』スタッフ

  • 監督:スティーヴン・スピルバーグ
  • 脚本:トニー・クシュナー、エリック・ロス
  • 原作:ジョージ・ジョナス『標的は11人 モサド暗殺チームの記録』
  • 製作:スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ、バリー・メンデル、コリン・ウィルソン
  • 音楽:ジョン・ウィリアムズ
  • 撮影:ヤヌス・カミンスキー
  • 編集:マイケル・カーン
  • 配給:ユニバーサル
  • 公開:2005年12月23日(アメリカ)、2006年2月4日(日本)
  • 上映時間:164分

スポンサーリンク

 

映画『ミュンヘン』を観た僕の感想(レビュー)

オリンピック開催中に実際に起こったイスラエル選手団を標的にしたテロ事件とその後の復讐劇を描く。

カッコいい映像美が印象的な作品。

ラストの”とある建物”のショットは『どちらが正しいかの二者択一の概念から抜け出せ!』というスピルバーグからのメッセージ。

 

スポンサーリンク

 

映画『ミュンヘン』はAmazonプライム・ビデオでも観れます

 

>>>Amazonプライム・ビデオ(今なら1ヶ月の無料体験ができるよ!)

スポンサーリンク

 

Amazonプライム会員になると得られる13コのメリット

 

  1. 月額たったの325円という驚きの安さ(学生の場合は200円!)
  2. Amazonからの配送料が無料になる
  3. お急ぎ便や日時指定便も無料になる
  4. Amazonプライム・ビデオ内の約3万点の映画やドラマが見放題になる
  5. 『ドキュメンタル』や『バチェラー・ジャパン』などのオリジナル・コンテンツが観れるようになる
  6. PrimeMusic内の100万曲の音楽が聴き放題になる
  7. PrimeReadingに登録された電子書籍が読み放題になる
  8. Kindleが4,000円引きで購入できる
  9. Kindle本が毎月1冊無料で読める
  10. Amazonパントリーで日用品をダンボール買い(まとめ買い)ができるようになる
  11. 月に1度開催される超特価セール、プライムデーに参加できる
  12. 生鮮食品を届けるサービス、Amazonフレッシュを利用できるようになる
  13. 30日以内の試着なら無料で返品できる、Amazon Fashionの配送料が無料になる

 

>>>Amazonプライム(今なら1ヶ月の無料体験ができるよ!)

スポンサーリンク

 

よく一緒に購入されている商品

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.