オススメ映画『無能の人』について

2019年2月11日

スポンサーリンク

映画『無能の人』とはどのような映画なのか?

河原の石を売ろうとする売れない漫画家とその家族を描く。

個性派俳優・竹中直人の初監督作品。

ヴェネツィア国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞し、話題となった。

原作者は鬼才・つげ義春。

 

映画『無能の人』を観た僕の感想(レビュー)

つげ義春&竹中直人という2つの個性が奇跡的な輝きを見せる。

小津オマージュも素晴らしい!

 

具体的に語られることはないが作品全体から現代社会への痛烈な批判も感じられた。

家族ってやっぱりいいなぁ。

 

いたるところに散りばめられた竹中直人らしいシュールなブラック・ユーモアが秀逸!

それでいてどこかほっこりとさせるところもグッド。

 

とにかく竹中直人が「やりたい放題!」といった感じに自由に自分の好きなものを全部ぶち込んで、なおかつ最後をホロっとさせるという究極の離れ技をやってくれている!

自身がちょうど結婚し、父親となるというタイミングとも合間って、奇跡のような日本映画の傑作が誕生した。

 

映画『無能の人』キャスト

  • 助川助三:竹中直人
  • 妻・モモ子:風吹ジュン
  • 息子・三助:三東康太郎
  • 石山たつ子:山口美也子
  • 石山石雲:マルセ太郎
  • 山川軽石:神戸浩
  • 鳥男:神代辰巳
  • 古本屋・暗原:大杉漣
  • 編集者・佐藤:いとうせいこう
  • 初老の警官:草薙幸二郎
  • 散歩の紳士:須賀不二男
  • 散歩の婦人:久我美子
  • 田舎宿の老婆:野村昭子
  • 暗原の妻:船場牡丹
  • 高層ビルの浮浪者:原田芳雄
  • サングラスの男:三浦友和
  • 友情出演:青木富夫、荒井晴彦、泉谷しげる、井上陽水、岩松了、上田耕一、上野耕路、蛭子能収、大久保了、小口健二、河合美智子、清水ひとみ、周防正行、菅田俊、鈴木清順、芹明香、武内亨、つげ義春、内藤陳、根本敬、藤井尚之、藤原マキ、布施絵理、松田政男、本木雅弘、山田花子(漫画家)、ワハハ本舗
  • エキストラ出演:田中要次(照明助手だった田中をカウンターの客の一人として起用している)

 

映画『無能の人』スタッフ

  • 監督:竹中直人
  • 脚本:丸内敏治
  • 助監督:松本泰生
  • 撮影:佐々木原保志
  • 編集:奥原好幸
  • 音楽:ゴンチチ
  • 録音:北村峰晴
  • 照明:安河内央之
  • 総合プロデューサー:奥山和由
  • 製作:ケイエスエス、松竹第一興行
  • 配給:松竹富士
  • 公開:1995年5月26日(アメリカ)、 1995年12月23日(日本)
  • 上映時間:121分

スポンサーリンク

 

映画『無能の人』受賞等

  • 1991年キネマ旬報ベストテン – 第4位
  • 1991年ブルーリボン賞 – 主演男優賞
  • 1991年ヴェネツィア国際映画祭 – 国際批評家連盟賞
  • 第6回高崎映画祭:若手監督グランプリ:竹中直人

 

映画『無能の人』のトリビア

  • 予告編はハリウッド超大作のような「制作費××円!!」といった仰々しい演出がなされ、多くの人の笑いを誘った
  • 本作のストーリーにはつげ義春の「退屈な部屋」「日の戯れ」といった『無能の人』以外の作品がエピソードとして使用されている

 

スポンサーリンク

 

映画『無能の人』のキャッチコピー

 

この広い宇宙に私たち家族三人だけみたい…

 

映画『無能の人』サントラ

 

 

よく一緒に購入されている商品

 

 

 

 

リアリズムの宿 [DVD]
バップ
Amazon.co.jp

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

 

スポンサーリンク

 

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング