青年実業家と女性芸能人が付き合うのは、『なんちゃらショック』の前触れ!?

2019年7月15日

リーマンショックから10年が経ち、株価も不動産価格も相当上がっている昨今の経済情勢。

いつ次の大暴落が来るか心配していませんか?

 

Left Caption

ハルキ

もちろんそれを予測することは不可能なのですが、本記事では僕が思う「バブル崩壊の前兆」のサインについて解説します。

スポンサーリンク

青年実業家と女性芸能人が付き合うのは、『なんちゃらショック』の前触れ!?

金持ちの事業家が女優や女性タレントと付き合うのって「あの頃」にそっくりだよね。

これ、近いうちに『なんちゃらショック』来るわ。

 

僕は例のZOZOの前澤社長の100万円のやつには応募しなかった。

理由は、なんとなく気持ち悪かったから。

 

経済が崩壊するときって、だいたい次の3つのことが起こるよね。

 

  1. 青年実業家と女性芸能人のカップルがやたら誕生する
  2. さまざまな形で詐欺が増える
  3. 投資信託がやたら流行る

 

そういった意味では、今ってあの頃とそっくりだね・・・

だから要注意だよ!

 

そう言えば、リーマン・ショックも投資信託が火種になって起こったよね。

今、何が流行ってますか??

マネー雑誌ではしょっちゅうどんなことが取り上げられていますか??

 

どうして人間ってこんなに愚かなんだろうね・・・

どうして人間って同じ過ちを繰り返しちゃうんだろうね・・・

 

ウォーレン・バフェットも言ってるよね。

 

我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ。

 

って・・・

 

その辺りのことは、『マネーショート』という映画で描かれているよ!

 

僕はときどき、映画好きの人の方がよっぽど経済に精通していると思うときがあるんだ。

ヘタな経済評論家や経済アナリスト、ファイナンシャル・プランナーなんかよりもよっぽど経済に強いよ。

 

それは映画で学んでいるからなんだよね。

 

Left Caption

ハルキ

『マネー・ショート』や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』や『ウォール街』なんかを観て、自然と経済の洞察力と識別眼を身につけているからなんだよね!

 

 

 

ウォール街(特別編) [DVD]
20th Century Fox Jp
Amazon.co.jp

 

 

関連記事

 

お金が足りないから経済がうまくいってないのではない

『メリー・ポピンズ』で銀行員のお父さんが、

 

どんどんお金を預金しなさい! 

みんながいっぱい預金すると、それが融資という形を通じて

運河を作ったり街を整備したりすることに使われるから!

 

と言うシーンがあるよね。

 

昔はそのスキームで経済はまわっていたんだよね。

ところが今は違う・・・

 

・自己資本比率が高くなった企業は銀行から借金をしなくても良くなった

・国民も将来不安から、お金を使わず節約して貯金をするようになった

・仕方がないから銀行は国債を買うようになった

・政府の借金は1000兆円を超えた

・財政健全化のために消費税をUPし、国民の負担が増えた

 

ざっくり言うと、今、起こってることというのはこういうことだよね。

 

『メリー・ポピンズ』の時代には銀行はいっぱい貸出先があったかもしれないけれど、今は違う。

今は貸出先がないし、あったとしてもそれは危ない会社ばかり・・・

 

銀行が貸したくて仕方のないような大企業は、お金を借りようとしなくなってきた。

 

Left Caption

ハルキ

その結果、銀行にお金が余るようになり、仕方がないから銀行はそのお金で国債を買うようになっちゃったんだ。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング