不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

悪口は不幸を呼び寄せる呪文

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

言葉には僕らが想像している以上のパワーがある。

その威力を見くびってはいけない!

 

自分が普段、どのような言葉を発しているのかということに、たまには耳を傾けてみよう。

いろんなことが発見できるはずだ。

 

言葉は時に『暴力』になり得る。

それだけに気をつけなければならないのだ。

 

普段から暴力的なことばかり口にしている人は、間違いなく人生のあらゆる面で暴力的になってゆく。

暴力のそばに四六時中いて、良いことが起こるはずがないではないか。

 

誰に向けて発せられた言葉であれ、自分の耳はその言葉も聞いている。

 

潜在意識はそれが「人に向けられた言葉」「自分に向けられた言葉」かを判別することができないと言われている。

だから、たとえ人に向けた発した言葉であっても、潜在意識は「自分に向けられた言葉だ・・・」と判別するかもしれないのだ。

結局、傷つくのは自分自身である。

スポンサーリンク

目の前で悪口大会がはじまったら、逃げろ!

自分以外の人に対しても同じことが言える。

 

みなさんのまわりでも四六時中、悪口を言ってるような人がいるだろう。

そういう人が発する言葉をうっかり耳にしてしまったときも注意しなければいけない。

 

潜在意識はそのネガティヴな言葉を聞いて、「自分に向けられた言葉だ・・・」と判別するからだ。

その言葉を耳にしただけで、みなさんの心は一つ一つ傷を負ってゆくのだ。

 

みなさんも経験したことがあるだろう。

誰かの悪口大会にうっかり参加してしまった後の徒労感や罪悪感・・・

 

あの徒労感と罪悪感はいったいどこから来るのか?

あれは潜在意識からの叫び声なのだ。

「もうこれ以上、傷つけないでくれ!」という必死の訴えなのだ。

 

それを無視して、そのネガティヴな言葉を耳にし続けたらいったいどういうことになるだろうか?

誰かを傷つける言葉がいつの間にか自分自身を傷つけることになってゆくのだ。

 

だから、くれぐれもこれだけは守ってほしい。

自分の目の前で誰かの悪口大会がはじまったら、「ごめん、用事思い出したわ!」と言って、一刻も早くその場を離れるのだ。

 

決して毒のある言葉を耳にしてはいけない。

その言葉を聞いてしまったら、みなさんの心の細胞は1つ1つ傷ついてゆく。

 

その場から離れれば、物理的に悪口を耳にしなくても済む。

そしたら、影響を受けなくても済む。

 

さらに、自分自身も決して悪口や暴力的な言葉を口にしないことだ。

この2つを守ってさえいれば、人生はたいがいどうにかなる。

 

人生がうまくいってない人というのは、この2つの守れない人なのだ。

 

悪口は不幸を呼び寄せる呪文のようなものだ。

いつもその呪文を口にしたり、耳にしたりしている人生がどうなってゆくか・・・

だいたい想像がつくだろう。

スポンサーリンク

 

ネガティヴな言葉に触れる機会が多ければ多いほど不幸になる

それから、最後にいい話を教えてあげよう。

みなさんの目の前で誰かの悪口を言いはじめるような人というのは、みなさんのいないところではみなさんの悪口を平気で言ってる人だ!

これは確信を持ってそう言える。

 

そういう人の話に耳を傾ける必要があるだろうか?

 

そういう人というのは、悪口を言うことが癖のようになっている人なのだ。

ところ変われば、平気でみなさんの悪口を言うような人なのだ。

 

そんな人と人間関係を続けてゆくメリットがいったいどこにあるだろうか?

 

さらにおもしろい話がある。

そういう平気で人の悪口を言う人というのは、必ずどこかで人から悪口を言われてる人なのだ。

つまり、人からあまり好かれていない人なのだ。

 

だから、そういう人のそばにみなさんがいるということは、みなさんにとっても良くないことなのだ。

その人にとって良くないのではない。

その人のそばにいるみなさんにとって良くないのだ。

 

言葉にはものすごいパワーが秘められている。

言葉の力というものを軽く見てはいけない。

だから、言葉を発するときも、言葉を耳にするときも、十分に注意する必要がある。

 

それはブーメランのように自分のところに返ってくるのだ。

 

悪口などのネガティヴな言葉に触れる機会が増えれば増えるほど、不幸になってゆく!

_____このことだけは是非憶えておいてほしい。

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.