不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

[オススメ映画]『ノーカントリー』(2007年)について

2018/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

映画『ノーカントリー』解説

2005年のコーマック・マッカーシーの小説『血と暴力の国』の映画化。

監督は『ファーゴ』や『バートン・フィンク』などでお馴染みのコーエン兄弟。

犯罪組織がらみの大金を手にする男をジョシュ・ブローリンが、彼を執拗に追いかける謎の殺し屋をバビエル・バルデムが演じる。

原題の「 No Country for Old Men」はウィリアム・バトラー・イェイツの詩「Sailing to Byzantium」の第1句から引用されている。

第80回アカデミー賞では作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞の4冠を獲得した。

キネマ旬報でも2008年外国語映画ベスト・テン第1位に選ばれた。

その他、2007年・2008年の世界各国の賞を総ナメにしたことでも話題になった。

 

 

スポンサーリンク

 

映画『ノーカントリー』あらすじ

1980年。アメリカ。テキサス。

テキサスの荒野で狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、たまたまマフィア同士の抗争の現場を目撃する。

そしてその後、大量の死体の山とともに200万ドルもの大金を発見し、その金を家に持ち帰る。

マフィアに雇われた謎の殺し屋アントン・シガー(ハビエル・バルデム)は執拗に彼を追いかける。

スーツケースには発信機がつけられていたのだ。

保安官のベル(トミー・リー・ジョーンズ)もまた2人を追跡しはじめる・・・・

 

 

スポンサーリンク

 

映画『ノーカントリー』キャスト

  • エド・トム・ベル保安官 -:トミー・リー・ジョーンズ
  • アントン・シガー -:ハビエル・バルデム
  • ルウェリン・モス -:ジョシュ・ブローリン
  • カーソン・ウェルズ : ウディ・ハレルソン
  • カーラ・ジーン・モス : ケリー・マクドナルド
  • ウェンデル保安官助手 -:ギャレット・ディラハント
  • ロレッタ・ベル : テス・ハーパー
  • エリス :バリー・コービン
  • ガソリンスタンド店主 : ジーン・ジョーンズ
  • ウェルズの雇い主 : スティーヴン・ルート

 

スポンサーリンク

 

映画『ノーカントリー』スタッフ

  • 監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
  • 製作総指揮:ロバート・グラフ、マーク・ロイバル
  • 製作:スコット・ルーディン、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
  • 脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
  • 音楽:カーター・バーウェル
  • 撮影:ロジャー・ディーキンス
  • 編集:ロデリック・ジェインズ
  • 製作会社:パラマウント・ヴァンテージ、ミラマックス、スコット・ルーディン・プロダクションズ、マイク・ゾス・プロダクションズ
  • 日本配給:パラマウント ジャパン、ショウゲート
  • 公開:2007年11月21日(アメリカ)、2008年3月15日(日本)
  • 上映時間:122分

 

スポンサーリンク

 

映画『ノーカントリー』受賞等

  • ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞:作品賞、アンサンブルキャスト賞、脚色賞
  • ワシントンDC映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞、アンサンブル演技賞
  • ニューヨーク映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞
  • ニューヨーク映画批評家オンライン賞:助演男優賞
  • ボストン映画批評家協会賞:作品賞、助演男優賞
  • シカゴ映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞)
  • サンフランシスコ映画批評家協会賞:監督賞
  • サテライト賞:作品賞(ドラマ部門)、監督賞
  • サウスイースタン映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞
  • ダラス・フォートワース映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞
  • オースティン映画批評家協会賞:助演男優賞、脚色賞
  • サンディエゴ映画批評家協会賞:作品賞、助演男優賞、撮影賞、アンサンブル演技賞
  • フェニックス映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞、アンサンブル演技賞、撮影賞、脚色賞
  • トロント映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞
  • ラスヴェガス映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞
  • フロリダ映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞、撮影賞
  • ユタ映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞
  • セントルイス映画批評家協会賞:作品賞、監督賞
  • デトロイト映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞
  • オクラホマ映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞
  • ヒューストン映画批評家協会賞:作品賞、助演男優賞、名誉テキサス人賞
  • カンザスシティ映画批評家協会賞:助演男優賞、脚色賞
  • 放送映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞
  • オンライン映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞、撮影賞、編集賞
  • USCスクリプター賞:脚色賞
  • ゴールデングローブ賞:助演男優賞、脚本賞
  • セントラルオハイオ映画批評家賞:作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞
  • アイオワ映画批評家協会賞:作品賞、監督賞、助演男優賞
  • 全米監督協会賞:監督賞
  • ノーステキサス映画批評家賞:監督賞、助演男優賞、撮影賞
  • 全米映画俳優組合賞:助演男優賞、アンサンブル演技賞
  • アメリカ製作者組合賞:長編映画賞
  • ロンドン映画批評家協会賞:作品賞、英国助演女優賞
  • オンライン映画&テレビジョン協会賞:助演男優賞、アンサンブル演技賞、脚色賞、編集賞
  • アメリカ脚本家組合賞:脚色賞
  • 英国アカデミー賞:監督賞、助演男優賞、編集賞
  • アカデミー賞:作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞

 

 

スポンサーリンク

 

映画『ノーカントリー』を観た僕の感想(レビュー)

麻薬密売組織がらみの大金を手にした男が狂気の殺し屋に追われる。

最大の魅力はとにかく理屈抜きで行く先々で人を殺しまくるアントン・シガーという殺人鬼の存在。

映画史に残る特異なキャラクター。

観る者すべてを圧倒する存在感!

笑っちゃうくらい怖すぎる・・・

 

スポンサーリンク

 

映画『ノーカントリー』関連商品

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.