「なかなかお金持ちになれない・・・」という状態から抜け出すにはどうしたらいいのか?

2019年6月9日

僕は「随分、変わった生き方をしている」ってなことをいろんな人からよく言われる。僕は38歳のときにそれまで勤めていた会社を辞めて、起業した。その時には僕はもうすでに結婚もしていたし、子供もいた。

しかも僕の場合、不動産投資という「投資の中でもっとも危険」と言われている投資をやって身を立てようとしていた。なるほど確かに変わった生き方かもしれない。

 

そんなことをしている人間は僕のまわりにはいない。おそらくみなさんのまわりにもいないのではないだろうか。そこの部分だけを切り取れば、僕は明らかに『マレビト』だ。滅多にお目にかかれないタイプの風変わりな人間だ。

「変わり者」「ユニーク」「おかしい」etc・・・そんなふうに言われて、僕が気分を害しているのか?といえば、実はそんなことはない。むしろ、ほっとしているくらいだ。「ああ、やっとそう言われるようになったか・・・」というのが率直な僕の気持ちだ。

たとえ、その言葉の中にいささか僕をバカにしたニュアンスが含まれていたとしても・・・

 

意外に思われるかもしれないが、以前の僕は『超』がつくほど普通の人間だった。僕の中に人から「変わってる」とか「ユニークだ」といった要素はまったくのゼロだった。実はそれがものすごいコンプレックスだった!

自分がどこまでいっても小市民的で、平均的で、普通であること。それが嫌で嫌でたまらなかった。僕は人から「ヘンだ」とか「おかしい」とかと言われて、後ろ指を差されるような人にものすごく憧れた。そういう人間になりたいと心の底から思った。

 

自分がいつまで経ってもメタモルフォーゼ(変身)できないこと。そのことに僕はいつも悩んでいた。ずっと同じところにとどまり、まったく飛躍できないでいる自分のことが大嫌いだった。

その苦しみに比べれば、「お前、変わってる」とか「あなた、ちょっとおかしい」と言われてバカにされた方がまだマシだった。

関連記事

スポンサーリンク

僕はどこまでいっても「普通」な自分が嫌いだった

僕は学校でも会社でも普通だった。嫌になるくらいに平均的で、これといった特徴も何もなかった。何か特別な才能に恵まれているわけでもなく、何か特技があるわけでもなかった。

誰にも迷惑をかけず、誰からも攻撃されることのない代わりに、誰からも注目を浴びることもなかった。僕の昨日と今日と明日はずっと同じままだった。僕はずっと「変化なし」という地獄から抜け出せずにいた。

 

「何かしなければいけない・・・」「このままじゃダメだ・・・」。そのことは誰よりもわかっていた。だけど具体的に何をしたらいいのかがわからなかった。

僕は学校時代、勉強もそれほどできなかった。学校の成績のことで親や学校の先生、友人から褒められたことは一度もなかった。そのほかの部分でも脚光を浴びたことは一度もなかった。

 

スポーツでも活躍することはなかった。クラスの人気者タイプでもなかった。美術や音楽といった芸術的な才能に恵まれていたわけでもなかった。リーダーシップを発揮してみんなをグイグイ引っ張ってゆくタイプでもなかった。

喧嘩が強いわけでもなかった。不良グループにも属せなかった。女の子からのモテ具合も普通だった。加えて、家がお金持ちというわけでもなかった。クラスメートたちはお金持ちの家の子が多かった。だけど、うちの両親はごく普通の公務員で、まったくお金持ちではなかった。

 

僕はどこのクラスにもよくいる目立たないタイプの普通の生徒だった。同窓会があっても「えーっと、誰だっけ?」と言われちゃうようなタイプの人間だった。そういった僕の性質は学校を卒業し、社会人になってからも基本的には変わることはなかった。

僕はごく普通の会社に就職し、ごく普通のサラリーマンになった。給料も平均的。ボーナスも平均的。仕事に対するモチベーションもゼロだった。出世意欲もなかった。

 

僕はそういう自分が嫌で嫌でたまらなかった。そういう普通の人生を歩んでいる自分自身のことが許せなかった。「なんとかしたい!」と心の底から思った。「なんとかしなくてはならない・・・」という危機感にいつも苛まれていた。だけど、いくら探しても探しても『何をしたらいいか?』という答えは見つからなかった。  

関連記事

https://sakamotoharuki.com/kudaranai-renchuu/

僕は不動産のことを学ぶために不動産会社へ転職した

僕が今、不動産投資なんてものをやって生計を立てていることを僕のクラスメートたちや当時勤めていた会社の人たちが知ったらいったいどんな顔をするだろう? 僕が銀行から何億円も借金をし、事業を大規模に展開していることを知ったら・・・。複数の物件を購入し、法人をつくったことを知ったら・・・

きっと「え、まさかあいつが!?」「 嘘だろ・・・!?」ってな具合に多くの人がビックリするのではないかと思う。それくらい僕は地味で、大人しくて、目立たないタイプの男だったのだ。それくらい今の僕と当時の僕とのあいだには大きなギャップがあるということだ。

 

だから僕は『変わった生き方をしている』と言われても、決して悪い気がしないのである。むしろ逆に嬉しいくらいなのだ。「ああ、良かった・・・」と胸をなでおろすくらいなのだ。

僕が不動産投資というものと出合ったとき、僕は不動産とは縁もゆかりもない会社で働いていた。その会社でそれなりのキャリアを重ねてはいたものの、いつも物足りなさのようなものを感じていた。常に「このままでいいんだろうか・・・」というモヤモヤした想いのようなものを抱えていた。

 

『この世に不動産投資というものがある!』

『不動産投資を本格的にやれば、不労所得が得られる!』

『不労所得が得られれば、自由でハッピーな人生が送れる!』

そのことを発見したとき、僕は稲妻で打たれたような衝撃を受けた。居ても立っても居られなかった。「何かアクションを起こさなくてはならない!」と心の底から思った。「モタモタしてたら、チャンスを取り逃がしてしまう!」と本気で思った。

 

そのときには僕には自分が何をすべきなのかということがクリアにはっきりと見えていた。それは、不動産のことを学ぶために不動産会社へ転職するのだ!! それがすべての答えだった。

不動産を骨の髄まで把握しなければ、不動産投資で成功することはできない!と僕は直感的にわかった。あとはそれに飛び込む勇気と決断力が僕にあるか?だけの問題だけだった。だから僕はその列車に飛び込んだ。エイヤッ!っと・・・

 

不動産の仕事がキツイ仕事であることは百も承知だった。転職雑誌を見ていても、不動産会社の求人はいつも出ていた。ということは、それだけ辞める人が多いキツイ仕事だということだ。

そんなことは最初から覚悟の上だった。そんなことよりも僕にはもっと大切なことがあった。キツイだの何だの言ってる場合じゃなかった。それは一種の賭けだった。人生最大の勝負どころだった。

 

「今がラスト・チャンスだ!」と僕は思った。「このチャンスを逃したら、オレは二度と飛躍することはない」と思った。「オレはずっとこのまま変わることはない」と思った。

今にして思えば、あの行動が僕の人生をすべて変えた。もしもあの時、行動しなかったならば、僕は今頃どうなっていただろう・・・?

関連記事

https://sakamotoharuki.com/mizusirazu-unyou/

スポンサーリンク

 

バフェットはどうやってお金持ちになったか?

不動産の仕事は思っていた通りキツイ仕事だった。ノルマはキツく、休みもなかった。だけど、その過酷な日々の中で僕はたっぷりと不動産というものを学ぶことができた。それはまさしく僕にとっての『修行期間』だった。

将来ラーメン屋を開業したい人はラーメンで働く。将来パン屋を開業したい人はパン屋で働く。だから僕も不動産会社に転職したのだ。将来、不動産投資をやって、その事業を成功させたかったから・・・

 

僕は平均的で、普通で、小市民的な自分を抹殺したかった。大人しく、波風を立てないようにビクビク生きる生き方を変えたかった。

不動産会社でたっぷり修行を積んだあと、僕は本格的に不動産投資をやりはじめた。ご存知のとおり、不動産は何千万円も何億円もする。大変、高価なものだ。僕はその物件を取得するために銀行からたくさんお金を借りなければならなかった。

要するに、借金をしなければならなかった。何億円も!!

 

以前の僕だったら、そんな多額の借金をするなんて大それたこと絶対にできなかった。「そんなの無理!」と言って、テーブルに載せることもなかったはずだ。でも、その時の僕はまったくそのようには考えなかった。何か違う方法を試したかった。

「いつもと同じ」という状態から抜け出したかった。自分は変えたかった。人生を変えたかった。「守る」ことばかり考えるのではなく、「攻める」ことをやってみたくなった!

 

『攻撃は最大の防御なり』とはよく言ったものだ。時にはリスクをおかしてでも攻めに転じた方がうまくいく場合だってあるのだ。僕はこの考え方は投資の世界にも当てはまると思っている。

ある程度の資産形成に成功し、その資産を「守る」ことを第一義にするというのなら、安全第一の投資を選んでもいいだろう。しかし、これから資産を形成し、上昇して行かなきゃいけない段階のときは「攻める」ことを優先させるべきなんじゃないだろうか? 多少リスクをおかしてでも・・・

 

ウォーレン・バフェットという人は僕がこの世の中で最も尊敬している人物のひとりだ。彼に関する書籍を僕はしらみつぶしに読みあさっている。誰が最初に言い出したのかわからないが、「ウォーレン・バフェットは分散投資で巨万の富を築いた」という物言いがまことしやかに囁かれている。

とんでもない誤解だ! 彼は分散投資で飛躍したんじゃない。個別株への集中投資で飛躍したのだ。しかもコカ・コーラやワシントン・ポストなどの数少ない個別銘柄に「これでもか!」というくらいの資金を投入して大儲けしている。

 

インデックス投資で成功したわけでもなければ、分散投資で成功したわけでもない。それどころかウォーレン・バフェットはこんな有名な言葉を残している。

分散投資は無知に対する投資だ。

自分が何をやっているのか把握している投資家にとってみれば、分散投資はまったくの無意味だ。

 

バフェットが「インデックス投資に投資してもいい・・・」という発言をしたのは、彼が巨万の富を築いたあとのことなのではないだろうか。いわば、それまで築き上げた富を『守る』状態になってからのことなのではないだろうか。

僕は彼に関する本を読破しているが、彼がインデックス投資や分散投資によって飛躍したなんて話はどこにも書かれていない。バフェットが世界一の投資家になれたのは、リスクをおかして普通じゃないことをやったおかげだ。

普通じゃないことをやらないと、とてもじゃないけど飛躍することなんてできないのだ!

関連記事

https://sakamotoharuki.com/jinsei-kiro/

リスクなきところに飛躍なし!

投資に興味を持つのは非常にいいことだと思う。それが僕のやってるような不動産投資であれ、バフェットがやってるような株式投資であれ・・・

ただ、これだけはおぼえておいて欲しい。どんな投資をするにせよ、『リスクなきところに飛躍なし!』という投資哲学は共通しているのだ。

 

僕は今、とても自由で幸せな毎日を送っている。でも、それもこれもすべて僕があの時、リスクをおかして普通じゃないことをやったおかげなのだ。もしもあの時、リスクを恐れて一歩も動けないままでいたら、僕は今、享受しているこの自由も幸せも手に入れることはできなかっただろう。

さて、みなさんは今、どの位置にいる? 資産を形成して、飛躍しなきゃいけない状態にいるだろうか? それとも資産を保守しなきゃいけない状態にいるだろうか? 「変化」を望んでいるだろうか?

それとも「安定」を望んでいるだろうか?  

関連記事

https://sakamotoharuki.com/toushi-seikai/

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング

こちらの記事もよく読まれてます!