不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

[オススメ映画]『幸せのレシピ』(2007)について

2018/08/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

映画『幸せのレシピ』を観た僕の感想(レビュー)

プライドが高く、完璧主義のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ演じる女シェフ(ケイト)が、アーロン・エッカート演じる明るくて、フランクなもう一人のシェフ(ニック)と出会ったことをきっかけに少しずつ人生が変わってゆくという話。

 

こういう話って、僕のいちばんグッとくるタイプの話だ。

何を隠そう、これこそが僕の人生のテーマでもあるのだ。

 

僕も以前はキャサリン・ゼタ=ジョーンズみたいなタイプの人間だった。

いつもピリピリしていて、自分にも他人にも厳しく生きていた。

 

だけど本当はこの映画の中のニックのように明るくて、面白くて、周囲の人を笑わせたりするような人間に憧れていた。

そういう人間になりたくてなりたくて仕方がなかった。

 

この映画のケイトを見ていると、あの頃の自分のことを思い出してしまってちょっとだけ胸が苦しくなった・・・

 

なぜあの頃の僕はあんなにもピリピリしていたんだろうか?

なぜもっと人生を楽しんで生きようとしていなかったんだろうか?

その辺りの答えもこの映画の中で描かれている。

 

映画の中で僕がとくに印象に残ってるシーンがある。

カウンセラーにケイトがこう言う。

 

「幸せのレシピがほしいわ。それがあれば失敗しなくて済むもの。でもわかっているわ。どうせ『幸せになるためには試行錯誤が必要だ』って言うんでしょ?」

 

それに対してカウンセラーはこう答える。

 

「残念ながらそれは違うね。自分で作ったレシピこそがベストなんだよ!」

 

____これ、とても重要な言葉だと思った。

 

僕たちは幸せというのは何か努力をしたり、試行錯誤を繰り返したり、一生懸命頑張ったりした末に手にすることができるものだと思いがちだ。

僕もずっとそう思って頑張ってきた。

 

だけど、どんなに頑張っても頑張っても一向に幸せにはなれなかった。

全然、到達できなかった。

 

この映画の中のケイトもとても頑張り屋さんだ。

ケイトがいつもピリピリして、プライドが高いのは頑張り屋さんだからなのだ。

 

でも、そうやって一生懸命真面目に頑張っていれば幸せになれるわけではない。

じゃあ、どうすればいいのか?

 

『自分のレシピ』を信じるのだ!

自分で作ったレシピこそがベストなのだ。

 

僕はこれを『自分が心の底から楽しいと感じることをやろう!』というふうに解釈した。

「〇〇をすると、正解」なんてものはこの世の中にはないのだ。

 

答えは風に吹かれているのだ。

ボブ・ディランもそう言っているじゃないか!

 

答えなんかないのだ。

あるのは「こっちに行けば、なんか楽しそうだな!」というワクワクした気持ち。

要するに、人生を楽しんで生きろ!ということだ。

 

ニックは最初からそれができている。

明るくて、いつもジョークを言って、まわりにいる人たちを笑わせて、人生を謳歌している。

彼こそがケイトが探し求めていた答えだったのである。

 

現在僕はアパートの大家さんをやって、毎日自由気ままに楽しく生きている。

サラリーマンをしていた頃はあんなにピリピリしていたのに、今ではすっかり『ゆる〜い風変わりなオヤジ』になっちゃった。

 

でも僕は毎日とてもハッピーだ。

こういうふうに生きることができて、本当に良かったと思ってる。

 

僕は散々、自分が抱えた悩みを解消してくれる『答え』を探しまわった。

「幸せのレシピはどこかにある」とばかり思っていた。

だけど、そんなものはどこにもなかった。

 

「〇〇をすれば幸せになれる」というものはないのだ。

ただ、人生を楽しめばいいのだ。

人生を謳歌すればいいのだ。

自分の心がトキメク方へ向かっていけばいいのだ。

 

そうすれば、自ずと幸せになれる。

こっちが何も努力しなくても、向こうから勝手にハッピーな状況がやってくる。

 

____これこそが僕がいちばん言いたいこと。

これこそが僕の人生のテーマなのだ。

 

そのことを改めて教えてくれる素晴らしい映画がこの『幸せのレシピ』という映画だ。

 

ところで、この映画の中のキャサリン・ゼタ=ジョーンズは、「こんなに美しいひとがこの世にいるんだろうか・・・?」と思ってしまうくらい美しいです!!

 

 

スポンサーリンク

 

映画『幸せのレシピ』DVD&Blu-ray

映画『幸せのレシピ』Blu-ray

映画好きにオススメのAmazonプライムビデオ!

話題の『バチェラー・ジャパン』や松本人志の『ドキュメンタル』はAmazonプライムビデオじゃないと、観れない!

 

Amazonプライムビデオ』はAmazonプライムの会員なると利用することができる動画配信サービスだ。

Amazonプライム会員の年会費は3,900円。

月額たったの325円でこれだけのサービスを楽しむことができるのだから、これはかなりリーズナブルな値段と言えるだろう!

 

月額325円さえ払えば、Amazonプライムビデオの中にある映画やドラマを無料で楽しむことができる。

映画好きなら普段ゲオやTSUTAYAなどでかなりの枚数のレンタルをしていることだろう。

その金額は結構な額になっているはずだ・・・

 

Amazonプライムビデオは普段使っているパソコンやスマホから映画やドラマを観ることができる。

だからベッドに寝転がりながらパソコンで映画やドラマを楽しめるのだ!

 

レンタルDVDのはじまる前の他の映画の予告編もない。

またAmazonプライム会員ならば「続きを観る」をクリックすれば、前回途中で再生を止めたとしてもその止めた場面からすぐに再生されるからさらに便利だ!

 

 

▼ Amazonプライムビデオの詳細は、下記公式ホームページからどうぞ

 

自宅のテレビでもAmazonプライムビデオを楽しむことができる

もしもパソコンからだけでなく、自宅にあるテレビの大画面でAmazonプライムビデオを楽しみたい場合はFire TV Stickというアイテムを使えばOKだ!

 

このFire TV Stickのすごいところは持ち運びが可能なところ。

ホテル、友人宅、出張などいろいろなところスティックを持っていき、そこにあるテレビに繋げば簡単にAmazonプライムビデオのコンテンツを楽しむことができるのだ!

 

しかもこのFire TV Stickは他の動画配信サービスにも対応している。

だからもしもみなさんがHuluやNetflixのユーザーだったとしても、このFire TV Stickがあればテレビでコンテンツで楽しむことができるのだ。

by カエレバ

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.