常識を疑え!「借金をすることは正しい!」と僕が豪語するのはなぜか?

2019年4月10日

僕は今、専業大家として家賃収入を得て暮らしている。専業大家になる前は不動産会社で営業マンとして働いていた。賃貸営業という仕事のおもしろいところは、いろいろな人と出会えるところだ。部屋探しに来る人もおもしろいが、部屋を貸す側の人(つまり大家さん)もいろんな人がいて実におもしろかった。

とくに、どこの町にも必ず1人か2人はいるであろう、『その町の大家さんのボス的存在の人』と話すは、超おもしろい! そして、いろいろと勉強にもなる。

 

もちろん、そういう人たちは超大金持ちの億万長者だ。賃貸契約書に印鑑をもらいに行ったり、契約金を届けに行ったりする際に僕はそういう「雲の上の存在」のような人たちといろんな話をさせてもらった。僕が今、このような仕事をしているのは、明らかに彼らから影響を受けたからだ。

不動産の仕事を通じて彼らといろんな話をすることなかで、僕は「僕も不動産投資をやってみたい!」と強く思うようになったのだ。僕が接してきた大成功をおさめている大家さんたち。彼らのスケールはハンパない。アパートの数だって5棟や6棟の話ではない。15棟とか、20棟の話だ!

 

ケタが違うのだ。スケールが違うのだ。もちろん、それに伴って彼らが銀行からの借りてる借金の額もハンパない。軽く10億円を超えている! この『10億を超える借金』というのを聞いて、ほとんどの人は眉間にシワを寄せるだろう。

もしかしたらあなたも言いようのない「嫌悪感」のようなものを感じたかもしれない。でも不動産投資をやったことのある人なら、こんなふうに思うはずだ。「そんなに銀行からお金を借りられるなんて、スゲー!」「よっぽど信用のある人なんだろうなぁ!」と。

関連記事

スポンサーリンク

たくさん借金をすることは悪いことなのか?

銀行だってバカじゃない。いくらお金を貸すことが仕事だとしても、支払い能力のない人に何億も何十億もお金を貸すはずがない。銀行からお金をいっぱい借りられる人というのは、それだけ銀行から信用されてる人なのだ。

ところが、このことを知らない人はまったく逆の反応を示す。たくさん借金をしている=悪いことと捉える。そして、多額の借金をしている人のことを何か「不審人物」であるかのような目をして見る。

 

逆なのだ! ビジネスの世界では銀行からたくさん借金をできる人の方が評価されるのだ。この仕組みが理解できない人はどんなにあがいてもお金持ちになることはできない。お金に関する本を何百冊も読んでも、「借金すること」を自分に有利に働かせなければダメだ。

とくに不動産投資に興味がある人は借金に対するアレルギーを克服しなければならない。

 

『不動産投資』と『借金』は切っても切れない仲だ。借金を嫌う人は不動産投資で成功することはできない。僕が接してきた超大金持ちの大家さんたちもみんな大きな負債を抱えていた。彼らはどんなに貯金があっても、その貯金をまるまる使って物件を購入したりはしない。必ず借金を利用する。

 

不動産投資の最大のメリットは『銀行のお金を使って物件の所有者になることができる』というものだ。せっかくその恩恵が得られるのに、物件を全部キャッシュで購入してしまったら、メリットが半減してしまう。だから、アパート経営を熟知している大家さんほど銀行からの借入金を上手に利用する。

 

そうすると必然的に所有する物件の数が増えるにしたがって、借金の額も増えてゆくことになる。その借金の総額はかなりスゴイ。その金額を見て、ほとんどの人は恐怖におののく。

「まともじゃない」「頭がおかしい」「危険だ」と、感じる。

関連記事

借金をしているせいでいつも僕は冷たい視線を感じる

とくに日本人は借金が大嫌いな国民だ。子どもの頃から親や学校の先生、まわりの大人たちから「借金はなるべくするな!」と教えられてきた。だから、なおさら何億、何十億という借金をする不動産投資というものを忌み嫌うのだ。その根底にあるのは、「親や学校の先生からの教えを忠実に守らなければならない!」という強迫観念だ。

だけど、考えてみてほしい。もしも不動産投資がそんなに危険ならば、どうして僕はこんなふうに自由でハッピーな毎日をおくることができているのだろうか?もしも借金をすることがそんな悪いことならば、銀行から何十億円もの借金をしている大家さんはみんな自己破産するか、首を吊らなきゃいけないはずだ。

 

でも、そうなってない! 「危険だ!」「バカだ!「愚かだ!」と、ワァーワァー大騒ぎする人を尻目に成功している大家さんたちは今日も明日も心穏やかに暮らしているのだ。

親や、学校の先生たちのことが言ったことを信じたい気持ちもわかる。彼らのことを悪く思ったり、否定的に捉えたりすることはきっと死ぬほどツライことだろう。でも(他のことはともかく)、『お金に関すること』については彼らはまったく適切じゃないアドバイスをあなたにしていたのだ。

 

そして、あなたはそのことを知らずに今日まで過ごしてきたのだ。だから「借金をしている人」のことを訝しげな目で見たりするのだ。でも、実際のところは、借金をすること = 悪いことじゃなかった。借金をすること = 良いことだったのだ。

おそらくこの事実はにわかに受け入れがたいことだろう。だけど、それが事実なのだ。日本人はとくに借金が大嫌いな国民だ。家のローンや車のローン、教育ローンぐらいなら許せるが、それ以外の借金はすべて認めないようなところがある。

僕も銀行からたくさん借金をしているが、そのおかげでいつも冷たい視線を感じる。

関連記事

スポンサーリンク

 

僕がやっているのはギャンブルではない

でも、その考えはおかしい。「物販」を例に考えてみよう。それが「必ず売れるもの」あるいは「ほぼ間違いなく売れるもの」というのが最初からわかっていた場合、その商品を仕入れることは危険でもなんでもない。

それは「価格が安いから」という理由だけで売れるかどうかわからないものを購入することよりもはるかに安全なことだ。このことは不動産投資に置き換えることもできる。

 

一般的に銀行から借金をして物件を手に入れるという行為は、「危険極まりないもの」としてとらえられている。しかし、その物件が確実に安定したキャッシュフローをもたらしてくれて、将来、売却するときにも苦労することなくカンタンに買主を見つけることができるとしたら・・・?

その物件がたとえ1億円だろうが、2億円だろうが、僕は関係ないと思っている。不動産投資の場合、「少ない借金の額で済むから」という理由でチンケな物件に手を出してしまうと失敗する確率がグッと高くなる。

 

「いい物件」か「悪い物件」か、「いい投資」か「悪い投資」か、「いいビジネス」か「悪いビジネス」か。そこを見極める『目』をもっていれば、危険を回避することができる。いちばん危険なのは借金をすることでも、大きなお金を投資に注ぎ込むことでもない。いちばん危険なのは「よくわからないもの」に手を出すことだ。

 

「絶対にうまくいく!」という確証のないまま、その取引に突っ込んでゆくことだ。期待、雰囲気、なんとなく、〇〇という人が勧めてたから、テレビや雑誌で特集されてたから、etc・・・不動産投資に限らず、もしあなたがそんな理由である特定の投資をやろうとしているのなら、悪いことは言わない。やめておいた方がいい!

そういう不確実性なものにお金を賭けてはいけない。それは誰が何と言おうと、『ギャンブル』だ。僕はギャンブルをやるつもりはない。

 

不動産会社で長年、苦労して修行を積み、そこで培った識別眼や洞察力のようなものを駆使して物件を選んでいる。それは不確実なものじゃない。それはギャンブルじゃない。どんなに人から「危険だ!」「アホだ!」「マヌケだ!」と笑われたとしても、僕は「これだ!」という物件に出会ったら喜んで大きな借金をするだろう。

僕はこれまでもそうしてきたし、これからもそうしてゆくつもりだ。自分の『目利き』に自信があれば、何も恐れることはないのだ。

関連記事

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング

こちらの記事もよく読まれてます!