【これは知らなかった】学生時代パッとしなかった人は〇〇をやればいいという話

2021年1月3日

 

 

 

悩みを持っている人や

学生時代からのコンプレックスなどね

暗黒を抱えてそれを

断ち切りたい人はですね

ビジネスの世界に来ればいいかもしれないよ
というような

話をしたいと思います

学生時代はそれほど深く考えていなかったけれども

いざ社会に飛び出してみてね

そのあまりの落差というかね

その厳しさに僕もずいぶん悩みました

今サラリーマンからドロップアウトして

その世界からドロップアウトして

ビジネスをやるほうの側に行ってもですね

基本的には厳しさというのは同じなんですね

だからたとえお金持ちの事業家

の家に生まれた

御曹司であっても

社会に一旦出てしまったら

みんな横一線のスタートなんですね

学生時代にね

どんなに勉強ができたとしても

それだけで社会に出てね

成功者なれるとは限らないということですね

学生時代にどんなに人気者

クラスの人気者であっても

それだけで社会に出てから

うまくいくとは限らない
こういう話なんです

学校という守られた空間を出てからが

本当の勝負だと思いますね

ところが今

世間を覆っている空気みたいなものはですね

学歴が高ければ良い人生を送れるとかですね

いい会社に就職できれば

後は安泰だとかですね

そういう空気が

まだそういう価値観が支配的なんですね

この国は
だけど僕は

高学歴でもね

鬱になった人知ってますしね

一流企業に勤めててもですね

コミュ障っていうか

社会と周りの人間関係と折り合いがつかずですね

引きこもりになってしまったような人

そういう人も知っています

もちろんね高学歴の人でも活躍

社会出てから活躍してる人も知っていますけれども

全ての人がうまくいくとは限らないということなんですね

逆に中学しか出てなくてもですね

事業で大成功を収めて

毎日幸せに楽しく暮らしてる

事業家の方もいらっしゃいます

学生時代には

エリート大学生の時には留学とかしてね

 

英語ペラペラになって帰ってきたのに

日本ではほとんどの

会社が英語を必要としないために

結局海外赴任を命じられて

それで苦労してる人もいますしね

苦労して司法試験に受かってもですね

弁護士になってもですね

日本はアメリカと違って

訴訟自体の数が圧倒的に少ないんで

弁護士になったからといって

食えるようになるとか

そういうことでもないみたいなんですよね

勉強は大事なんだと思うけど

 

国語算数理科社会でいい

点数を取ることよりも

何も勉強するのかと

その勉強生かして社会で自分をね

幸せにすると

そのことを考えることが大事だと思うんですよ

ただただ目の前にあるテストで良い点数を取る

いい成績を取るだけじゃなくてね

僕もね不動産の世界にいますけども

高校中退してね

設備屋さんとかになってね

そこに就職して修行して

一人前になって自分でね

設備屋の会社をやって

毎日、内装工事とか設備関係だとか

その仕事を請け負ってね

泥だらけになりながら

すごい儲かってる会社のね
中小企業ですけど

社長さんに
出世したっていうかね

ステップアップした人も知ってますしね

不登校みたくなって

パソコンとかね

そういうのが得意で
プログラミングとかね

そういうのが得意で

アプリを開発して

それを大企業と請負というか

そういうのをやって

大成功してる人の話

よく聞きますよね

いわゆる世間で言われてる

お勉強ってやつね

これができたからといって

成功できるとは限らないと

問題はそこから先なんですね

勉強していい大学
いい会社

それで、はい人生終りじゃないんですね

そこからが勝負なんですよ

そっから横一線の勝負が始まるんです

ここからが本番なんですよ
だからね

もし皆さんが

大きな成功を収めたいと

もっと具体的に言うと

お金持ちになりたい

という夢があったとします

皆さんの中にあるとしますよね

そういう野心みたいなものがね

考え方をちょっと変えなければいけない

かもしれないです
サラリーマンをしているだけではですね

きっとその夢は

叶えられないかもしれないですね

やっぱり脱サラして起業して

ビジネスの世界にやってこなければ

いけないと思います

ただしサラリーマン以外の世界というのは

とっても厳しい世界ですね

誰も助けてはくれません

だから仕事が辛いからとかですね

会社の人間が嫌だからとかですね

上司がむかつくからとかですね

そういう理由で
軽い理由でですね

ビジネスの世界にやってくるのだけは

よしておいた方がいたほうがいいと思いますね

そういう軽い気持ちで

ふらふらとこっちの世界に

足を踏み入れてもですね

きっと失敗すると思いますね

こんなはずじゃなかったって後悔すると思います

だからそういった意味で言うとですね

小料理屋でも焼き鳥屋でも

定食屋でも何でもいいんですけど

その繁盛店

ラーメン屋でもいいけども

繁盛店っていうのを作った

店のご主人というのは
本当に凄い人なんですよその人

ただ単に毎月25日に

安定的に給料が入って来ればいい

っていう人だったら

サラリーマンしてた方がずっといいと思いますよ

自分でお金を稼ぐ
しかも

それをすごく稼ぐ
自分の店を繁盛させる

すごいことなんですよそれは

ものすごい難しいことやってのけてるんです

その人は
そういう

繁盛店を作り上げることができる

そういう人って

本当に尊敬に値する人なんですね

たとえその人が中学しか出てなくてもね

ところがですねよくいる

サラリーマンの人なんかは

あんなオヤジにもでもできたんだから
俺にもできるはずだ

とかってね

平気で言っちゃったりする人いるんですよ

実際にやってみればわかると思います

繁盛店をつくるっていうことが

どれほど難しいことか
しかも

それを継続して

何十年も続けることが

どれほど大変なことかね
そこはですね

学歴だとか資格だとかね

そういうのは一切関係ない
世界なんですね

その人が東大出てようが

ハーバード大学を出ていようが
そんな事は関係ないんですね

家柄も関係ないですね

だからビジネスの世界はですね

横一線に並んだ瞬間に用意ドンなんですよ

学歴もルックスも

育ちも資格も関係ないんです

学生時代に

どんなに勉強ができたとしてもね

サラリーマン時代に

どんなに営業成績が良かったとしてもですね

そういう人がですね

お店を
たとえばね

商売をやったとして

必ず繁盛する成功するとは限らないんですね

でもね
なんとなく俺にもできる

簡単だとかって思ってしまうんですね

人はね
で実際にやってみて

うまくいかなくて

たくさんの人が撤退していくんですね

僕は不動産会社で長いこと勤務していましたので

テナントの仲介の仕事もしてたんです

その仕事を通じて

たくさんの個人事業主というか

お店をやろうという

人とも知り合えて
いろいろ見てきました

あれから何十年も経っていますけれども

今でもお店やってる人うのは
ほんの一握りですね

ほとんどは撤退していますね

それだけ厳しい世界ってことです

実際にやってみて初めて気づくんじゃないんですか

繁盛店のなんでもないおじさんがね

どれほど凄い人物であるかっていうことを

自分でやってみれば痛感

すると思います

でもね逆に言ったらね

学生時代にパッとしなくても

ビジネスの世界
商売の世界で

成功を収めることはできると思うんですよね

僕もよく人から

変な人だとかって言われますけども

不動産投資をやって生活していますという人

皆さんの周りにもいないと思いますので

変な人なんでしょうね

何億円も借金してますからね

銀行からね
それも皆さんの常識からしたら

日本人の常識からしたら

変な事なんでしょうね

多分多くの日本人は僕のやってること

あるいはビジネスの世界

商売の世界にいる人のことを理解できない

かもしれないですね

でもね
だからといって

変わり者だからといって

ダメだってことじゃないんですね

特にビジネスの世界ではね

この世界はね
厳しいんですけど

でもどんなに着飾ってもね

たとえば親父を継いだ二代目

三代目の御曹司でも

中身を伴ってない

とダメなんです

外側だけどんなにデコレーションしても

駄目なんですね

その御曹司がね

青年会議所だか
商工会議所だかに所属してね

毎日、繁華街を飲み歩いてると

そういう人多いんですけども

そういうのは一番やばいんですけど

だからといって

その商売がうまくいくとは限らないんですね

ビジネスというのは厳しいんです

この世界はね

だから焼き鳥屋

でもラーメン屋でもいいんですけど

繁盛してるお店を作った人っていうのは

すごい人なんですよ

だからもし皆さんがね

なんとかしたいと
学生時代の自分を変えたいと

オトシマエをつけたいと

みんなをあっと言わせたいと
ギャフンと言わせたいと

今に見てろよと

熱い思いがあるなら

ぜひサラリーマンの世界では

なかなか芽が出ないかもしれないけど

自分でね

ビジネスの世界でやっていくってのも

一つの方法じゃないかと思いますね

そこは横一線ですから

家柄、学歴、資格
関係ないですからね

その人のセンスというか

その人の洞察力とか

その人の力でどうにでもなる世界

そのかわり厳しいですけれどね

是非そっちの僕がいる世界で

皆さんとお会いできたら嬉しいなと思います

 

 

 

 

スポンサーリンク