不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

[オススメ映画]『プリズナーズ』(2013年)について

2018/10/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

映画『プリズナーズ』解説

『レ・ミゼラブル』や『グレーテスト・ショーマン』などでおなじみのヒュー・ジャックマンが行方不明になった我が子を探すうちに次第に狂気の領域にまで足を踏み入れてゆく父親を演じている。

監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ。

本作で高く評価されてヴィルヌーヴ監督はその後、『メッセージ』『ブレードランナー 2049』など立て続けに素晴らしい作品を世に送り出すことになる。

ジェイク・ギレンホールやポール・ダノといった演技派の役者陣が脇を固める。

 

スポンサーリンク

 

映画『プリズナーズ』あらすじ

アメリカでは感謝祭は家族と過ごす非常に重要な日。

そんな感謝祭の日の田舎町で幼い少女の失踪事件が発生する。

一風変わった刑事(ジェイク・ギレンホール)が担当となり、さっそく捜査が開始される。

娘の失踪に激しく動揺する父親(ヒュー・ジャックマン)は、容疑者(ポール・ダノ)のことを犯人だと思い込み、釈放された彼を拉致・監禁する。

捜査は難航し、父親は暴走し、穏やかだった街は一変。

次第に狂気を帯びたものになってゆく・・・

 

スポンサーリンク

 

映画『プリズナーズ』キャスト

  • ケラー・ドーヴァー :ヒュー・ジャックマン
  • ロキ刑事 : ジェイク・ギレンホール
  • ナンシー・バーチ :ヴィオラ・デイヴィス
  • グレイス・ドーヴァー : マリア・ベロ
  • フランクリン・バーチ :テレンス・ハワード
  • ホリー・ジョーンズ :メリッサ・レオ
  • アレックス・ジョーンズ:ポール・ダノ
  • ラルフ・ドーヴァー :ディラン・ミネット
  • イライザ・バーチ:ゾーイ・ソウル
  • アンナ・ドーヴァー : エリン・ゲラシモヴィッチ
  • ジョイ・バーチ :カイラ・ドリュー・シモンズ
  • リチャード・オマリー警部:ウェイン・デュヴァル
  • パトリック・ダン神父:レン・キャリオー
  • ボブ・テイラー :デヴィッド・ダストマルチャン
  • ジョーンズ氏 :デニス・クリストファー

スポンサーリンク

 

映画『プリズナーズ』スタッフ

  • 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
  • 脚本:アーロン・グジコウスキ
  • 製作:ブロデリック・ジョンソン、キーラ・デイヴィス、アンドリュー・A・コソーヴ、アダム・コルブレナー
  • 製作総指揮:エドワード・L・マクドネル、ジョン・H・スターク、ロビン・マイジンガー、マーク・ウォールバーグ、スティーヴン・レヴィンソン
  • 音楽:ヨハン・ヨハンソン
  • 撮影:ロジャー・A・ディーキンス
  • 編集:ジョエル・コックス、ゲイリー・D・ローチ
  • 配給:ワーナー・ブラザース(アメリカ)、ポニーキャニオン/松下(日本)
  • 公開:2013年9月20日(アメリカ)、2014年5月3日(日本)
  • 上映時間:153分

 

スポンサーリンク

 

映画『プリズナーズ』を観た僕の感想(レビュー)

感謝祭の日に突然行方不明になった娘を探す父親がやがて狂気に取り憑かれて暴走しはじめる。

ヒュー・ジャックマンがそれまでのイメージを覆す凄い演技を見せる。

キリスト教原理主義者の負の部分がしだいに暴走し始める。

「犯人は誰だ?」のサスペンスとして観ても面白い!

ポール・ダノン、ジェイク・ギレンホールなどの役者陣も凄まじい演技を観せる。

全員が何かに囚われていて、そこから抜け出せずにいる…

考えてみたら僕たちもプリズナーズなのだ。

みんなに何かに取り憑かれているのかもしれない。

そして、みんな「自分たちの正義」ばかりを信じ、結果的により物事をおかしくさせているのかもしれない。

 

 

スポンサーリンク

 

映画『プリズナーズ』関連商品

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.